セブンイレブン『札幌すみれ監修濃厚みそラーメン』美味しさと価格は変わらずだけどチャーシュー抜きになった・・・

美食の地と呼ばれる北海道には様々なグルメが存在するが、 札幌グルメと聞けば「札幌味噌ラーメン」を真っ先に思い浮かべる方も多いはず。

やっぱり札幌を訪れたからには「札幌味噌ラーメン」を食べたくなってくるものだけど、美味しそうなラーメン店が山ほどあるので目移りしてしまう。

北海道出身の知人や道内の方に「どこがおすすめなのか」聞いてみれば、必ず挙がってくるのが「すみれ」と「純連」。

どちらも札幌を代表する超有名ラーメン店であり、セブンを含むコンビニのカップ麺などでも「すみれ」や「純連」の商品を見かけることから、ご存知の方もいるだろう。

「すみれ」も「純連」も食べたことがあって、どちらも凄く美味しいんだけど、札幌周辺以外の地域の方だとなかなか食べにはいけないってことがネックだよね・・・。

 

有名ラーメン店の札幌味噌ラーメンを気軽に食べたい!

 

そんなアナタの些細な願望を叶えてくれるのが、セブンイレブンの『札幌すみれ監修濃厚みそラーメン』(税込540円)だ。

2019年8月に発売開始をし、今年も新たにリニューアルして新登場。

「セブンイレブン」と「すみれ」とのコラボ商品は色々あるけど、どれも安定のクオリティで間違いのない旨さ。

今回の味噌ラーメンも美味しく仕上がっているはずで、食べるのが楽しみだ。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

札幌すみれ監修濃厚みそラーメン(税込540円)

別添のS&B製「一味」はお好みで。

濃厚味噌スープがピリリとした辛味で引き締まった味になるので、「一味」をぜひ投入してみてほしい。

レンジで温めた後がこちら。

2段式の器になっていて、上のトレーを引っ張れば、具材と麺がスープに盛り付けられる仕組み。

濃厚味噌スープは変わらぬ旨さ

油脂がたっぷりと浮いて、見た目通りのコッテリ濃厚な味噌スープ。

塩気のある赤味噌と、まったりとした白味噌の味わいがシンクロし、コク深くもキレのある味わいを魅せる。

油脂感はあるけど、ギトギトした様子もなく、意外に口当たりもマイルドでスムーズな飲み口だ。

味噌のキレあるしょっぱさとコッテリ感のなかに、甘みのあるコクを感じさせる味わいは、「すみれ」を語るにふさわしい仕上がり。

ハッキリ言って美味しすぎるっ!

ヘタなラーメン店は裸足で逃げ出すほど完成つくされた味噌スープ。

いったいこの味わいに勝てるラーメン店がどれだけあるというのか。

つるつるシコシコな麺も健在

麺は黄色みのある中太縮れ麺。

つるつるシコシコっとした啜り心地と、噛めばもっちり食感で、濃厚味噌スープをガッチリ掴む。

これだけ強い味噌味でも、麺の小麦風味と甘みが惹き立っているのが素晴らしい。

ほんのりニンニクが香る濃厚味噌スープが麺にしっかりと絡み、ワシワシと豪快に食べ進められて最高にうまい!

さすが札幌味噌ラーメンの雄「すみれ」が監修しただけのある、麺とスープのバランスの良さ。

具材をチェックしたところ、驚愕の事実が!

具材は「豚ひき肉炒め、玉葱炒め、もやし、メンマ、葱」といった、味噌ラーメンではオーソドックスな内容。

甘辛く味付けされた「豚ひき肉炒め」。

コク深いキレのある味噌スープの味が染みこむことで、より旨みを増してくる。

玉葱炒め、もやしにも味噌味がよく染みていて、クタクタっとした食感と旨みがいい。

とくに塩気のある味噌味に相反するかのように、玉ねぎの甘みが際立っている。

 

 

 

 

・・・ここまで食べてきたのだが、肝心のアレが入っていないことに気づく。

そう、それは

 

リニューアル前に入っていたチャーシューがないのだ!

しかも値段はそのままだから、実質的な値上げ!

 

もしかして勘違い!?ってこともあるかと思いつつ、過去記事で撮った写真を見てみると・・・

たしかに器の左上にチャーシューの姿がっ!

上も下もリニューアル前の写真だけど、チャーシューがしっかり盛り付けられているし、しっかり食べているわけで。

チャーシューがなくなった代わりに、豚ひき肉炒めが多少増えたような気がしないでもない。

だけど、チャーシュー無しを凌駕するインパクトは皆無。

たとえ、他の具材が少しばかり増えようとも、やっぱり花形具材のチャーシューをなくした代償はとても大きいのだ。

変わらず美味しいけど改悪リニューアル

すみれ監修の味噌ラーメンはとっても人気がある商品のようだが、今回のリニューアルでチャーシュー抜きになってしまった。

それで値段は据え置きなのは納得いかないし、もうこれは改悪リニューアル以外の何物でもないだろう。

セブンイレブンはリニューアルで売れる商品の量を減らしてくる

というコメントが、たまにSNSなどのネット上で飛び交うことがあるが、まさにそれが実行された気がしてならない。

値段は同じなのでステルス値上げとまではいかないけれど、セブンの洗礼を受けたって感じやね。

こりゃすごい味噌ラーメンを登場させてきたものだって感動した一品で、今回も間違いがない美味しさだっただけに、改悪の事実は残念で仕方ない。

う~ん、これはちょっとした事件だぞ!?

商品概要

商品名札幌すみれ監修濃厚みそラーメン
価格500円(税込540円)
販売開始日2020年08月18日(リニューアル)
販売地域全国
栄養成分熱量:600kcal、たんぱく質:24.1g、脂質:27.8g、炭水化物:66.6g(糖質:60.3g、食物繊維:6.3g)、食塩相当量:7.7g

すみれ×セブンのコラボ商品、まだまだあるよ

あわせて読みたい

今回紹介するのは、セブンプレミアムの冷凍食品『すみれチャーハン』(税込267円)。札幌を代表する超有名ラーメン店「すみれ」と「セブンプレミアム」のコラボ商品だ。SNSなどのネット上でも“クオリティが高くてうまい!”と[…]

あわせて読みたい

セブンイレブンから、札幌の有名ラーメン店「すみれ」監修による『札幌すみれ監修 特製チャーハンおむすび』(税込151円)が新発売。「すみれ」の人気メニューであるチャーハンを再現し、ワンハンドでも食べやすいおにぎりにした商品だ。[…]

最新情報をチェックしよう!