セブンイレブン『大盛りごはん!肉野菜炒め弁当』ニンニク風味の利いた甘辛さのある野菜炒め!丼ぶりにしてガッツリと食べることもできて二度おいしい!

セブンイレブン『大盛りごはん!肉野菜炒め弁当』ニンニク風味の利いた甘辛さのある野菜炒め!丼ぶりにしてガッツリと食べることもできて二度おいしい!

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『大盛りごはん!肉野菜炒め弁当』を紹介していくよ!2019年7月23日にリニューアルを施し新発売した商品で、価格は480円(税込518円)。

「豚肉、キャベツ、人参、もやし」をしっかりと炒め、にんにく醤油で味付けした豚肉を盛り付けた、野菜炒めのお弁当。高温短時間で炒めた野菜は、香ばしくシャキシャキした食感で、食べ進みの良い仕立てになっているとのこと。1食あたり701kcal。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『大盛りごはん!肉野菜炒め弁当』を食べてみた


野菜炒めとご飯の入ったお弁当。大盛りサイズのご飯が何気に嬉しい。


おかずは野菜炒めだけで少し寂しい気もするが、野菜はもちろん、豚肉もたくさん盛り付けられていて、ボリュームはたっぷり。


豚肉は、醤油の甘みとニンニクの香ばしさのある旨みが強く、肉厚で柔らかい食感。ニンニクのパワフルな旨みが楽しめる、なかなかガッツリ感のある食べ応えだ。

ピリ辛野菜炒めと謳っているが、辛さはそれほどなく、醤油のコクある甘みと隠し味的にリンゴのフルーティな甘みを忍ばせる、豊かな甘みが先行する甘辛い味わいになっている。


野菜炒めなので、野菜も盛りだくさん。シャキシャキ感のある野菜を楽しめ、醤油の甘みと塩気がふわっと穏やかに感じる。

中華料理らしく炒めた香ばしさがあり、野菜の水っぽさも油っぽさもなく、サラッとした口当たりでアッサリめな味付けだ。


ご飯は大盛り。炊き立てのふっくら感には敵わないが、少し粘り気があって粒立ての良さがある。

コンビニ弁当としては充分に高品質なお米になっているんじゃないかな。


この容器は、野菜炒めだけ別トレーに盛ってあって、取り外しが可能。

「なんで!?」

って、もうお分かりだろうけど・・・


野菜炒めをドカッとご飯にのっけるためやで!

丼ぶりにして食べちゃえるってわけなんだよ。男性なら、こういった食べ方は大好きなはず。


甘辛い豚肉や香ばしい野菜をほかほかご飯と一緒に頬張れば、それはもう魅惑の味わいが口の中に充満してくるってわけで。


シンプルな味付けだったが、ご飯によくあう野菜炒めになっているんじゃないかな。

とくに豚肉がご飯のすすむ甘辛さで、中華風味の味わいをよく楽しめる仕上がりだった。

コンビニで手軽に本格志向の野菜炒めを味わうには、まさに打って付けの逸品だろう。

Advertisement

総評、食べてみた感想

★★★★★☆☆☆☆☆(星5)
※星3=基準点(及第点)

480円(税抜)というワンコイン価格で、この内容と質感、そして大盛サイズのご飯。

よく食べる方は物なりないかもしれないが、僕なんかはこれだけでお腹は充分満たされるし、なかなかコスパの良いお弁当ってところやね。

分離式の器になっていて、簡単に野菜炒めをご飯にかけて食べることもできちゃう。

最初は野菜炒めとご飯を別々に楽しんだあとに、野菜炒めの中華風丼ぶりにしてガツガツと掻き込んで食べるのもオススメだ。

ただ、ニンニクの香りもけっこうするので、人と会う前には食べないほうがいいかも。

気になる方はぜひ食べてみてね!

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

お弁当カテゴリの最新記事