セブンイレブン『とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷し焼豚つけ麺』デカい焼豚でテンション上がる!濃厚ながらも後味さっぱりで暑い夏にぴったりなつけ麺だ

セブンイレブン『とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷し焼豚つけ麺』デカい焼豚でテンション上がる!濃厚ながらも後味さっぱりで暑い夏にぴったりなつけ麺だ

スポンサーリンク

 

千葉県松戸市にある「とみ田」は、数時間待ちは当たり前と言われ、毎日のように行列が絶えない超人気のあるラーメン店というのは、ラーメン好きの方はご存知のことだろう。

日本一行列のできるラーメン店とまで言われる「とみ田」とセブンイレブンがコラボした商品は数多くあり、どれも美味しいと大好評。

そして、今回は豚骨魚介系の冷やしつけ麺をリニューアルして再登場させたのだが、これは食べずにはいられないってことでさっそくゲットしてきた。

 

こちらがその『とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷し焼豚つけ麺』。2019年7月23日にリニューアルを施し新発売、価格は510円(税込550円)。

どうやら麺とスープ、具材を一新し、リニューアルしたらしい。

「とみ田」オリジナルの小麦粉を使用した三層麺、「とみ田」の濃厚豚骨魚介の味を再現したスープの組み合わせ。柑橘系果汁によって、濃厚でありながらもすっきりとした味わいに仕立てたとのことだ。

じつはリニューアル前のつけ麺を食べたことないもんだから、どこがどう変わったとかは残念ながら分からないけど、しっかりと味わって実食レビューしていきたい。

スポンサーリンク

セブンイレブン『とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷し焼豚つけ麺』を食べてみた


フタを開けたらこんな感じ。大振りの焼豚が2枚も入っていて、かなり目を惹きつける。


器は2段になっていて、取り外しが可能。どうやら下の黒い器にスープを入れて食べるようだ。


黒い器にはスープの袋が入っている。ここに入れたスープに浸して麺をすすっていくわけだ。ほかに器を用意しなくてもいいから、何気に便利だよね。


「麺用ほぐし水」をかけて麺をほぐすとのこと。


具材というか薬味のネギはたっぷりとある。派手さはないが、つけ麺には必ずほしいマストなアイテムだ。


メンマは淡い醤油の味付けが優しく、コリッとした歯ごたえのある食感が最高にいい。冷やし系の麺にあるメンマは、熱々のラーメンのメンマよりも何故だか不思議と美味しく感じる。


とにかく焼豚のデカさがいいよね!しかも2枚も入っているから嬉しい。身が締まっていそうな焼豚でとっても美味しそう!


香りづけとして、柚子皮もついている。スープに薬味として入れるんだけど、これがまた柑橘系の良い香りをはこんできてくれるんだよね。

 

こちらがつけ麺用のスープで、なかなか粘度の高いスープになっている。

とにかく魚介の香り立ちがすごく、豚骨臭さなんて微塵も出てこないほどで、節系の香りを思い切り楽しめるスープだ。

また、スープの中にある削り節の粉末のザラザラッとした舌触りが、なかなか楽しめる食感でいい。

こってりとしつつ、濃厚でコクがあって魚介のだしがよく染みている味わい。とにかく節系の風味がドカンと強く利き、かつおを中心にサバ節やいわし煮干しのだしの旨みがギュウギュウに詰まっている。


深みのある豚骨のコクを感じるが、あまりにも濃厚過ぎる魚介風味にちょっと押され気味かも。

しかしながら、豚骨がきちんと味の土台を作っているから、魚介が好き勝手に暴れまわることができるわけで、スープにしっかりと根付いた豚骨味は縁の下の力持ちといった存在なのだ。

魚介風味と豚骨の旨みが織り交ざることで、こってりとさっぱりが融合した深みのある仕上がりになっている。

Advertisement

麺はコシが強く、それでいてムッチリもっちりとした食感。強い魚介風味のなかでも小麦の香りが活きている。

ややドロッとしたスープはマイルドでクリーミーな口当たりを持ち合わせ、スープが麺をガッチリと掴んで離さない。

麺をすすれば、魚介の風味がぶわっと口から鼻にかけて駆け抜けていく。

動物系の濃厚な味に、魚介の風味がガツンとのっかってくるパワフルな味わいが、口の中を占領してくるもんだから、「こりゃ美味しすぎだよ!」と叫ばずにはいられなくなってくるほどだ。

そして後味も良く、柚子がほのかに香り、ネギのシャキシャキ感も手伝って、濃厚な豚骨魚介ながらもクドさを感じないサッパリな味わいを魅せている。

 

本日の主役のひとつである焼豚は、脂身は少なく、しっとりとした肉感だ。

トロトロ系ではないが、身はすごく柔らかく、噛めば豚の甘みがゆっくりじんわりと口の中に広がってくる。

そのまま食べてもいいし、もちろんスープに漬け込んでもすごく美味しい。

これが2枚も入っているなんて、なんか幸せな気分になってくるじゃないか。


ふだんはつけ麺ってあまり食べないんだけど、このつけ麺はまた食べたいなって思ったよ。

魚介の香りがもの凄いけどクセがあるほどじゃないし、寧ろこの魚介風味が印象的で記憶に残る美味しさの源になっているんだよね。

さすが天下の「とみ田」と「セブンイレブン」っていう、とってもよくできたつけ麺だった。

総評、食べてみた感想

★★★★★★★★☆☆(星8)
※星3=基準点(及第点)

やっぱり「とみ田」監修の商品は、どれを食べても美味しかった。

これだけ濃厚な豚骨魚介で冷たいスープなのに、ギトギトと脂が凝固してこないのが素晴らしい。温かいスープよりも油脂が控えめになっているのだろうけど、その分濃厚ながらサッパリとした仕上がりになっている。

もっと豚骨を利かせたほうが好きって方には、ちょっと物足りない豚骨の濃厚さかもしれないが、魚介を充分に楽しめることに関してはピカイチのつけ麺だと言える。

つけ麺好きにはもちろんバッチリとハマるだろうし、つけ麺よりラーメン派だって方も食べてみれば「つけ麺もいいじゃん!」と概念が変わるかもしれない!?

気になる方はぜひ食べてみてね!

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

とみ田の商品はまだまだあるよ!

ほかの「とみ田」と「セブン&アイ」のコラボ商品もぜひチェックしてみてね!

そば・うどん・中華麺カテゴリの最新記事