セブンイレブン『東海限定!高山風中華そば』アニメ映画「君の名は。」で一躍有名になった高山ラーメン!岐阜のご当地麺を気軽に食べられるって幸せだ

岐阜のご当地麺である「高山ラーメン」。

「高山ラーメン」は主に岐阜県高山市で食べられているんだけど、アニメ映画の「君の名は。」で主人公が食べていたことから、一躍有名になった鶏ガラベースの醤油ラーメンだ。

高山までなかなか行けないけれど、「それでも食べたい!」って方には、セブンイレブンの高山ラーメンをイメージしたコンビニ麺がオススメ。

 

そのセブンが作る高山ラーメンだが、『東海限定!高山風チャーシュー中華そば』から『東海限定!高山風中華そば』に商品名を変更し、2019年11月27日にリニューアルしての新発売となったのだ。

商品名から「チャーシュー」が抜け、文字通りにチャーシューの枚数が減ると同時に、価格も460円(税込496円)だったのが398円(税込429円)に値下げされた。


岐阜県高山市のご当地ラーメン、高山ラーメンをイメージした中華そば。鶏ガラ、豚ガラを煮込んだガラスープにたまり醤油を加えた、コクと旨味のあるスープと、しっかりとしたコシのある熟成ちぢれ麺を組み合わせたとのこと。(1食あたり352kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

セブンイレブン『東海限定!高山風中華そば』を食べてみた


別添の特製スパイス(胡椒)はお好みで加えればオッケー。

ただ、全部入れると胡椒感が強すぎな気がしたから、様子をみながら付け加えていったほうがいいかも。


電子レンジで温めた状態がこちら。


2段式の器になっていて、上のトレーの出っ張り部分を引っ張ると、トレーが斜めになって麺や具材がスープに盛り付けられる仕組み。


醤油スープの色味が、いかにも中華そばって感じ。黄色みのあるちぢれ麺に、トッピングされた「チャーシュー、ネギ、メンマ」が彩りよく盛り付けられた、基本に沿ったオースドックな仕立てだ。

醤油の甘みを纏った良い香りがブワッと辺り一面に広がってきて、もうすでにお腹は臨戦態勢でスタンバイ状態に。


▲こちらはリニューアル前のチャーシュー。大振りのチャーシューが5枚も入っており、これぞチャーシュー麺っていうボリュームだった。

▼そして、リニューアル後は5枚から2枚へとスケールダウン。チャーシュー好きには残念だけど、その分値段も下がったのでヨシとしたいところ。

丸切りであることと、大きさや厚みも変わっていないようで、単純にチャーシューの枚数を少なくしただけの模様。


▲リニューアル前は、メンマ、刻み葱もたっぷりと盛り付けられ、中華蕎麦っぽさが演出されていた。

▼こちらはリニューアル後の、メンマと刻み葱。

刻み葱こそボリュームは変わらないようだが、明らかにメンマはサイズダウンした気がする。

素朴な味わいの中華そばにとって、メンマはけっこう重要な役割を担っているだけに、これは残念で仕方がない。


中太でちぢれのある麺は、つるつるシコシコって感じで、ちゅるっとした滑らかさがある。

やや柔らかめの弾力で程よいコシがあり、噛めばもちもちっとした食感がすごくいいね!

ちぢれがあることで、巻き取るように醤油スープの味わいを掴んでくるし、小麦の風味もしっかりついてくる。

もちろん、麺とスープの相性はバッチリで、これぞ中華そばっていう麺の美味しさだ。

鶏ガラや豚ガラを煮込み、たまり醤油を加えたという醤油スープ。

見た目は味が濃そうだけど、飲み口はとてもアッサリ。

まったりとした醤油のコクがあり、鶏ガラの旨みがしっかりと出ているね。

豚ガラはまろやかな甘みでしつこくなく、醤油と鶏ガラをそっと一押しするようにサポートしてくる絶妙な利き具合だ。

鶏ガラの塩気がやや強めかなぁってのはあるけど、嫌なしょっぱさではなく、アッサリした醤油のコクとバランスよくかみ合っている。

ラーメンというより、まさに中華そば。

素朴ながらも、しっかりと鶏ガラと醤油の旨みを惹きだした仕上がりだ。

 

麺とスープの美味しさもさることながら、チャーシューもかなり味わい深い。

程よく脂がのっているが、意外にあっさりとした肉感で、しっかりと豚肉の甘味と醤油味が組み合っているので美味しくいただける。

醤油のコクとまろやかな甘みがたっぷりと染み込んでいるから、旨味と香ばしさがハンパないのだ。

リニューアルで5枚から2枚になってしまったが、チャーシュー好きも納得のデキだろうし、やっぱりチャーシューって中華蕎麦やラーメンの花形なんだなって、改めて思い知らされたわけで。


リニューアルしても変わらぬ美味しさで、しっかりと醤油と鶏ガラの旨みが染みている味わいだった。

素朴な味わいながらも、鶏ガラの利いた醤油スープは深い旨みを魅せており、ちゅるちゅるな中華麺と絡めば、的を外すことのない王道的な中華そばを楽しめる。

その美味しさもさることながら、岐阜のご当地麺の味を気軽にコンビニ麺で楽しめるっていうのが大きな魅力。

398円(税込429円)という安価なこともあり、ヘタなラーメン店で、700円とか支払って中華そばを食べるくらいなら、この『東海限定!高山風中華そば』を買って食べたほうが幸せってもんだろう。

東海エリアの限定販売っていうのが残念だけれど、ぜひ全国の方に知ってほしい味だし、全国販売してほしいと強く願う逸品だ。

もし、名古屋などに立ち寄る機会があったら、他の地域の方もぜひ味わってみてほしいかな。

食べてみた感想

★★★★★★★★☆☆(星8)
※星3=基準点(及第点)

東海限定!高山風中華そば
発売日:2019年11月27日(リニューアル販売)
価格:398円(税込429円)
熱量:352kcal
糖質:54.4g
食塩相当量:6.8g

商品の特徴
・岐阜県高山市のご当地ラーメンをイメージした中華そば
・鶏ガラ、豚ガラを活かしたコクと旨味のあるスープ
・しっかりとしたコシのある熟成ちぢれ麺

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

こちらの冷やし高山ラーメンもおすすめ!

とりぷるセブン

  岐阜県高山市のご当地麺である「高山ラーメン」。 大ヒットで話題となった、アニメ映画の「君の名は。」で主人公が食べてい…

最新情報をチェックしよう!

そば・うどん・中華麺の最新記事8件