セブンイレブン『小さなフリコ(ぽてと&ち~ず)』イタリア郷土料理のフリコ!小さなお子さんから大人まで好まれる美味しさ!

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブン『小さなフリコ(ぽてと&ち~ず)』を食べてみることに。価格は298円(税込321円)。

ブイヨンでボイルしてペースト状にしたポテトに、チーズをのせて焼いた小さいサイズのフリコ。チーズは、モッツァレラをベースに生クリームとパルメザン、チェダーチーズを加えて、糸を引く伸びるチーズに仕立てたとのこと。(1食あたり273kcal)

フリコとは、イタリアのフリウリ地方で食べられている、チーズを使用したおやきのような料理。いずれもチーズを使用するものの、大きく分けて、ジャガイモを使用するものと使用しないものの2つの種類があるのだとか。

ちなみに、このセブンの『小さなフリコ(ぽてと&ち~ず)』は、後者の“ジャガイモを使用するフリコ”になっている。

人によっては、あまり聞き慣れない料理かもしれないけど、イタリアンレストランの「サイゼリヤ」でも提供されているので、そちらも是非一度食べてみてほしい。

さて、さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブンの『小さなフリコ(ぽてと&ち~ず)』を食べてみた


フリコはイタリアの郷土料理ってことだが、今回のセブンが作るフリコは、要するにジャガイモのグラタンみたいなものだよね。


チーズはモッツァレラをベースに、生クリームとパルメザン、チェダーチーズを加えた仕立て。

びょ~んと伸びる粘り気がありながら、口に入れるととっても滑らかで、とろりと溶けていくような舌触りがとってもいい。


スプーンで掬ってみると、とろとろなチーズの下にホクホクなポテトが入っている。

パルメザンチーズの凝縮された旨味と、チェダーチーズの芳醇でシャープな風味を、モッツァレラがうまく包み込むように、クセが少なくコクがある味をつくり出す。

生クリームによって乳清感も加わり、クリーミーで旨味の強いチーズを堪能できるのである。


味そのものはとてもシンプルで分かりやすく、ジャガイモとチーズの旨味や風味がハッキリしている。

いわゆるグラタン的な美味しさで、焼き目が付いたチーズの香ばしさと、ホクホクなジャガイモの食感を贅沢に楽しめるってわけ。

チーズの塩気もちょうどいいから、ワインと一緒にいただきたいかなぁってね。

総評:

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

イタリアのフリウリ地方で食べられているフリコを、セブン流に仕立てた一品。

本場のフリコを食べたことはないので、再現率は分からないものの、チーズとジャガイモの美味しさをよく堪能できる仕上がりになっている。

ポテトとチーズの間違えがない組み合わせなので、小さなお子さんから大人まで好まれる美味しさだろう。

一般的なコンビニのグラタンより小さなサイズなので、パンなどと合わせて食べるのが前提になりそうかな。

チーズ入りの食べ物を選びたい気分だけど、そこまでの量はいらないかなぁってときにぴったりやね。

最新情報をチェックしよう!

グラタン・ドリアの最新記事8件