セブンイレブン『ソースカツ御飯』コクがありながらもさっぱりとした味わいのソースカツで万人向けの美味しさ

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブンの『ソースカツ御飯』を食べてみることに。価格は370円(税込399円)。

ソースを絡めた豚ロースカツを盛り付けた、ボリューム感のあるお弁当。ソースは、蜂蜜、砂糖、野菜の甘味を活かした、コクがありながらもさっぱりとした味わいとのこと。(1食あたり597kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブンの『ソースカツ御飯』を食べてみた


白いご飯を覆い隠すように、豚ロースカツが横一線にトッピングされたお弁当。ソースの照りがとっても美味しそうだ。


付け合わせのおかずは、「いんげん人参胡麻和え」。箸休めにちょうどいい。


器の端には「紅生姜」も揃う。ソース味のカツの良いアクセントになる。


豚ロースかつは、薄めの肉厚。

そのためか、じゅわっと溢れるようなジューシーさはないんだけど、肉感ある歯ごたえで、噛みしめると豚の甘味がしっかりと口の中に広がってくる。


ソースは、「蜂蜜、砂糖、野菜」の甘味を推し出した、濃厚なコクがある味わい。

旨味はしっかりと出ていながらも、まろやかな甘さなのでクドさはなく、見た目よりも後味はさっぱりしているかな。

パンチの利いたソース辛さを求めてしまうと、ちょっと物足りないかもしれないが、小さな子供から大人まで幅広い層に支持されそうな感じ。


ソースがご飯にも浸透していて、とっても食べ進みがいいのも嬉しい。

鰻のタレをご飯にかけていただくような、そんな至福の美味しさがここにある。

気になることは、小さいサイズのお弁当なので、これ一品だけだと食欲旺盛な方は物足りないだろうってこと。

そういった場合、付け合わせにサラダとかスープを買い求めれば、お腹も満足できそうやね。

単品だと少食の方や女性向けのお弁当ってところかな。

おすすめ度

★★★★★☆☆☆☆☆(星5)
※星3=基準点(及第点)

セブンイレブン
ソースカツ御飯
発売日:2020年4月21日
価格:370円(税込399円)
カロリー:1食あたり597kcal
糖質:99.7g
食塩相当量:3.7g

最新情報をチェックしよう!