セブンイレブン『スモークサーモン&クリームチーズ』たっぷりなスモークサーモンで食べ応えアリ!スープやサラダと一緒に贅沢なランチのひとときを

セブンイレブン『スモークサーモン&クリームチーズ』たっぷりなスモークサーモンで食べ応えアリ!スープやサラダと一緒に贅沢なランチのひとときを

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『スモークサーモン&クリームチーズ』を紹介していくよ!2019年10月15日に新発売した商品で、価格は328円(税込354円)。

「スモークサーモン、クリームチーズ、グリーンカール、キャベツ、玉ねぎ」をセミハードロールパンでサンド。直火で燻製にし、芳醇な香りに仕上げたスモークサーモンを1枚1枚丁寧に盛り付けたとのこと。(1食あたり244kcal)

新発売とはなってはいるが、以前から人気のある商品で、度々リニューアルを施し登場してくるようだ。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『スモークサーモン&クリームチーズ』を食べてみた


脂ののったスモークサーモンがはみ出し、その存在感をアピールしてくる。

正確に言えば、サーモントラウト(養殖した鱒)なので生粋のサーモンではないが、これは食品や飲食業界ではよくあること。

限り無くサーモン(鮭)に近い食感と味だし、品質も安定しているので、今ではサーモントラウト(鱒)は身近に定着し、サーモンのひとつとして扱われているわけで。


「スモークサーモン、クリームチーズ、キャベツ、玉葱、グリーンカール」の具材をサンドしたロールパン。

クリームチーズはハッキリ言って少なく、全体の半分ほどにしか塗られていない。

商品名にもクリームチーズを冠しているのに、このボリュームの無さは如何なものか。

セブンの商品は人気が出ると、あからさまに何かの量を減らしてくることがあるけれど、これもその一環なのだろう。

こういうのを目の当たりにすると、気分が萎えてしまうからやめてほしい。


食べてみると、パン生地は思ったよりソフトな食感で、ふんわりとしっとりしている。セミハードのパンといったところで、柔らかいながらももっちりとした歯ごたえがあるね。

スモークサーモンは端から端までたっぷり。充分な量、厚みがあって食べ応えは申し分ない。ちょっと魚介感のある香りはあるが、生臭くないし気にならない程度。

ほんのりとした塩気のあるサーモンで、一枚一枚の程よく脂ののった旨みを味わえるのだ。


クリームチーズは、ミルキーな乳製品の優しい甘味とコクがある味わい。

旨味のあるスモークサーモンの塩気と、このクリームチーズのバランスが抜群で、ケーパー酢漬け入りのマスタードや酢漬けキャベツのサッパリ感がさらに旨味を惹き上げてくる。

グリーンカール、キャベツ、玉ねぎの野菜のシャキシャキ感もついてきて、コールスローのような少し酸味のあるアクセントを楽しめるのだ。


色鮮やかなスモークサーモンが食欲を誘う、そんなセミハードロールパン。

肝心のクリームチーズは少ないけれど、具材がしっかり詰まっているので、見た目以上に食べ応えがある。

脂ののったスモークサーモンとクリームチーズの組み合わせは、コッテリ感が強いかなって思っていたけど、酢漬けケーパーや酢漬けキャベツで意外にサッパリとした味わいに。

パンとしてはボリュームはあるけど、男性だとこれだけでは足りないだろうから、スープやサラダ、パスタなどと合わせてみて、ちょっと贅沢なランチを楽しんでみるのも良さそう。

あとは、クリームチーズをもっと増やしてくれれば、もう言うことないって逸品やね。

Advertisement

おすすめ指数

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

スモークサーモン&クリームチーズ
発売日:2019年10月15日
価格:328円(税込354円)
熱量:244kcal
糖質:22.3g

商品の特徴
・「スモークサーモン、クリームチーズ、グリーンカール、キャベツ、玉ねぎ」をサンドしたセミハードロールパン
・脂ののったスモークサーモンがたっぷりなボリューム感
・ミルキーな甘みとコクのあるクリームチーズ

気になるところ
・クリームチーズがパン生地の半分しか塗られていない

サンドイッチカテゴリの最新記事