セブンイレブン『ソーセージIN熟成フランス』を食べてはみたけど・・・あまりコスパは良くなくてオススメはできない(好きな人はごめんやでっ!)

セブンイレブン『ソーセージIN熟成フランス』を食べてはみたけど・・・あまりコスパは良くなくてオススメはできない(好きな人はごめんやでっ!)

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『ソーセージIN熟成フランス』を実食レビュー!2019年6月25日に新発売となっているが、以前から販売しているし、どうやらリニューアル商品ってことらしい。価格は168円(税込181円)。

熟成したフランスパン生地でソーセージを包んで焼き上げ、ブラックペッパー入りの粒マスタードで味と食感にアクセントをつけた惣菜パンとのこと。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『ソーセージIN熟成フランス』を食べてみた

長いソーセージ入りの惣菜パン。焼き上げたパン生地の香ばしさがいい。

フランスパンはその硬さが大きな特徴である。表面の皮は煎餅のようにパリパリッと、中身はそれに比べて柔らかめ。焼き上げた香ばしさもさることながら、独特の食感を楽しめるパンなのだ。

商品名に「熟成フランス」と謳っているので、どんなものかとひと口かじってみれば・・・う~ん!?それほどフランスパンって感じはしないかなぁ。

焼き上げた香ばしさがあり、パン生地の外がパリッとした食感はいい。中はやや硬めの弾力で、しっかりとした嚙みごたえと旨みのあるパン生地だ。

・・・なのだが、ちょっと歯ごたえのあるふつうのパン生地といったイメージが強く、フランスパンというには物足りない。ちょっぴり焦がし感のあるパン生地の香りはものすごくいいんだけどね。

 


パンに合わせて長いソーセージが入っている。チョリソーみたいな感じやね。


それにしても中身がスカスカやなぁ。ソーセージが細いから余計に寂しく感じるよね。


断面に切ってみると、こんな感じ。ますます細いソーセージとスカスカ感が・・・。

 

粒マスタードをパン生地の内側に塗ってはいるものの、それは部分的にあるだけ。

できるだけたくさん塗ってある箇所を写真に収めたんだけど、これはまだマシなほう。まばらに塗ってあるならまだしも、粒マスタードが壊滅的にない箇所だってある。

ソーセージは可もなく不可もなくといった味と食感で、よくある総菜パンのクオリティと同じようなもの。個人的にはシキシマのソーセージのほうが好きかなぁ。


出典:www.pasconet.co.jp

 

フランスパンという概念を外せば、パン生地の香ばしさと嚙みごたえのある食感を楽しめるし、迫力不足だけどソーセージもそこそこジューシィーで美味しいと言えるかな。

ただ、マスタードの存在感は希薄で、ところどころブラックペッパーのスパイス感とマスタードの刺激がやってくるだけで物足りなさはあるけどね。

食べてみた感想

★★☆☆☆☆☆☆☆☆(星2)
※星3=基準点(及第点)

正直、価格の168円(税込181円)に見合った価値はないかなと感じた。フランスパンといったイメージも沸いてこないし、なにより中のスカスカな感じを見てしまうと、どうにもテンションが上がってこない。

価格が価格だけに、もっとインパクトがあるといいよね。このスカスカな空間を埋めるくらいとは言わないけれど、もっと分厚さのあるソーセージを入れてほしかったかなぁ。それだったらもっと値段を上げてもらっても構わない。

ソーセージを食べることに関してなら、先ほど出たシキシマの「あらびきソーセージ」のほうが価格的にもお得かも。パン生地は今回の『ソーセージIN熟成フランス』のほうが香ばしさがあるし断然美味しい。そこに価値を見出せるのであればいいのかなってところやね。

リニューアル前のものはもっとクオリティが高かったのかどうなのか!?劣化してしまっているのだとしたら悲しいなぁ・・・。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

パン・ハンバーガーカテゴリの最新記事