日清食品『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 北極ブラック』★焦がしニンニクオイルで仕上げる蒙古タンメン中本の激辛カップラーメン

日清食品『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 北極ブラック』★焦がしニンニクオイルで仕上げる蒙古タンメン中本の激辛カップラーメン

スポンサーリンク

 

セブン&アイグループと蒙古タンメン中本がコラボして誕生した『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 北極ブラック』が新登場している。

セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 北極ブラック
価格:198円(税込213円)
発売日:2019年2月23日
販売地域:全国のセブンイレブン、イトーヨーカドーなど

 

「蒙古タンメン中本」は、東京の板橋区に本店があるラーメンチェーン店で、秘伝の味噌と唐辛子を合わせた激辛の「タンメン」が名物なのは、ラーメン好きの方ならご存知だろう。

今回の新作は、「蒙古タンメン中本」のメニューの中でも“極めて辛い”ことで知られる「北極ラーメン」のスープをベースに、焦がしにんにくオイルをたっぷり使用し、ニンニクの旨みと香りが利いたインパクトのある黒いスープが特長の「北極ブラック」。

「蒙古タンメン中本」の店舗で期間限定メニューとして食べることができた「北極ブラック」が、店主の白根誠さん自らの監修でカップラーメンとして再現されたってわけなんだが、一体どんな辛さに仕上がっているのか、めちゃくちゃ気になるので、さっそく食べてみることに。

スポンサーリンク

日清食品『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 北極ブラック』を食べてみた

フタの上に張り付けてある「中本特製焦がしにんにくオイル」。これが味の決め手となるのだが、袋には“辛味が強いので注意”との記載が。辛党のなかでは高い評価を得ている「蒙古タンメン中本」ブランドのカップラーメンだけに、生半可な辛さじゃなさそうだ。

パッケージにも辛さの注意を促している。この徹底した注意喚起、どれだけ辛いというのか。ちなみに「カプサイシン」は、唐辛子の辛みの素となっている成分だ。

フタをめくると、店主の白根さんとその息子(!?)の白根さんが登場。「蒙古タンメン中本」は創業50年とのことのようだ。これからも激辛ラーメン界を牽引し続けていってくださいと、心から祝福したい。

黒いスープということで、粉末状態からすでに黒い。肉そぼろ、ネギは定番ながら、フライドガーリックや赤唐辛子のカケラがふんだんに散りばめられている。粉末スープと同化してしまって分かりにくいが、黒いキクラゲも入っている。「中本特製焦がしにんにくオイル」に目がいってしまうが、具材も多彩で濃い内容だ。

熱湯注いで5分で完成。3分間が主な縦型カップラーメンではめずらしい。それだけ麺の芯がしっかりしているということだろう。仕上げに「焦がしにんにくオイル」を加えると、強烈なニンニクの香りがプンプンと漂ってくる。

真っ赤なスープが辛さを象徴した激辛ラーメンというのがセオリーではあるが、このスープはとにかく黒々としている。ニンニクの香りと唐辛子の辛味を感じさせる香りが結びつき、とんでもない辛さな予感。

真っ黒なスープに真っ赤な唐辛子のカケラがふんだんに散りばめられており、ただモノではない異彩な雰囲気を醸し出してくる。カップラーメンを食べるのに、これだけ緊張感が走ることは滅多にないだろう。ここまで強いニンニク臭、そして「北極」のヤバイくらいであろう辛さに、いったいどうなってしまうのか!?

スポンサーリンク

とりあえず、覚悟を決めてスープをひと口飲んでみると・・・

 

 

辛れぇぇぇぇーーーー!!!

っていうか痛い!舌が火傷したようにヒリヒリとしてきやがるっ!

最初はそんなに辛さを感じなかったから「イケるやん!?」と思ったところに、電流が走るようにみるみる辛さが舌に襲い掛かってくる。スープが少し触れただけで、唇もジンジンと熱くなってくるわ、舌がビリビリと痛いわでマジでたいへんな状態。

 

「最初からクライマックスだぜ!」っていう辛さなのは分かっていたけれど、とにかく辛い!

さすが「北極」のレベルまでいくと容赦のない辛さだ。

 

そうこうしているうちに、人間って不思議なもので辛さに慣れてくるんだよね。ただ辛いだけでなく、唐辛子の激辛感の中に、豚脂によるこってり感と、味噌のコクや胡麻の香りが利いているのがよくわかってくる。そこに焦がしにんにくのほろっとした苦味と香ばしさがドカンと強烈にのっかってくるわけだ。かなり際立ったニンニクの香りなので、好き嫌いが分かれるところかもしれないが、ニンニク好きにとっては最高の仕上がりだと言えるだろう。

辛すぎて、具材をゆっくり味わっていられる余裕はあまりないのだが、豚脂のこってりとしたコクが絡んだ鶏そぼろのカリっとしたスナック的な食感と塩気の利いた旨みはなかなかなもの。大きめのニンニクチップのしっかりとしたニンニクの旨みと香ばしさが憎らしいほど利いてくる。焦がしにんにくオイルとニンニクチップのダブルパンチはかなりの破壊力だ。

激辛スープにも負けてはいない、しっかりとした食べ応えの麺。つるみがあって滑らかで喉越しのいい平打ちのストレート麺になっている。もちもち食感ではないが、コシが強くて歯切れの良さもあり、スープともよく絡む。ふんだんに入っている赤唐辛子も麺に絡みついてくることもあって、豪快にすすっていると唐辛子の辛さで盛大にむせ返すことになるので注意が必要だ。

 

おすすめ度は?(ふつう=星3)
★★★★★★★★☆☆(星8)

今回の『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 北極ブラック』は、とにかく辛さがやばい。今まで激辛だと思って食べていたカップ麺のレベルを超えてしまっているほどに、めちゃくちゃ辛い。

通常手に入るカップ麺の中では、断トツに辛いのは間違いない。ニンニクの香りも際立っているし、辛いものやニンニクが得意でないのなら、脅すようだが、絶対に食べないほうがいい。何度も言うが、とにかく辛い。麺をすすれば唇や舌はヒリヒリと痛み、ヘタをすれば喉までダメージを喰らうほど。ブホっとむせかえってしまうくらいにカプサイシンの刺激は凄い。舐めていると返り討ちに合うのは必至だ。

しかしながら、額や頭皮の毛穴という毛穴から汗が吹きだしてくるし、唇や舌にビリビリとした痛みが出てくるほどの辛さではあるが、食べているうちに辛味の耐性がついてくる。そして、この超激辛感をもっと味わいたくなり、どんどん麺をすすりたい衝動に駆られてくる、不思議な魅力がある一杯でもある。

想像を絶する辛さの中にも、味噌のコクなどの旨みを感じられるのは、さすが「蒙古タンメン中本」といったところ。激辛カップ麺ファンであれば、絶対食べてほしいイチオシの一品。激辛好きで、さらにニンニク好きというのならば、至高のカップラーメンとなり、たまらないうまさを体感できるだろう。

カップ麺(セブン限定)カテゴリの最新記事