セブンイレブン『大きなオニぎり 鬼旨辛!ダブルチキン』節分の鬼をイメージしたおにぎり!2種類の唐辛子で辛味を出したチキン入り!

セブンイレブン『大きなオニぎり 鬼旨辛!ダブルチキン』節分の鬼をイメージしたおにぎり!2種類の唐辛子で辛味を出したチキン入り!

スポンサーリンク

 

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

年が明けて早くも半月が過ぎ、もうすぐ2月3日の節分。

今回セブンイレブンから新発売した『大きなオニぎり 鬼旨辛!ダブルチキン』は、鬼旨辛な“おに(鬼)ぎり”とのことで、節分の鬼をイメージした商品。価格は175円(税込189円)。

鬼のパンツのようなシマ柄の特徴的で目を惹くパッケージ。青鬼と赤鬼にちなんで、“青唐辛”と“赤唐辛”で辛味を出したチキンをトッピングしたおにぎりとのことだ。(1食あたり335kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

スポンサーリンク

セブンイレブン『大きなオニぎり 鬼旨辛!ダブルチキン』を食べてみた


「青唐ガーリックチキン」はその名の通り、青唐辛子入り。にんにく醤油たれで味付けされていて、ピリリと辛いスパイシーなチキンだ。


2種類目の「赤唐ホットチキン」も揃う。こちらは赤唐辛子とトマトを組み合せた、ピリ辛トマトミックスソースで味付けされている。


大きめに握られたおにぎりで、しっとりとした食感の海苔で巻かれている。コンビニのおにぎりはパリパリなものが多いけど、こういった素朴な味と風味のする海苔もいいものだ。


パカッと2つに割ってみたが、上のほうに「赤唐ホットチキン」、下のほうに「青唐ガーリックチキン」が入っている様子。

でも、チキンたっぷりってわけではなく、細かくカットされた鶏肉が疎らにあるって感じ。

それでも食べてみれば、青唐辛子と赤唐辛子の辛味が程よく利き、塩味のついたご飯の食べ進みは最高にいいので、まずは一安心ってところ。

はちみつ入りのトマトソースの味はよくわからないレベルだけど、にんにく醤油はよく利いていて、パンチのある食べ応えになっているね。


鶏肉は小さく、お肉の食感やジューシーさが弱いのは残念だけれど、2種類の唐辛子はしっかり役目を担っており、ピリリとした辛味がご飯の旨味と甘味によく合っている。

ご飯が唐辛子の辛味をうまく中和してくれているんで、食が進むちょうどいい辛さでとっても食べやすいのだ。

Advertisement

おすすめ指数

★★★☆☆☆☆☆☆☆(星3)
※星3=基準点(及第点)

2月3日の節分向けで発売した今回の『大きなオニぎり 鬼旨辛!ダブルチキン』。

恵方巻はボリュームありすぎだけど、おにぎりならちょうどいいサイズ感ってとこやね。

ただ、『鬼旨辛!』という商品名からすると、ちょっとインパクトに欠けるかなぁっと。

青鬼や赤鬼をイメージし、青唐辛子と赤唐辛子のチキンに見立てているんだろうけど、チキンそのものが細かくカットされているため、その味と食感が弱いのだ。

唐辛子の辛味は万人向けの辛さで、誰にでも食べやすいのは大きなポイントだが、『鬼旨辛!』というのなら、もっとガツンと唐辛子を利かせて、辛すぎて唸るほどの激辛仕様にしてみてもよかったかも。

商品コンセプトは面白いけど、それに見合った個性がないので、175円(税込189円)まで出して食べる様なおにぎりではないかなぁ。

おにぎりカテゴリの最新記事