セブンイレブン『香り引き立つ 月見たぬき蕎麦』醤油かえしを活かした基本に忠実な仕立ての蕎麦

セブンイレブン『香り引き立つ 月見たぬき蕎麦』醤油かえしを活かした基本に忠実な仕立ての蕎麦

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『香り引き立つ 月見たぬき蕎麦』を紹介していくよ!2019年10月1日に新発売した商品で、価格は398円(税込429円)。

「揚げ玉、葱、ワカメ、温泉玉子」をトッピングした月見たぬき蕎麦。つゆは、鰹だしの香りと旨味がある仕立てになっているという。(1食あたり376kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『香り引き立つ 月見たぬき蕎麦』を食べてみた


別添の七味唐辛子は「赤唐辛子、ちんぴ、黒胡麻、けしの実、山椒、アオサ、麻の実」といった内容になっている。お好みで加えればオッケー。


レンジで温めたあとがこちら。メインの器に蕎麦つゆが入り、上のトレーに麺や具材がのっている。


透明のトレーにある出っ張りの部分を引き、麺と具材を盛り付けるとのこと。


引っ張るとトレーが斜めになるので、そのまま麺と具材が器に入っていくっていうスタイルだ。ただ、キレイに盛り付けようとすると、ちょっと難しいかも。


これにて完成。それなりに見栄え良く盛り付けられたかな!?


蕎麦は程よく弾力があり、歯切れの良さがある。

小麦粉や卵を活かした蕎麦になっていて、十割蕎麦のように蕎麦の風味は強くないけど、昆布粉末を練り込んでいることからも、香り立ちは悪くはない。

甘めに仕立てた蕎麦つゆともよく絡み、ふつうに美味しくいただける蕎麦になっている。


蕎麦つゆは、醤油かえしの「醤油、みりん、砂糖」で味付けされたようで、角のないまろやかな醤油味。

誰にでも好まれるような、昔ながらのうどん屋や蕎麦屋で食べられるようなベーシックな仕上がり。

七味唐辛子は柔らかい辛味で受け入れやすいし、甘めの蕎麦つゆだけどしつこさはない。

スーッと身体の奥まで馴染んでくるような、素朴で優しい味わいになっている。


たぬき蕎麦なので、揚げ玉はたっぷりと入っている。いわゆる天カスってことなんだろうけど、サクサク感はないかな。

揚げ玉は食感を楽しむというより、染み出した油脂によって、コクのある蕎麦つゆに後押ししているといったところ。


「月見」を担う温泉卵入り。そのまま食べてもヨシ、潰して黄身を染み込ませた蕎麦を楽しむのもいいだろう。


今回は、温泉卵を潰してみた。とろ~りと黄身が染み出してきて、麺や蕎麦つゆにゆっくりと絡んでくる。


冷やし蕎麦には定石だけど、温かい蕎麦だって玉子とよく合うんだよねぇ。

玉子のとろみで滑らかな啜り心地になるし、卵黄のマイルドなコクで旨味も増してくる。

蕎麦の味は若干薄くなるものの、味変で2度美味しくいただけるのは高ポイントだ。

Advertisement

おすすめ指数

★★★☆☆☆☆☆☆☆(星3)
※星3=基準点(及第点)

醤油かえしを活かした基本に忠実な仕立ての蕎麦になっていて、突出した特長はないけど、無難に美味しくいただけるお蕎麦。

具材は「揚げ玉、葱、ワカメ、温泉玉子」と揃うが、ワカメはいいとして、葱はもう少し欲しかったし、揚げ玉はもうちょっとサクサク感があると良かったかな。

温泉卵があるからといっても、税込429円をもう少しお安くして、税込で400円を切ったくれたらリピート率が高くなるような気する。

30円ほどの差だけれど、ユーザーの気持ち的には大きなことだろうしね。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

そば・うどん・中華麺カテゴリの最新記事