セブンイレブン『愛知県産小麦粉使用!もっちりざるきしめん』名古屋名物のきしめん!ヒンヤリ冷たいきしめんで暑い夏をのり越えろ!

セブンイレブン『愛知県産小麦粉使用!もっちりざるきしめん』名古屋名物のきしめん!ヒンヤリ冷たいきしめんで暑い夏をのり越えろ!

スポンサーリンク

 

名古屋名物のひとつである「きしめん」が、セブンイレブンから新登場!

愛知県産小麦粉使用!もっちりざるきしめん』はその名のとおり、愛知県産の小麦「きぬあかり」を使用した、冷たい「きしめん」だ。2019年7月25日に中京地域で新発売、価格は330円(税込356円)。

愛知県産小麦粉「きぬあかり」を使用した、ざるきしめんです。たまり醤油にかつお、むろあじ、さばのだしを利かせた、うま味とコクのあるつゆを組み合わせました。ねぎ、海苔、揚げ玉、おろし生姜の薬味で、味に変化がつけられます。(1食あたり378kcal)

引用元:https://www.sej.co.jp

名古屋近辺の方には大変馴染みのある「きしめん」。うどんとは違う平っぺたい麺の独特な食感を楽しめる、東海民にとっては馴染みのある名古屋めしの一種なのだ。

ほかの地域から東海地域に観光などで訪れ、食べたことがあるって方も多いんじゃないかな。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『愛知県産小麦粉使用!もっちりざるきしめん』を食べてみた


愛知県産の小麦「きぬあかり」を使用しているのが注目の「きしめん」。パッケージでもしっかりとアピール。


フタをあけると、こんな感じ。別容器に“つゆ”と“揚げ玉”が入っている。


薬味の“ネギ”と“おろし生姜”もちゃんとある。


海苔は九州の有明海産のものを使用。セブンイレブンのおにぎりなどでよく使われている海苔だ。


幅広で厚みがあるのが「きしめん」の特徴。真っ白な色味がキレイで、鼻を近付けてみると、淡く穏やかな小麦の香りをほんのりと感じられる。


麺用ほぐし水が“つゆ”の下に入っていた。麺がくっついているので、コイツをぶっかけてほぐしてやろう。


“つゆ”を容器に注ぎ、薬味の“ネギ”と“おろし生姜”を加え、準備は万端!


刻み海苔と揚げ玉をトッピングしたら、あとは食べるだけ。今回は揚げ玉を“つゆ”に浸さずに、麺の上にのっけてみた。


さっそく麺に“つゆ”をつけて食べてみたが、やっぱり暑い夏には冷たい麺が最高だね!

温かい「きしめん」はふかふか食感のものが多いけれど、冷たい「きしめん」はキュッと締まっていてムチッとした弾力がある。硬すぎず柔らかすぎずの程よい弾力でコシもしっかりとある麺だ。


小麦の香りは若干感じるものの、麺の旨みは淡白なほう。そのためなのか、“つゆ”は醤油をベースにみりんの甘みを加え、かつお節をメインにムロ節、さば節など節系の旨みを凝縮させた、旨みの強い味わいになっている。

けっこう塩気の立った“つゆ”だから、麺をドバっと“つゆ”に浸しすぎると、しょっぱく感じるかな。


”つゆ”の旨みがなかなか濃いので、刻み海苔の風味はそこそこあるかなって感じ。

揚げ玉は“つゆ”に浸さなければ、麺のしっかりした食感にサクサク感を与えてくれてるが、“つゆ”を吸収してしまうとヘナッとした野暮ったい食感になってしまう。


麺を容器に突っ込んで食べると、“つゆ”が絡みすぎてしょっぱくなるから、麺を箸で掴んだまま少し“つゆ”に浸してやるのがベストな食べ方だと個人的に推奨したい。

もう少し“つゆ”の濃さを抑えてほしかったけど、水で薄めてしまえばいいだけの話。

これだと塩気が気になるって場合は自分で調整して、お好みの味の濃さにして食べてみよう。

Advertisement

総評、食べてみた感想

★★★★☆☆☆☆☆☆(星4)
※星3=基準点(及第点)

“つゆ”は濃いめだけど、麺の旨みが穏やかなため、敢えて濃い味付けにしたんじゃないだろうか。

これはこれで節系のダシの旨みをキッチリ味わえる“つゆ”になっていたし、きちんと「きしめん」独特の食感を楽しめることもあり、クオリティはなかなか高い。

個人的にはちょっと塩気が強く、食べたあとに喉が渇いてお茶を飲んだんだけど、このくらい濃くなくちゃ食べた気がしないって方もいるはず。

濃いのかどうなのか、これは完全に好みの問題だろうね。

僕は「ざるきしめん」のみならず、「ざる蕎麦」や「素麺」などは、あまり主張をしてこない控えめな“つゆ”のほうが合っているってだけで。

食べてみれば、暑い季節にはやっぱり冷たい麺が美味しい!ってことやね。

それをしっかり感じられる「ざるきしめん」になっていたから、気になる方はぜひ食べてみてね!

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

ほかの冷たい「うどん、きしめん、素麺」もご紹介!

冷たい麺を食べて暑い夏をのりきろう!ぜひチェックしてみてね!

そば・うどん・中華麺カテゴリの最新記事