セブンイレブン『鶏五目ごはんの幕の内』素材を活かした純朴な美味しさ!炊き込みご飯好きに食べてみてほしいお弁当

セブンイレブン『鶏五目ごはんの幕の内』素材を活かした純朴な美味しさ!炊き込みご飯好きに食べてみてほしいお弁当

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『鶏五目ごはんの幕の内』を紹介していくよ!2019年11月26日に新発売したコンビニ弁当で、価格は510円(税込550円)。

鶏五目ごはんの幕の内弁当。鰹、昆布、椎茸のだしを使って炊き上げた鶏五目ごはんは、上品な味わい。ヒレ肉を使ったカツ、たらの野菜あんかけなどのおかずを盛り付けたとのこと。(1食あたり486kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『鶏五目ごはんの幕の内』を食べてみた


フタを開けた瞬間から、炊き込みご飯の良い香りがしてくるねぇ。

彩りの良い食材が揃い、季節感がある見た目の幕の内弁当だ。


鶏五目ご飯は「鶏肉煮」をメインに、「人参、椎茸、筍」が揃って賑わう。

鰹、昆布、椎茸のだしで炊き込んだご飯は、ほんのり甘くて優しい味わい。

濃すぎず薄すぎずの、ちょうどいい味付けで、和風だしを活かしたナチュラルな美味しさだ。

クドさのない純朴な味と、たっぷりと混ぜ込まれた具材になっているから、ご飯を飽きることなく食べ進められるね。


コロッケじゃなく、なんとヒレ肉を使ったトンカツがある贅沢仕様になっている。

ヒレカツにテンションアップは勿論のこと、ちくわの磯部揚げもなかなかニクイ美味しさ。

気分は上々で食べられるヒレカツと磯部揚げは、この幕の内弁当の大きな魅力のひとつだろう。


こちらは、厚焼玉子、かまぼこ、シロイトダラの唐揚げ。

ここで注目したいのは「シロイトダラの唐揚げ」なんだけど、「パプリカ、ピーマン、玉葱」で構成された野菜餡がかかっている。

野菜餡のとろみで甘い味付けが施され、カラッと揚げた香ばしさと抜群にマッチング。

シロイトダラの身はよく締まっていて味も良い。

いい意味で程よく魚臭さがあり、野菜餡の甘さがうまく絡んでくるから、 これがなかなかクセになる。


胡麻入りの大学芋まであり、隙の無い幕の内弁当だなぁって感心しちゃうね。ほっこりした甘い味付けがとっても美味しい。


筍、人参、椎茸の煮物まで登場。

鶏五目御飯にたっぷりあった具材なんだけど、こちらはさらに味付けがしっかりしている。

細かくカットされて混ぜ込まれた具材としてではなく、「筍、人参、椎茸」そのものの素材を活かした美味しさを一段と味わえるわけで。


炊き込みご飯が好きなので、見かけて迷わず買ってきたんだけど、食べてみて大正解な幕の内弁当だった。

コンビニ弁当で510円(税込550円)は少々お高いけど、従来の幕の内弁当よりも手の込んだ「鶏五目ご飯」とバラエティ豊かなおかずが揃っているから、食べたあとの満足感は得られるはずだ。

鮭をメインにした幕の内弁当はよく食べることがあるかもしれないが、たまには趣向を変えてみて、この『鶏五目ごはんの幕の内』を選んでみては!?

Advertisement

おすすめ指数

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

鶏五目ごはんの幕の内
発売日:2019年11月26日
価格:510円(税込550円)
熱量:486kcal
糖質:75.8g
食塩相当量:3.5g

商品の特徴
・鶏五目ごはんの幕の内弁当
・鰹、昆布、椎茸のだしを使って炊き上げた鶏五目ご飯
・ヒレカツ、たらの野菜あんかけなどのバラエティ豊かなおかず

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

お弁当カテゴリの最新記事