セブンイレブン『プリン・ア・ラ・モード』カラメル、ババロア、ミルクムースの3層仕立てになったプリン・ア・ラ・モード

セブンイレブン『プリン・ア・ラ・モード』カラメル、ババロア、ミルクムースの3層仕立てになったプリン・ア・ラ・モード

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『プリン・ア・ラ・モード』を紹介していくよ!2019年9月17日に新発売したコンビニスイーツで、価格は278円(税込300円)。

ミルクムースとエグロワイヤル®仕立てのババロアに、「プリン、さくらんぼ、いちごソース、ホイップクリーム」をトッピングした、プリン・ア・ラ・モード。(1食あたり296kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『プリン・ア・ラ・モード』を食べてみた


「カラメル、ババロア、ミルクムース」の3層仕立てになったプリン・ア・ラ・モード。いちばん上には、「プリン、さくらんぼ、いちごソース、ホイップクリーム」が盛り付けられている。


卵の美味しさと風味にこだわったエグロワイヤルを使用している。洋菓子に抜群に合うと言われるエグロワイヤルだが、セブンのスイーツでもよく用いる手法だ。


小さめのプリン・ア・ラ・モード。食後のデザートにちょうどいいサイズやね。

だけど、税込300円はちょっとお高いイメージはあるかなぁ。


いちばん上にトッピングされたプリンは、プルンと柔らかく、玉子感のある甘さ。

カラメルも苦くはないので、子供が好きそうな甘いプリンってところやね。

少し上質な口当たりと食感を持ったグリコのプッチンプリンといったイメージかな。


最上部にはプリンの他に、いちごソースを加えたホイップクリームとサクランボを盛り付け。

いちごソースの甘酸っぱさが、クリーミーな甘みのホイップクリームを惹き立ててくれているね。

ホイップクリーム単体だと甘さ控えめだが、いちごソースの存在をよく使いこなしているんじゃないかな。


ミルクムースの中側には、スポンジが隠されている。

ほんのりとしたミルク感がある甘さが美味しいミルクムースだけど、プリンやババロアなどと一緒に食べると押され気味なので、もうちょっとミルキーな甘みを強調してもよかったかも。

スポンジは、カステラのような生地ではなく、蜂蜜らしき甘みが染み込んだジューシーさがある。

このスポンジは、ミルクムースの下にあるババロアの中にも忍ばせているんだよね。


さすがエグロワイヤルを使用しているだけあって、ババロアは玉子感が濃厚だ。

最下層にあるカラメルは、シロップ状ではなく、ゼラチンで柔らかめに固めたカラメルになっていて、ちょっと苦味がある。

ババロアの柔らかいふわっとした食感と程よい甘さに、ほんのりとした苦みのカラメルを一緒に口の中で頬張ると、まるでカルタードプリンを食べているかのよう。


「プリン、ホイップ、ミルクムース、ババロア」に、みかんやサクランボのフルーツが揃い、いろいろ味わえて美味しい。

特別感はないけれど、全体がうまくまとまったオーソドックスなプリン・ア・ラ・モードだ。

ただ、このサイズ感で税込300円だとお得感はないし、値段をもうちょっと下げてくれると、食事のあとのデザートに買い求めやすいかなぁっと。

Advertisement

おすすめ指数

★★★★☆☆☆☆☆☆(星4)
※星3=基準点(及第点)

プリン・ア・ラ・モード
発売日:2019年9月17日
価格:278円(税込300円)
熱量:1食あたり296kcal

商品の特徴&おすすめポイント
・エグロワイヤル仕立てのババロア
・最上部にプリン、さくらんぼ、いちごソース、ホイップクリームをトッピング
・カラメル、ババロア、ミルクムースの3層仕立て

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

スイーツ・ドーナツカテゴリの最新記事