セブンイレブン『もち麦もっちり!塩こんぶ枝豆おむすび』昆布と鰹の和風だしを活かした味わい!日本人の誰しもが好む和風テイスト満載のおにぎり!

2020年1月21日に新発売した、セブンイレブンの『もち麦もっちり!塩こんぶ枝豆おむすび』を食べてみることに。価格は115円(税込124円)。

昆布とかつお節から丁寧に取っただしを使い、風味のよいもち麦ご飯に仕上げたおむすび。ミネラル豊富な塩昆布、彩りのよい枝豆、コク深い香りのごま油を混ぜ込んだ、食べ進みのよい仕立てとのこと。(1食あたり160kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブン『もち麦もっちり!塩こんぶ枝豆おむすび』を食べてみた


「カラダへの想いこの手から」対象商品。

このおにぎりを食べるだけでレタス約1個分の食物繊維を摂取できるとのこと。

食物繊維ってなかなか意識して摂れないので、こういった商品で補うことができるのは素直に嬉しい。


ミネラル豊富な塩昆布、彩りの良い枝豆、コク深い香りのごま油を混ぜ込んだ、もち麦のおにぎり。

粒が大きく鮮やかな緑の枝豆が目を惹くビジュアルだ。

もち麦のせいなのか、従来のおにぎりよりも一段とふっくらした握り具合。

ふつうの白米よりもポロポロッと崩れて食べにくいけれど、うるち米やもち麦の間に空気をいい感じで含んでいるから、卓越されたふんわり食感を楽しめるわけなのである。


2つに割ってみると、中にも塩昆布と枝豆が混ぜ込まれているのがわかる。

塩昆布の塩気は穏やかながら、昆布と鰹節のダシがたっぷりと染み込みこんだ、日本人好みの味付けがニクイ。

醤油の風味もやんわりと利いていて、和風テイストなおにぎりに仕上がっている。


もち麦のプチプチとした食感が心地よく、塩昆布のしつこくない塩気がちょどいい塩梅で、枝豆のジューシー且つスッキリとした旨みもある。

この枝豆の茹で加減がちょうどよく、コリッと弾力がありつつも、しっとりとした柔らかい食感を楽しめる。

プチプチなもち麦、磯風味の塩昆布、食感の良い枝豆を組み合せ、和風だしをしっかり利かせた旨味のあるおにぎりになっているね。

おすすめ指数

★★★★★★☆☆☆☆(星6)
※星3=基準点(及第点)

昆布と鰹の和風だしで旨みを出し、素朴ながらも日本人の誰しもが好む味付けのおにぎり。

ご飯のうるち米やもち麦、枝豆、塩昆布の様々な食感を一度に楽しめるのが大きなポイントだ。

肉系具材のような派手さはないが、じっくりと和風だしの染みたご飯の旨みを味わえ、塩昆布や枝豆はたっぷりで食べたあとの満足度は高め。

もち麦を使用し、レタス1個分の食物繊維が摂れることから、健康的でヘルシーな一面もアリ。

115円(税抜)という価格も買い求めやすく、純和風な味付けを求めるなら打って付けのおにぎりといったところやね。

最新情報をチェックしよう!

おにぎりの最新記事8件