セブンイレブンの『炊出しWガラスープの醤油ラーメン』を食べてみたらうますぎてビックリした話

セブンイレブンの『炊出しWガラスープの醤油ラーメン』を食べてみたらうますぎてビックリした話

スポンサーリンク

 

今回は、セブンイレブンから新登場した『炊出しWガラスープの醤油ラーメン』を実食レビュー。この商品は2019年2月12日に新発売したチルド麺だ。

炊出しWガラスープの醤油ラーメン
価格:480円(税込518円)
発売日:2019年2月12日
※店舗により、取り扱いがない場合あり。

セブンイレブンの公式サイトによれば、「香り豊かな鶏と豚ガラスープの醤油ラーメン」とのことだが・・・

豚ガラって、豚骨ってことだよね。鶏ガラを利かせた豚骨醤油or醤油豚骨とは違うものなのか!?

豚骨醤油は、豚骨をゼラチン質が溶け込むまで煮込んで醤油を合わせていくもの。醤油豚骨は、豚骨を醤油で炊き込み、味が染みこんだ豚骨を取り出す。そしてこの豚骨を炊き込んでスープをつくっていくもの。

これからすると、今回のスープは「炊出し」の“”と“豚ガラ”となっているので、後者の醤油豚骨ということになるのかね。

とにかくだ、うまけりゃオールオッケーなので、さっそく食べてみよう。

スポンサーリンク

セブンイレブンのコンビニラーメン『炊出しWガラスープの醤油ラーメン』を食べてみた

昨今のコンビニラーメンは、電子レンジで簡単に調理が可能。すぐに熱々のラーメンを食べることができて、お手軽でとてもいいよね。

レンジ加熱目安の時間が記載してある。わが家のレンジに1500Wがないので500Wで6分間温める。今どきいないかもしれないが、もしレンジが家にないよって場合はコンビニで温めてもらおう。そしてイートインコーナーがあれば、その場で食べちゃってもいいわけだしね。

レンジから取り出したらフタをあけ、特製スパイスをふりかけて仕上げる。このスパイス、けっこう強い利き具合だった。ドバっと一気にいかずに、お好みで調整しながら食べていくのがいいかも。

アッサリしてそうなスープの色味と醤油の香り立ちからしてみても、オーソドックスな醤油ラーメンといった仕上がり。その香りからは鶏ガラ醤油ラーメンっぽさは感じるものの、豚ガラのイメージは沸いてはこない。大振りのチャーシューが2枚入っているし、ボリューム多めの具材は嬉しいが、果たして鶏と豚ガラのWスープの味わいはどうなっているのか!?

スポンサーリンク

さっそく食べてみたが、この醤油ラーメン・・・

 

うますぎぃ!!!

むちゃくちゃ醤油のコクがすごい。厚みのある醤油の旨みが激しく襲い掛かってくるのだ。そして、鶏ガラの鶏の旨みとしょっぱさ、豚ガラのコクある旨みが、醤油の旨みの中にしみじみと浸透しており、深みのある醤油味をつくり出している。そして、スパイスの刺激がキレのある後味を演出してくるのだ。

鶏ガラや豚ガラから出た旨みを感じるが、あくまでも醤油のコクを後押しすることに徹していて、前に出すぎない抜群な利き具合。強めの醤油スープだが決して尖りすぎることはなく、適度にある油脂がまろやかな口当たりを生み、親しみやすい味わいのスープになっている。

そして、この麺がまたすごいのだ。

もうね

ちゅるんちゅるん

シコシコ

ってな感じ。

 

いや、擬音ばっかりで申し訳ないんだけれどね。コンビニのラーメンもついにここまできたのかぁって感激してしまうくらいなのだ。

中太で縮れのある麺で、ツルっとした滑らかさが何より素晴らしい。柔らかめの弾力ではあるけれど、コシが足りないってことは感じない。もちっとした食感とプチっとした歯切れの良さが、麺をすすっていてとても気持ちがいい。スープとも相性良く絡んでいて、醤油ラーメンのお手本のような麺だ。誰もが想像する、うまい醤油ラーメンのイメージにバッチリとハマるのではないだろうか。

具材もボリュームがあっていい。大振りのチャーシューを筆頭に、大きめのメンマ、ネギ、もやしの野菜がたっぷり、コリコリのキクラゲといった内容で申し分ない。チャーシューが大盤振る舞いの2枚ってのがすごいね。これはテンションあがるわぁ。

脂身はあるけれど、とろとろ食感というよりは、しっとりとした肉の弾力が楽しめる食感のチャーシュー。豚肉の甘みに、醤油スープの味が染みこんでいて、思わずニヤっと笑みがこぼれるくらいにうまい。ワンコイン程度のラーメンに、この本格的なチャーシューを2枚もつけてくれるのって粋な計らいだよね。このチャーシューがあるだけで、ワクワク感が押し寄せてきてたまらない。

 

おすすめ度は?(ふつう=星3)
★★★★★★★★★☆(星9)

セブンイレブンの『炊出しWガラスープの醤油ラーメン』、ハッキリ言ってうますぎた。野菜の具材をもう少し足し加えてボリュームを出したら、もうラーメン店のラーメンのレベル。それくらい違和感のない本物の醤油ラーメンになっている。

鶏ガラと豚ガラを合わせた炊き出しのWスープということで、生粋の醤油豚骨味を想像していたが、ガツンとした豚骨感や鶏ガラの旨みではなく、鶏や豚の旨みはあくまでも醤油のコクを惹きたてる立役者といったところ。その鶏や豚ガラから抽出された旨みの利きが抜群なので、こんなにも味わい深い醤油味になっているのは間違いない。

この醤油ラーメン、食べてみるとコンビニラーメンに対しての概念が大きく変わるだろう。ヘタなラーメン屋で800円とか出して後悔しちゃうことって多々あるんだけれど、ワンコイン(税込み518円)でこれだけうまいラーメンを食べられれば、絶対こっちのほうが満足できるし、もはや言うことはないんじゃないかな。

そば・うどん・中華麺カテゴリの最新記事