セブンイレブン『ペヤングそばめしおむすび』セブンのペヤングおにぎり!これぞ食べ慣れ親しんだ「ペヤングソースやきそば」の味でペヤングファンも納得の仕上がり!

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今年2月に、群馬県、埼玉県一部で地域限定販売され、話題になった『ペヤングそばめしおむすび』。

今回、ついに全国発売されることになったのだが、この朗報を多くのペヤングファンが待ちに望んだことだろう。

この『ペヤングそばめしおむすび』(税込129円)は、お馴染の「ペヤングソースやきそば」の味を再現したおにぎりで、セブンイレブンとまるか食品が共同開発した商品。

「ペヤングソースやきそば」は、スパイシーなソースの味がクセになり、その何とも言えない中毒的な美味しさが人気である。

「日清の焼そばUFO」に次ぐカップ焼きそばの王様と言っても過言ではなく、UFOよりも絶対的にペヤングを支持する生粋のファンも多い。

さて、どのレベルまでペヤングおにぎりとしての味が仕上がっているのか、そこんとこがすごく気になるので、さっそく食べてみることに。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブン×ペヤングのコラボ商品『ペヤングそばめしおむすび』を食べてみた


「ペヤングソースやきそば」の雰囲気そのままなパッケージ。商品棚で異様なオーラを放っていたので、そこのアナタもついつい手に取ってしまうはず。


袋から取り出してみると、たしかにペヤングっぽいソースの香りがほんのりと。大きさはセブンの鮭おにぎりなどと同じくらいかな。


”そばめし”なので、ご飯に麺が混ぜ込まれており、よく見るとペヤングでお馴染のキャベツの姿も確認できる。

また、めちゃくちゃ小さくてよくわからないが、鶏挽肉と紅生姜も入っているとのことだ。


パクッと食べてみると、ソースの香りで口の中がいっぱいに。

ちょっと甘めのソース味に、紅生姜のアクセントが加わったコクのある旨味。

そのあとに、胡椒感溢れるスパイシーな刺激を楽しめて、これぞ食べ慣れ親しんだ「ペヤングソースやきそば」の味。

ただ、キャベツの食感は少しあるものの、鶏挽肉の存在はハッキリ言ってわからない・・・。

まあ、焼きそばではなく“おにぎり”なので、具材については仕方ないところかな。


ソースがご飯にしっかり染み込んで、炊き込みご飯みたい。

ご飯にラードも絡んでいるから、油脂のコクもあって、カップ焼きそばらしいジャンクな味わいになっているね。


本家の「ペヤングソースやきそば」と食べ比べてみても、その再現率は高すぎるくらい。

寧ろ、麺よりお米のほうがソース味がよく浸透しており、元々の「ペヤングソースやきそば」よりも味がガツンと濃く、ソースの旨味と甘味がよく出ているんじゃないかな。

ちょっと本家よりも味が強めだけれど、スパイシーでコクがあるソースの味は、「ペヤングソースやきそば」そのもの。

この味ならば、ペヤングファンも納得できる仕上がりのはずだ。

総評:

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

個人的には素の味よりも濃いめに感じたが、「ペヤングソースやきそば」の味をうまくイメージできているのは、さすがセブンクオリティってところやね。

味の決め手になるスパイシーなソース味の再現率が高く、「ペヤングソースやきそば」が好きな方にしっかりとオススメできる。

ぜび、この『ペヤングそばめしおむすび』と「ペヤングソースやきそば」を楽しみながら食べ比べてみては!?

日清焼そばUFOの焼きそばパンもおすすめ!

セブンと日清がコラボした、「日清焼そばUFO」をイメージした焼きそばパン!

あわせて読みたい

[template id="17591"] 今回は、セブンイレブンの『焼そばパン(日清焼そばUFOソース味)』を食べてみることに。価格は148円(税込159円)。「セブンイレブン」と「日清焼そばUFO」の初[…]

最新情報をチェックしよう!