セブンイレブン『東海限定 やわらかジューシーいなり 二個入り』「ステルス値上げが酷い!」と言われていたけど品質は高いからいいんじゃない!?

セブンイレブン『東海限定 やわらかジューシーいなり 二個入り』「ステルス値上げが酷い!」と言われていたけど品質は高いからいいんじゃない!?

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『東海限定 やわらかジューシーいなり 二個入り』を紹介していくよ!2019年8月27日に新発売した商品で、価格は170円(税込183円)。

東海民に馴染みのある、濃い色目のいなり寿司。鰹と昆布のだしを利かせザラメを加え、コクのある甘濃い味わいに仕立てたとのこと。(1食あたり257kcal)

 

セブンイレブンのいなり寿司が実質的に“値上げ”された。

少し前に、そういった話がネット上を中心に浮上したのは記憶に新しい。

従来は「いなり寿司3個入り」で税込200円だったのが、リニューアルによって「2個入りで税込205円」に変更されたのだ。

内容量が減ったのに価格はほぼ据え置きであることに、

ステルス値上げが酷い!

などの意見がネット上で殺到するまでに至ったのである。

ユーザーとしては、少しでも安価で良質な商品を提供してくれれば嬉しいのだが、材料費やら人件費などが高騰するなか、セブンイレブンなどの企業は頭を抱える悩みのひとつでもあるのだろう。

 

そういった経緯のあった商品だが、今回の『東海限定 やわらかジューシーいなり 二個入り』は、その名の通り“東海限定”のいなり寿司で、価格は税込183円と少しお安くなってはいる。

そもそも“東海限定”ということで、全く同じ規格のいなり寿司ではないのかもしれないが、わずかながらに価格を下げてでも「シュリンクフレーション」(商品価格が変わらないのに内容量が減る現象)というイメージを拭いたい狙いもあるのでは!?

スポンサーリンク

セブンイレブン『東海限定 やわらかジューシーいなり 二個入り』を食べてみた


なかなか迫力の大きさのいなり寿司が2個。和風だしの利いた香りが、ちょっと濃いめな味付けを想像させてくる。


さすが東海人向けのいなり寿司だけあって、しょっぱさを感じるほどの濃い味付け。

鰹や昆布だしの旨みを凝縮させ、ザラメの甘さを惹き立てた仕上がりで、ガッツリと濃厚な“うどんつゆ”のような味わいだ。


粒立ちの良い酢飯がお揚げの中にギッシリと詰まっている。

お揚げが分厚い分、旨みの詰まった汁を吸いこんでおり、噛めばじゅわっと甘辛い汁の旨みが染み出してきて、口の中を賑わしてくれるのだ。


いなり寿司3個入りが2個入りになり、「シュリンクフレーション」と騒がれた経緯があるが、このジューシーなお揚げの仕上がりは素晴らしいものがあり、税込183円という価格も致し方ないと感じた。

馴染みのある100円回転寿司やスーパーのいなり寿司に対し、とても高価というイメージはあるが、セブンのいなり寿司1個あたりの大きさと質感は比べるのも失礼なくらい、ずば抜けてクオリティが高い。

Advertisement

総評、おすすめ度

★★★★★☆☆☆☆☆(星5)
※星3=基準点(及第点)

量や個数ではなく、その内容と味を楽しめればそれでいいという、味の違いがわかる素敵な大人の方に食べてもらいたい。

そんなふうに、セブンイレブンの願いが込められているのかもしれないね。

それほど味の大差のないいなり寿司とはいえ、ここまで旨みの詰まったジューシーなお揚げは、スーパーなどの商品ではなかなかお目にかけることがない。

セブンのヘビーユーザーだと3個入りが2個入りになったことで、「ステルス値上げ」といったイメージを強く抱いてしまうのだが、お揚げに価値を見出せるいなり寿司にはなっているはずだ。

お弁当1個では物足りないってときに、追加で購入するには最適な逸品ってところやね。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

お寿司カテゴリの最新記事