セブンイレブン『まんぷく!甘辛タルタルチキン&鶏そぼろ弁当』ガッツリと食べられるけれどボリュームはもっと欲しい!相変わらず器の底上げがね・・・

セブンイレブン『まんぷく!甘辛タルタルチキン&鶏そぼろ弁当』ガッツリと食べられるけれどボリュームはもっと欲しい!相変わらず器の底上げがね・・・

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『まんぷく!甘辛タルタルチキン&鶏そぼろ弁当』を紹介していくよ!2019年9月17日に新発売したコンビニ弁当で、価格は550円(税込594円)。

タルタルソースをかけた甘辛チキン、鶏そぼろご飯を組み合わせたボリューム感のあるお弁当。鶏そぼろは、熟成した調味液で煮ることで旨味を引き立て、こだわり卵の「ななたま」を使った玉子そぼろは、色鮮やかな仕立てになっている。(1食あたり1027Kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『まんぷく!甘辛タルタルチキン&鶏そぼろ弁当』を食べてみた


鶏そぼろと玉子そぼろを盛り付けた味飯に、おかずはタルタルソースがかかったチキンのみ。シンプルながらも食べ応えのありそうなお弁当だ。


ピリ辛の醤油だれと胡麻で和えられた鶏唐揚げに、タルタルソースがたっぷり。チキン南蛮テイストで、ガッツリといただけそう。


鶏唐揚げの下には、トマトソースのスパゲティが敷かれている。こういったお弁当に付き物なスパゲティだけど、ポテトサラダなんかもあったら、もっと嬉しかったかも。


付け合わせに大根漬物も揃う。レンジで温める前提のコンビニ弁当に、漬物ってどうなん!?って疑問だが、もう慣れてしまった自分もいるわけで。


鶏唐揚げを食べてみると、やっぱりチキン南蛮さながらの美味しさ。

トマトケチャップも入ったタルタルソースの酸味が、甘辛な醤油味と絶妙に合っていて、ガツンと濃い味わいの鶏唐揚げを楽しめる。

鶏肉は、パサつきなくアッサリとした食感と旨味。

ジューシーな旨味はないが、タルタルソースと醤油だれの味付けがガツンとくるので、鶏肉の主張はこれくらいがちょうどいい。


熟成した調味液で煮たという鶏そぼろと、こだわり卵の「ななたま」を使った玉子そぼろ。ご飯にも味付けがされているから、これだけで食べてもいいくらいかも。


鶏そぼろは、細かく刻んだ玉葱の甘みと醤油の旨味が良く利いている。

ご飯の醤油ベースの味付けで少し甘みがあり、同じ醤油系の味である鶏そぼろとも相性は良い。

ダブルで醤油テイストの甘みがついてくるから、ご飯はオカズで、オカズはご飯っていうような感じやね。


玉子そぼろもけっこう甘い味付け。砂糖入りの甘い玉子焼きといったイメージかな。

ふわふわな柔らかい食感で、優しい玉子の味わいが口の中で穏やかに広がってくる。

鶏そぼろと玉子そぼろを合わせて食べてもバッチリだし、ガッツリとした味の濃いご飯をいただけるってわけ。


ただ、底上げした器が相変わらず・・・ってね。

パッと見はもの凄くボリュームあるように感じるんだけど、実際食べてみるとご飯の量はそれほど多くはないんだよね。

商品名に「まんぷく!」と掲げるにはどうかと思うよ!?鶏唐揚げはヨシとしても、ご飯はもっと欲しいかなぁ。

タルタルソースたっぷりの甘辛な鶏唐揚げ、鶏そぼろと玉子そぼろの味飯は、どちらも濃い味付けだから、ガッツリ感のあるお弁当にはなっているんだけど、よく食べる男性なんかだと「まんぷく!?笑わせるぜ!」ってなるのは必至だろう。

価格も550円(税込594円)で、コンビニ弁当としては高価だから、個人的には生半可なクオリティではいけないと考えている。

これはもうホットモットなどのお弁当専門店と競合してくるわけで、サッと買えてすぐ食べられるコンビニの利便性以外に、敢えてこのお弁当を選ぶ必要もないのかなと・・・。

Advertisement

おすすめ指数

★★★☆☆☆☆☆☆☆(星3)
※星3=基準点(及第点)

まんぷく!甘辛タルタルチキン&鶏そぼろ弁当
購入先:セブンイレブン
発売日:2019年9月17日
価格:550円(税込594円)
熱量:1027kcal
糖質:134.2g
食塩相当量:8.6g

商品の特徴
・甘辛チキン、鶏と玉子のそぼろ味飯のどちらもガッツリとした濃い味付け
・「まんぷく!」という商品名にしては、ボリューム少なく、器の底上げにガッカリ
・ワンコインを超えてくる値段なら、もっとインパクトのある質感と内容がほしい

お弁当カテゴリの最新記事