【めちゃうまい】テーブルマーク『麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り』を食べたら、鰹風味が際立つ刺激的な唐辛子の辛味と魚介の旨みのある辛旨な「まぜそば」だった

【めちゃうまい】テーブルマーク『麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り』を食べたら、鰹風味が際立つ刺激的な唐辛子の辛味と魚介の旨みのある辛旨な「まぜそば」だった

スポンサーリンク

 

冷凍麺は、具材、麺の質感がカップ麺などのインスタント麺とは比較にならないクオリティの高いものが多く、その本格的な味わいからも人気のあるカテゴリーなのは、皆知るところだろう。

また、冷凍の具付汁なし麺は、冷凍パスタなどと同じく、レンジ調理だけで食べられることから、お湯を沸かす手間もない。 お手軽でとても便利なことから重宝できる商品でもある。

そして、「まぜそば」などの「辛い汁なし麺」の冷凍麺も多数存在しており、激辛ファンの舌を唸らせるほどの「辛さ」「シビレ」を持ち合わせ、とくに若い年齢層や男性陣から熱い支持を受けているようだ。

そんな「辛い汁なし麺」なのだが、テーブルマークから、つけ麺やラーメンの超人気店『麺屋武蔵』監修の『麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り』が2019年3月1日に新発売していたというから、さっそく購入してきた。

『麺屋武蔵』監修の『麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り』は、唐辛子と魚介のインパクトのある辛みと旨みが食べ応えのある太麺に絡むという、夏場にぴったりな汁なし麺(まぜそば)になっているとのことだ。

1食あたり390gの嬉しい大盛サイズとなっていて、ボリュームは申し分ない。かなりの食べ応えと腹持ちが期待できる。

刺激的な唐辛子の辛さと魚介の旨みが合わさった、二刀流ソース。『麺屋武蔵』だけに、二刀流で有名な「宮本武蔵」に思いっきりのっかっているようだ。

 

『麺屋武蔵』の商品はこれまでに冷凍麺の『麺屋武蔵監修魚介豚骨チャーシュー麺』、カップラーメンの『麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺』を食べたことがあるが、2品ともかなりクオリティが高く、有名店の味というものを充分堪能できた。

なので、今回の『麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り』も絶対にうまいはずだ!

そうやって心を躍らせつつ、さっそく実食レビューさせていただくので、よろしければ最後までお付き合いいただきたい。

スポンサーリンク

レンジで簡単調理!テーブルマーク『麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り』をつくってみた

パッケージにもあるが、麺や具材はすでにトレーに入っているので、つまり「トレー入り お皿いらず」でめちゃお手軽になっている。しかもトレーを中から出さずに、外袋のままレンジ調理できるというのだから驚きだ。

 

この『麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り』は、レンジで簡単調理なのはもちろんだが、ちょっと変わった特長がある。

➀外袋の表の切り込み線に沿って、外袋に切り込みを入れる。

レンジで加熱する前に、「ここまでカット」となっている箇所まで切り込む。加熱時の空気抜きってことやね。

切り口に破線があるから、それに沿ってハサミで切っていく。まあ、手で破いてもいいけれど、袋を開けすぎないように注意しよう。

②凍ったままの商品を写真がある面を上にして、外袋のまま電子レンジで加熱する。

切り込みを入れたら、中身は出さずに外袋のままレンジで調理するだけ。ただ、気を付けないといけないのは、外袋の表面(写真がある面)を上にしてレンジに入れてあげるってこと。あとは外袋の裏に調理時間が記載されているので、目安の時間どおりに加熱をしていくだけだ。

③レンジで調理後、外袋をしっかりと持ち、中身がこぼれないように水平にして電子レンジから持ち出し、外袋からトレーを取り出す。

外袋からトレーを取り出してみたが、トレーにラッピングはされてなく、このままの状態で出てきから、ちょっと驚いた。これはお手軽だけれど、レンジで調理するときは、雑にあつかったらダメだね。

Advertisement

鰹節の香りが際立つ「まぜそば」だが、具材のボリュームは少なめで、ちょっと迫力不足

外袋からトレーを取り出してみると、鰹の良い香りがムンムンしてくる。まるで鰹節を存分にふりかけた焼きそばのような香りだ。

トレーの底面には、唐辛子と魚介を合わせた二刀流ソースがたっぷり入っている。その上に中太の茹で中華麺、さらに具材の「豚肉ミンチ、もやし、ネギ」という顔ぶれだ。

 

お世辞にも、たくさん入っているとは言えない“もやし”。あるだけマシってもんだけれど、もうちょっと欲しいかなぁ。

一見、シャキっとしてそうな食感だが、麺やスープに混ぜ込んでいくと、ヘナヘナになってしまう。スープに浸すことで、しなびてしまうのか、歯ごたえのない食感だし、存在感のある麺に隠れてしまっていた。

 

ネギは豚肉ミンチ入りの肉味噌に練り込んである。いわゆるネギ味噌の風味が香ばしい。

肉味噌そのものは甘い味付けとなっていて、ソースの唐辛子と魚介の辛さや旨みともマッチしていた。

しかしながら、はっきりとした旨味のある麺やソースに絡んでしまうと、ちょっと主張の弱さが出てしまう気はするが、豚肉ミンチの肉感ある食べ応えは充分に出ていた。

それだけにボリュームがもっとあればいいのになぁって悔やまれるところ。

実食!テーブルマークの冷凍『麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り』を食べてみた

麺をよ~く混ぜてまくって、スープと具材がしっかりと絡んだら、いよいよ完成だ。『麺屋武蔵』の「辛まぜそば」はいったいどんな味わいなのか、さっそく食べてみることに。

う~ん、鰹節系の香りがいいね!

鰹を中心とした魚介の香りがとても強くて、節系のラーメンやつけ麺好きにはたまらない香りやね。

まあ、汁なしの「まぜそば」なので、鰹節たっぷりの焼きそばってところかもしれないけど、食欲を誘ってくる香り高い風味ってところかな。

 

中太の茹で中華麺は、コシがあり、嚙みごたえもバッチリ。ワシワシと豪快に食べるスタイルで、食べごたえは充分すぎるほど。

しっかりとした弾力と張りに、コシの強さを持ちつつ、噛めばもちもち食感で、まさしくガッツリ系な食べごたえのある麺だ。

この力強い中華麺に、唐辛子の辛味と鰹風味が際立つ魚介の旨みが絡んできたら、もう至福のうまさでたまらない。

麺量390gの大盛サイズは伊達ではなく、お腹いっぱいになって満足度も高い。僕にはちょうどいいサイズでいいかな。

唐辛子の辛味はなかなかのもので、最初は「そんなに辛くはないんじゃね!?」って余裕をぶっこいていたんだけれど、じわじわとビリビリした刺激のある辛さが襲ってきた。

喉を突きさすような攻撃的な激辛まではいかないけれど、口の中はかなりホットな状態になるし、額から汗がじわっとにじみ出てくるほどには辛い。

「辛まぜそば」としての辛さは充分あるので、めちゃ辛ウマなんだけれど、辛味が得意でないなら食べないほうがいいかも。

スポンサーリンク

唐辛子と魚介の二刀流ソースはけっこうオイリーだけれど、麺と絡んでもベタつくようなことはなく、油脂のコクがのって旨みが増幅してくる。

なによりも鰹の風味が心地よく、唐辛子の刺激のある辛味を味わえ、それでいて魚介の旨みがしっかりと出てくるので、辛さだけではない香り豊かで旨みの強い味わいとなっている。

そこに甘い肉味噌のコクも加わり、鰹風味が香る唐辛子の辛味を纏うソースの味わいに、絶妙な甘さが利いた甘辛さを生む。

その肉味噌の甘さは、穏やかな利き具合で辛さを和らげるほどではない。ソースの強い辛味のなかに、ほんのりとした甘さを忍ばせ、なんとも奥深い味わいに仕立て上げてくるのだ。

超個人的主観のオススメ度(ふつう=★3)

★★★★★★★☆☆☆(星7)

今回は、『麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り』を食べてみたが、唐辛子の強い辛みと魚介の旨みが織り成すソースの味わいはまさに絶品の域で、麺とソースはかなりハイレベルな仕上がりの「辛まぜそば」だった。

辛さの中に魚介の旨みがしっかりと浸透していて、そこにほんのりと利いた肉味噌の甘みも持ち合わせるコク深い味わいと、ガッチリとした力強さながら、もっちりとした麺が絡むことで、めちゃくちゃうまい 「辛まぜそば」を楽しめた。

具材は「肉味噌(ネギが入っている)、もやし」といった内容で、麺やソースと比べてしまうと物足りなさはあるが、あくまでも麺とソースが主役の「辛まぜそば」とすれば納得できることはできる。

それだけに麺とソースは、冷凍麺のなかでは最高峰のデキだと言えるし、この「辛まぜそば」の味わいは、さすが『麺武蔵』監修の一杯といったところかな。

 

『麺屋武蔵』の監修の『麺屋武蔵監修魚介豚骨チャーシュー麺』、カップラーメンの『麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺』の2品ともかなりクオリティが高く、有名店の味というものを充分堪能できることで、かなりオススメ。ぜひチェックしてみてね!

冷凍麺カテゴリの最新記事