ファミマ『大盛にんにく醤油ラーメン』300gの極太麺×山盛りキャベツ&もやし!ヘビー級なボリュームが嬉しい豚骨醤油ラーメン!

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、ファミリーマートの『大盛にんにく醤油ラーメン』を食べてみることに。価格は510円(税込550円)。

小麦ブラン入りで食べ応えと噛み応えのある極太麺を使用。豚骨ベースに、ニンニクと醤油感が感じられる仕立てで背脂も入れた、厚みあるスープ。たっぷりの「キャベツもやしボイル、イタリア産豚バラチャーシュー、白髪ねぎラー油和え、青ねぎ、ニンニク」をトッピングしたとのこと。(1食あたり742kcal)

麺は300gの大盛り、もやし&キャベツもたっぷりということで、まさに二郎インスパイア系のラーメン。

セブンやローソンにもあるが、ファミマの二郎はどんな味になっているのか。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

ファミリーマートの『大盛にんにく醤油ラーメン』を食べてみた


レンジで温めたものがこちら。

極太麺の上にのっかった、山盛りのキャベツ&もやし、大きなチャーシューが目を惹くビジュアル。

麺や具材が多すぎて、スープの姿が見えないほど。


青葱もたっぷりあって、器の脇に粗めにすり下ろしたニンニクの姿も。


ラー油を和えた長葱が地味にうまかったり・・・。


大振りなチャーシューが1枚。肉厚だけど、ほとんど噛まなくても口の中でとろっとなくなっていく柔らかさ。


大ボリュームのキャベツやもやしが、どこから食べてもついてくる。

スープをよく吸ったキャベツに、シャキシャキとした食感のもやしをワシワシと食べる悦びが、このにんにく醤油ラーメンを食べる醍醐味のひとつ。


豚骨をベースに、ニンニク風味をガッツリ利かした醤油スープ。

いわゆる豚骨醤油味ってことだけど、豚骨と醤油のバランスはイーブンくらいで、ガツンと濃厚な味わい。

家系ラーメンのようなキレのあるスープだが、二郎系として比喩するのであれば、まだまだニンニクのパンチがほしいかなぁっと。

二郎系ファンやニンニク入りラーメン好きにとっては、物足りなさがのこるだろうね。

その分、マイルドで飲みやすいってことでもあるんだけど。


麺は適度にコシがあり、食感はうどんみたい。小麦の風味が強く出ているから、ラーメンの麺って気分にはなるかな。

300gの大盛りサイズで、しかも極太麺なこともあり、大満足な食べ応え。

食べても食べても、麺が次から次へと姿を現してくるほどで、お腹を空かせてガッツリ食べたいときに最高な逸品やね。

総評:

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

300gの極太麺に、山盛りのキャベツともやしを盛り付けた、ヘビー級なボリュームが嬉しい豚骨醤油ラーメン。

ただ、二郎インスパイア系という位置づけだとしたら、もっとニンニクをガツンと利かせてほしいかな。

あまり過激じゃなくて、程よくニンニク感があればオッケーな方なら申し分ない味の濃さだろうけどね。

同じカテゴリーなら、セブンイレブンから発売している『中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン』のほうが、二郎系っぽさがある感じ。

ファミマのも美味しいけれど、セブンの二郎系ラーメンのほうが一枚上手やね。

あわせて読みたい

2020年2月26日に、セブンの二郎系ラーメンと評判の「中華蕎麦とみ田」監修の豚ラーメンが、リニューアルして新たに登場となった。2019年1月に販売された「中華蕎麦とみ田監修 豚ラーメン(豚骨醤油)」よりも、ニンニクの重量を約3.5[…]

最新情報をチェックしよう!