【超絶濃厚】『麺屋武蔵』の冷凍ラーメンを食べてみたら激うまな魚介豚骨ラーメンだった話

冷凍麺

スポンサーリンク

 

「麺屋武蔵」っていうラーメン店はご存知でしょうか!?このブログにいきついた方なら説明のいらないくらいのビッグネームだと思われるので、知っている方がほとんどかもしれませんね。

 

「麺屋武蔵」は東京の新宿に総本店を構え、渋谷、池袋、上野、秋葉原、高田馬場などの都心部を中心に14 店舗を展開しているラーメンチェーン店です。

創業は1996年で、実に20年以上に渡ってラーメン界を牽引し続けてきている超有名で人気店なわけですが、ラーメン好きの間で強い存在感を放っているラーメン店であり、僕もその名は知っていました。

でも僕が住む岐阜から東京まで出向いて実際にお店の味を食べたことはないんです。「いつかは食べたいなぁ」なんて思っていましたが、「麺屋武蔵」のラーメンがあったんですよ!冷凍麺だけど。

 

さっそくテーブルマークと超有名ラーメン店「麺屋武蔵(めんやむさし)」のコラボ商品、『麺屋武蔵監修魚介豚骨チャーシュー麺』を購入してきましたので、実食レビューしていきます!

2018 年秋冬の家庭用冷凍食品として今年9月1日から発売となった新商品で、この商品はその名にもあるように、麺屋武蔵監修のもと、テーブルマークが冷凍うどんで培った製麺技術を活かして作った冷凍麺です。

 

冷凍麺だけど「麺屋武蔵」のラーメンが食べられるってことでワクワクがとまらない!

しかもレンジ調理が可能ということですので、簡単調理で「麺屋武蔵」の味が楽しめちゃうらしいんです!自宅で気軽に本格的な魚介豚骨ラーメンを味わえちゃうんですから、これは凄いことですよ!

スポンサーリンク

レンジで4分間!あとはスープを熱湯で割るだけの簡単調理で「麺屋武蔵」の冷凍ラーメンが完成しちゃう!

まず中身を取り出してみます。

麺と具がセットになって器におさまっています。ラーメンスープが1袋別添されています。中身はこれだけです。

カッチカチに凍っています、麺と具が。このままレンジにつっこむってわけですね。

 

鍋で煮込むかレンジでチンして作るかの2択。

今回はレンジで調理をしてみることにします。どっちにしろ、スープを熱湯で溶かさないといけないのでお湯は沸かすことになりますけど。鍋で煮込んで、鍋に入ったままダイレクトで食べるのがいちばん手っ取り早いかも。洗い物も鍋だけですみますしね。でもそれじゃなんか味気ないというか・・・ね!?

 

600wで4分間。その間にお湯を沸かしておきます。

 

レンチン後の状態がこちら。麺と具材がホッカホッカに。

 

丼ぶりにスープを投入して

熱湯を注ぎ

スープをよくかき混ぜます!

かき混ぜるたびに、魚介の香りが強く漂ってきます。

 

麺や具を丼ぶりにうつしたら、「麺屋武蔵」の魚介豚骨ラーメンのできあがり!

なんかインスタントのラーメンには見えない本格的な見た目じゃないか!

太麺の存在感がハンパなく、ネギは少ないけどチャーシューは立派なものが3枚も入っていて豪勢な感じになってます!

スポンサーリンク

これはうまい!冷凍「麺屋武蔵」の魚介豚骨ラーメンを食べてみた

これは期待ができそうですね!さっそくいただきます!

まず麺からズルズルっとすすります!

 

プルプル!

もっちもち!

超うまい!

 

なんなんだ、この食感!

麺のコシ、粘りが強く、旨みをものすごく感じる麺。噛めばモチモチっとした食感のあとに、しっかりとした弾力のある食感が出てくるのがたまらないんです。

太麺だけど歯切れもよく、強いコシとつるみがあるので、ツルツルっとなめらかなすすり心地でのど越しもバッチリですね。

しっかりとした食感でかなり食べ応えがある麺。まるでうどん麺を食べているような力強さがあります。レンジでチンしただけなのに、まるで茹であがったばかりの生麺のような食感になっています。極太とまではいかないまでも、かなり太めな麺であることから持続力は高く、最後まで良好な食感を味わうことができます。

 

そして魚介豚骨スープはというと・・・

魚介がめちゃ濃い!

鶏ガラと豚骨を主体とした動物系スープと、3種のかつお節に煮干しを加えた魚介系スープのダブルスープになっているとのことですが、魚介のインパクトがハンパない!

鶏ガラや豚骨もきちんと味は出てはいるものの、魚介の旨味と風味を強く感じるスープですね。この濃厚な魚介、鰹よりも煮干しが前に出てくるバランスで魚介の旨味が全身に染みわたってくるようです。

そして豚脂がしっかり利いていてギトギトまでじゃないけどオイリーでもあります。飲めば口のまわりがベタつくほどには油脂がのっていて、スープにコクある旨味を加えています。魚介に比べて豚骨味が控えめですが、この豚脂が豚骨感をうまく与えている印象ですね。

スープの香りとしては豚骨臭さはあまりなく、煮干し中心の魚介系の香りをよく感じられます。柚子が隠し味的に加わってくるので爽やかでスッキリとした風味と口当たりを兼ね添えているんです。ですので、魚介がガツンとくる強さはありますが、魚介臭いということはありません。クセがなく受け入れやすいスープになっていると思います。

豚骨よりも魚介が目立つスープでかなりパンチのある濃厚スープなので麺との相性が心配されるところ、めちゃくちゃ力強いしっかりとした食感の太麺であることから、お互いの持ち味を活かしつつ、うまく絡み合っていますね。麺もスープもどちらとも主張が強いにも関わらず、これはベストマッチとも言える仕上がりじゃないでしょうか。

 

具材はチャーシューがなんと3枚っていう大盤振る舞い!チャーシューは釜炊きだそうです。ネギは少ないんですが、このチャーシューがあればもういいでしょうよ!

しっかりと味が染みこんでいて、適度な脂ものって美味しいですね。脂身のとろけるような食感と赤みのしっとりした食感がたまりませんね。

さすが冷凍食品だけあって、カップ麺とはひと味違う感じで本格的なチャーシューになっています。麺やスープはレベルが高いけれど、具材もそれに負けないくらいの内容です。

「麺屋武蔵」の濃厚魚介豚骨ラーメンが自宅で気軽に楽しめちゃうって贅沢なことだ

いやいや、うまかった!ホントにうまかった!

いつかは食べたい「麺屋武蔵」でしたが、冷凍麺でこれだけ楽しめちゃうわけなのでかなり満足できましたね!

麺と具材をレンジでチンして、スープは熱湯で割るだけの簡単調理。これだけで本格的な魚介豚骨ラーメンを味わえるんですよ!

けっこう魚介が強く出ているので苦手だなって方もいるかもしれませんが、僕はちょうどいい魚介の利きでクセのない味わい深い仕上がりだと思います。

また麺が素晴らしく美味いですし、魚介系スープが好きな方ならかなりオススメです!

 

ちなみに「麺屋武蔵」監修の『麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り』、『麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺』もかなりオススメなので、ぜひチェックしてみてね!

【めちゃうまい】テーブルマーク『麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り』を食べたら、鰹風味が際立つ刺激的な唐辛子の辛味と魚介の旨みのある辛旨な「まぜそば」だった
冷凍麺は、具材、麺の質感がカップ麺などのインスタント麺とは比較にならないクオリティの高いものが多く、その本格的な味わいからも人気のあるカテゴリーなのは、皆知るところだろう。 また、冷凍の具付汁なし麺は、冷凍パスタなどと...
【ローソン名店シリーズ】エースコック『麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺』★超絶濃厚な動物系と魚介系ダブルスープが特長の一杯
今回は東京の有名ラーメン店「麺屋武蔵」のこだわりの味わいをカップ麺にしちゃったという、『麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺』を実食レビュー! ローソン名店シリーズからの一品で、製造はエースコック。 ローソン...
スポンサーリンク

コメント