セブンイレブン『冷製よだれ鶏』人を選ぶ味かなぁって感じだけど、ハマる人にはやみつきになってしまう美味しさ

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、気になるコンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブンの『冷製よだれ鶏』を食べてみることに。価格は278円(税込300円)。

塩麹や生姜などで漬け込んで、しっとりとジューシーに仕立てた、鶏ムネ肉を使った冷たいお惣菜。「花椒、山椒、八角」を加えた黒酢ベースの香り高いタレを上掛けたとのこと。(1食あたり199kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブンの『冷製よだれ鶏』を食べてみた


フタを開けるとこんな感じ。きっちりと密閉されていて、非常にフタが開けにくいので、勢い余って中身をぶちまけないようにご注意を。


大きめにカットされた鶏肉に、青々とした刻み葱と、黒酢で仕立てたタレがたっぷり。タレは、黒酢のまろやかな香りが効いた、辛さのなかにマイルドな酸味を感じる味わい。


鶏肉はムネ肉を使用し、塩麹や生姜などで漬け込み、しっとりとジューシーに仕上げている。

醤油やみりんをベースに、豆板醤、唐辛子、ラー油で辛味を出した、ちょうどいい辛さのタレがよく絡んで旨い。

さらに「花椒、山椒、八角」の豊かな風味とさりげないシビレが、その旨味を惹き立てているのだ。

タレの味が濃いめなので、さっぱりとした鶏むね肉の食感と甘味がめちゃくちゃ合うんだよね。


甘辛さと甘酸っぱさのバランスが良く、ご飯はもちろん、お酒のおつまみにもおすすめな味付け。

ただ、辛さやシビレはマイルドなので食べやすいが、黒酢の効きがちょっとクセがあるように感じる場合もあるかも!?

人を選ぶ味かなぁって感じだけど、ハマる人にはやみつきになってしまう美味しさなはず。

よだれ鶏は、四川料理のひとつなんだけど、本格的な中華の味わいを楽しめる逸品になっているんじゃないかな。

おすすめ度

★★★★★☆☆☆☆☆(星5)
※星3=基準点(及第点)

セブンイレブン
冷製よだれ鶏
発売日:2020年5月14日
価格:278円(税込300円)
カロリー:1食あたり199kcal
糖質:6.7g
食塩相当量:1.8g

最新情報をチェックしよう!

お惣菜の最新記事8件