セブンイレブン『手巻おにぎり 僕たちの炭火焼牛カルビ』たっぷりの牛カルビ肉が嬉しい!人気の炭火焼牛カルビ弁当をワンハンドで楽しめるおにぎり!

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

何やら男心をくすぐる手巻おにぎりが、セブンイレブンから新登場。

定番のロングセラーである「牛カルビ弁当」の味を、より手軽にワンハンドで楽しめる『手巻おにぎり 僕たちの炭火焼牛カルビ』というヤツだ。価格は130円(税込140円)。

炭火焼牛カルビ弁当を、片手でも手軽にいただける手巻おにぎりにしました。野菜とフルーツのうま味を加えたタレで味付けて、食べ進みよく仕立てました。(1食あたり216kcal)

引用元:https://www.sej.co.jp

1989年の販売以来、30年以上にも渡って大好評の「牛カルビ弁当」。

一時期はリニューアル毎のステルス値上げ(ボリュームをダウンしつつ値上げする)が酷いとネットを中心に騒がれたりもしたが、現行品の「大盛りご飯!俺たちの炭火焼牛カルビ弁当」(460円)は、より香ばしい風味豊かな牛カルビ焼きと、食べ応えのあるボリュームを実現。

汚名返上とばかりに、好リニューアルになったんだけど、それだけに今回の「牛カルビおにぎり」にも期待が持てる。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブンの『手巻おにぎり 僕たちの炭火焼牛カルビ』を食べてみた


パリパリ食感で風味の良い海苔に包まれたおにぎり。お米にも塩が振ってあり、しっかりと牛カルビの味を惹き出してくれる。


思ったよりも牛カルビ肉がたくさん詰まっていて嬉しい。いい意味で期待を裏切られたね。

牛カルビ肉は胡麻入りになっていて、味付けは醤油だれで香ばしく。

まわりのご飯にも染み込んでいるほどの、たっぷりな醤油だれ。

この一気に食欲を爆発させる香りがたまらなく、これはもう魔性の風味とでも言うべきか。


醤油だれの甘濃い味わいと牛肉の旨味が、塩味の利いたご飯に包まれ、これが至福のうまさ。

醤油だれは、野菜や果実の甘味もよく出ており、炭火で焼いた香ばしさと抜群にマッチング。

お弁当の牛カルビほど肉のジューシーさはないけれど、おにぎりとして味わうのならベストな牛カルビの仕立て。


それでも、じゅわっとした脂のうまさが欲しいのなら、レンジで温めてみるのもヨシ。

冷蔵や常温だと、脂身が固まりがちだし、温めたほうがお肉の食感も柔らかくなることだろう。

もちろん、温めなくても牛肉の香ばしさと旨味は充分味わえたし、これからもリピートして食べたいなぁって思える「牛カルビおにぎり」になっていたね。

総評:

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

少々お高い130円(税込140円)だけど、牛肉のボリュームは満足できるし、コンビニのおにぎりとしてなら妥当な価格かな。

牛カルビ弁当もそうだけど、男性ウケが良さそうなイメージがあり、ガッツリ派に好評を得られる商品ってとこやね。

ただ、セブンのことなので、あまりに売れすぎてしまうと、リニューアルで中具の量を減らしてくるのもあり得る。

それで値段据え置き、または値上げでもされたら・・・。

この牛カルビの質量だから、テンション上げで美味しくいただけるわけなので、今後リニューアルをするのであれば、過去の牛カルビ弁当のように「ステルス値上げ」と言われないようにお願いしたいかな。

最新情報をチェックしよう!