【親しみやすい中華のうまさ】『サッポロ一番 創味シャンタン 海鮮塩味 刀削風麺』★二面性のある食感の刀削風麺×創味シャンタン極まる中華風海鮮塩味

【親しみやすい中華のうまさ】『サッポロ一番 創味シャンタン 海鮮塩味 刀削風麺』★二面性のある食感の刀削風麺×創味シャンタン極まる中華風海鮮塩味

スポンサーリンク

 

サンヨー食品のサッポロ一番から「創味シャンタン」を使用した『創味シャンタン 海鮮塩味 刀削風麺』が2019年5月27日より新発売!希望小売価格は205円(税抜)。

お馴染の中華調味料の「創味シャンタン」と、野菜や魚介の旨みを合わせた、中華系海鮮塩味ラーメンとのこと。

 

パッケージにも「創味シャンタン」を使用していることを前面に推しだしているが、「創味シャンタン」は、ひとかけするだけで本格中華の味わいができちゃうっていう万能な中華調味料なのはご存知だろう。

よく引き合いに出されるのが廣記商行の「味覇(ウェイパー)」だが、もともと「創味シャンタン」は業務用向けに販売され、「味覇」は「創味シャンタン」のOEMで家庭向けに販売されていたんだよね。

それで廣記商行が勝手にチューブタイプの「味覇」を販売してしまい、創味食品が契約違反として取り上げ、2015年を以ってOEM契約が破談になってしまったのだ。

今では、家庭向けにも「創味シャンタン」が販売されるようになり、廣記商行はアリアケジャパンの委託生産による「味覇」を引き続き販売しているってわけ。

う~ん、大人の事情ってヤツが絡んでいるってとこだけど、今の「味覇」は数年前までのものとは違う味ってことなんやね。

 

特殊切刃を使い、手もみ風ちぢれ麺を再現したという「海鮮塩味刀削風麺」。

本格中華を振る舞う中華料理店ならいざ知らず、「刀削麺」を食べられる店ってそんなにはないので、「刀削麺ってなに!?」って方もいるかもしれないけど・・・

「刀削麺」とは、生地を細長く鍋の中に削ぎ落として茹でることで、断面三角形となる柳の葉の形になり、独特の食感を生み出す、中国発祥の麺の一種。


出典:photoAC

削ぎ落して茹でる「刀削麺」と、手もみによる変化に富んだ食感の「手もみぢぢれ麺」はまったく異なる手法であり、今回の麺は手もみ風によって成される、あくまでも「刀削風」の麺ってこと。

そして、その「刀削風麺」に、創味シャンタンの組み合わせが今回の大きな特長である。

「創味シャンタン」をベースに、ポーク、チキン、野菜、魚介の旨みを合わせ、胡椒で程よくスパイシーに仕上げたということで、どんな一杯になっているのか、とても楽しみ。

スポンサーリンク

『サッポロ一番 創味シャンタン 海鮮塩味 刀削風麺』を食べてみた

1食あたり94gでカロリーは410kcal。

フタの上に張り付けられた「仕上げの小袋」。別添品はこれだけで、中身は「創味シャンタン」をベースにしたオイルってとこだろう。

かやくは「キャベツ、キクラゲ、かに風味かまぼこ、人参、ねぎ」で、どれも小さくカットされている。細切りにされた「かに風味かまぼこ」がふんだんに散りばめられているし、ボリュームはまずまず。

熱湯注いで3分待ったら、「仕上げの小袋」を加えていく。

粘度のある「たれ」といったところで、やっぱり「創味シャンタン」の中華風な香りがしてくるね。

しっかりと麺とスープを混ぜ込んだら完成だ!見た目はアッサリしてそうな塩スープだけど、その味わいは如何ほどに!?

スポンサーリンク

さて、まずは見所のひとつ、「刀削風麺」をずずっとひと口。

おおっ、「刀削麺」的な感じはするかな!?麺の表裏がどっちか分かんないけど、薄さがある面に対して反対側は厚みがあるという「刀削麺」の三角形な断面を感じるね。

いい意味で不規則な変化を魅せる歯触りと程よく柔らかめな食感が相まり、オリジナリティな魅力を発揮していて、これがなかなか面白い。ちぢれのある平麺であることからスープを巻き込むように絡めとってくるのもいい。

だけどやね、あくまで「刀削風」であり、特長的な三角形の断面がはっきりしているわけでもなく、意識して食べないと気付かないかもしれないけど。もし食べることがあったら、薄さと厚さの二面性を持つ麺ってことを踏まえて味わってみてほしいかな。

 

スープは、「創味シャンタン」を使用した、魚介の旨みを持つ“とろみ”のある中華系海鮮塩味。

「創味シャンタン」を主役に添え、ポークと野菜の甘みを感じる親しみやすい中華の味わい。海鮮という魚介の旨みは、エビの甘みと塩気が主体といったところ。海老の塩焼きみたいな香ばしさがうっすらと優しく漂い、「創味シャンタン」の塩気と重なり合うことで、海鮮塩味の味わいを高めてきている。

「創味シャンタン」が、ポークや野菜の甘み、海老や魚介の海鮮を率先して引っ張ってくる感じ。「創味シャンタン」ありきっていう味わいだが、海鮮塩味もしみじみと活きている。

「創味シャンタン」の強さが目立つが、中華の旨みが利いた「創味シャンタン」の奥でエビの旨みを穏やかにじんわりと味わえるのがいい。ほのかに海老が香る塩タンメンといったイメージやね。

 

あとは「キャベツ、キクラゲ、かに風味かまぼこ、人参、ねぎ」といったひと通りの具材が揃っているけど、どれも小さいのでハッキリとした食感は味わえなかったかな。

彩りが良い「かに風味かまぼこ」で華やかな見た目になるけど、かなり細めにカットされていて食感や旨みがほとんどない。キクラゲがときどき魅せるコリコリ食感と、キャベツのシャクっといた食感はあったが、全体的に存在感は薄い印象だった。

超個人的主観のオススメ度

★★★★☆☆☆☆☆☆(星4)
※星3=基準点(及第点)

今回は、サッポロ一番の『創味シャンタン 海鮮塩味 刀削風麺』を食べてみた。

「創味シャンタン」が味のメインとなって、ポークや野菜の甘みを帯びた海鮮塩味スープは中華風味の美味しさがあり、ランダムな歯触りを感じさせる刀削風の麺が絡むことで個性のある一杯になっていた。

最近では、エースコックが「味覇」を使用した『廣記商行監修 味覇使用 オイスターソース香る中華風焼そば』という商品をリリースしてきているが、サンヨー食品は「創味シャンタン」、エースコックは「味覇」という中華調味料をかけた熱いバトルが展開されていて、今後も期待のできる一杯を楽しませてくれそうだ。

エースコック『廣記商行監修 味覇使用 オイスターソース香る中華風焼そば』★エースコック×味覇(ウェイパー)のコラボ商品!オイスター香る中華風のカップ焼きそば

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

カップ麺カテゴリの最新記事