セブンイレブン『とんかつサンド』このカツサンド、コンビニ史上最高の美味しさと言い切ってもいいレベル

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブンの『とんかつサンド』を食べてみることに。価格は340円(税込367円)。

とんかつと食感のよい千切りキャベツを盛り付けた、食べ応えのあるサンドイッチ。ふんわりとした食感で、耳までやわらかい耳付き食パンを使用。野菜と果実の旨味を利かせた香味ソースと、味のアクセントのからしが相性抜群とのこと。(1食あたり677kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブン『とんかつサンド』を食べてみた


食パンに分厚いトンカツが挟まれた、迫力のボリュームなサンドイッチ。なんといっても、大迫力なトンカツの存在感が頼もしい。


濃厚なソースがたっぷり染み込んだ豚カツに、千切りキャベツをトッピング。

ソースのほかには、マヨネーズと辛子で味付けされていて、ピリリとした刺激のある濃厚な味わいに仕上がっている。


とにかく豚カツの圧倒的な食べ応えが素晴らしい。

パン生地は、耳までしっとりと柔らかく、ほんのりとした甘味もアリ。

なんか、豚カツも食パンもすべてが柔らかな食感やね。


とくに、豚カツは凄い。柔らかいながらも、豚肉のしっかりした食べ応えがある。

豚カツの衣に染み込んだ甘濃いソースと、シャキシャキなキャベツのアクセント。

最後のトドメに、辛子のピリッとした刺激が締めくくる、完成された豚カツサンドの味わい。


大口開けてガブッと豪快に食べるのが醍醐味で、ジューシーな豚ロースの旨味と、ソースと辛子が利いた甘辛な味わいを思い切り堪能できるわけで。

このとんかつサンド、ハッキリ言ってコンビニのレベルを優に超えた美味しさだ。

総評:

★★★★★★★★☆☆(星8)
※星3=基準点(及第点)

分厚いロースカツが見た目どおりの食べ応えで、しっとり柔らかな肉感のある旨味が、ヒレカツなんじゃないかってくらいの質感の高さ。

また、濃厚なソースのガッツリした味付けに、辛子マヨネーズがピリリと絶妙に利いてくるのがいいんだよね。

単調になりがちな甘濃いソース味を、辛子マヨネーズが飽きのこない仕上がりにしてくれているのだ。

ここまでクオリティの高い豚カツサンドは、コンビニ史上最高の美味しさと言い切ってもいい。

喫茶店やカフェなんかのカツサンドと比べてみても、まったく遜色のない作り込み。

ヘタな飲食店でカツサンドを食べるくらいなら、セブンの『とんかつサンド』を選んでおけば間違いがないだろう。

最新情報をチェックしよう!