セブンイレブン『ねじチョコアーモンド』王道的なチョコアーモンドの味!子供がわくわくで喜びそうな菓子パンだ!

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブンの『ねじチョコアーモンド』を食べてみることに。2020年1月14日に新発売した商品で、価格は128円(税込138円)。

スイートなチョコレートを上掛けした菓子パン。香ばしいローストアーモンドをトッピングしたとのこと。(1食あたり373kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブン『ねじチョコアーモンド』を食べてみた


大量のアーモンドが目を惹くチョコパン。パンも大きく、とっても食べ応えがありそう。


軽さがあり歯切れの良いパン生地で、チョコの甘さに優しさがある味わい。

パン生地は少しパサつくのが気になるけど、ふんわりしっとり食感になっていて、きちんと美味しい。

甘さは抑えられており、チョココーティングの甘さを純粋に惹き立てるパン生地といった印象。


チョコは濃すぎない甘さで、ほんのりとビターテイスト。

カカオの香りが薄いのは残念だが、これは準チョコレートの定めといったところ。

ほろ苦味が少しだけあるチョコの甘さに、香ばしいアーモンドのカリカリッとした食感がついてきて、王道的なチョコアーモンドを楽しめるわけで。


やっぱりパン生地の甘さが抑えられているのは大正解やね。

チョコも生地もお互いに甘さを主張しちゃうと、甘すぎて食べられたもんじゃないだろうし。

甘さ控えめのパン生地と、アーモンドのリズミカルな食感を組み合せたチョコの甘さは、誰しもが想像する単純明快な味になっている。


菓子パンの位置づけになってはいるけど、このチョコの甘さからして食事よりもデザート向けな気がするかな。

ボリュームがあるので食後のデザートには向かないかもしれないが、ガッツリと甘いものを食べたいときにおすすめ。

食べ盛りの子供のオヤツにしても良さそうやね。

おすすめ指数

★★★★★☆☆☆☆☆(星5)
※星3=基準点(及第点)

アーモンドをたっぷりトッピングしたチョコパンになっていて、これは子供がワクワクで喜ぶこと間違いなし。

それにチョコ好きの大人だって、気分上々で食べられるんじゃないかな。

食べてみるとビター感はそこまで強くなく、ちょうどいいチョコの甘さにアーモンドの風味がついてくる。

何か特別な仕掛けがあるわけじゃないけど、的を外さないベーシックなチョコアーモンドを味わえる菓子パンだ。

気になる方は、ぜひ食べてみてね!

最新情報をチェックしよう!