セブンプレミアム『蒙古タンメン中本 極豚(ゴットン)ラーメン 激辛豚骨味噌』やっぱり中本のカップ麺は最高!北極の辛さと背脂のコクでクセになっちゃう激辛なうまさ!

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

激辛マニアの舌を唸らせる、セブンイレブンの『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本』。

あの超人気ラーメン店の味を、店主自らの監修のもとにカップ麺で再現した定番の商品なのはご存知の通り。

 

その「蒙古タンメン中本」シリーズに新作の『蒙古タンメン中本 極豚(ゴットン)ラーメン 激辛豚骨味噌』(税抜200円)が、全国のセブン&アイグループ各店舗にて発売されている。

極豚(ゴットン)』なんて、なかなか凄い響きだけど、「蒙古タンメン中本」のなかでも特に辛くて人気の「北極ラーメン」をベースにした『激辛豚骨味噌』ってことなので、どうやら名前負けはしていないようだ。

もう辛いって分かり切っているのに、敢えて『激辛豚骨味噌』って謳っているなんて、これは一筋縄ではいかなそうだ・・・。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンプレミアムの『蒙古タンメン中本 極豚(ゴットン)ラーメン 激辛豚骨味噌』を食べてみた


「北極ラーメン」の辛さはそのままに、豚骨の背脂でコクを加えた濃厚な味わいのスープが楽しめるらしい。


別添の「辛豚オイル」は、辛味オイルに豚骨の風味とラードのコクを加えることで、やみつきになる味わいになっているんだとか。


開封してみると、すでに辛そうな粉末スープの香りがすごい迫ってくる。

写真ではちょっと分かりにくいけど、「フライドガーリック、葱、豚肉、唐辛子」などの具材が入っている様子。


熱湯を注いで5分待ち、そのあとに別添の「辛豚オイル」を加えていく。


「辛豚オイル」は、鮮やかな赤を帯び、その色味からしてめちゃ辛そう。いや、絶対に辛い。

豚骨のラードを加えたこともあり、唐辛子の香りのなかに少しだけ豚骨風味が漂ってくる。


「辛豚オイル」を馴染ませるために、最後によくかき混ぜて完成。いやぁ、こりゃスープの色がエグイぜ・・・。


とりあえず、『極豚(ゴットン)』という未知の領域を体感するべく、恐る恐るスープを飲んでみたところ・・・

 

やっぱ辛いわぁ~!!!

 

「北極」の辛さは知ってたけどさ、実際に食べてみると相変わらず唐辛子の辛さが凄まじい・・・。

スープも熱々だから辛さに拍車をかけてくるし、最初のひと口で額や頭皮から汗がじんわりと出てきちゃう。


北極と変わらず太めの麺で、激辛でも小麦の旨味と風味があり、スープとの相性は抜群。

麺を啜ってみれば少し辛味が和らいで、スープだけではあまり感じなかった豚骨味噌もひょこっと姿をみせてくる。

激辛感が舌を刺激し、喉を通り越せば、ほんのりと背脂のコクが一瞬広がって、辛さだけではない味わいに。

あと、ガーリックもガッツリ利いているから、めちゃ辛いけど旨味も充分。

舌の上でじっくり味わえるほどではないけど、さすが「辛さの中に旨みあり!」がモットーの蒙古タンメン中本の味ってところだ。


ベーシックな位置づけの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」よりも数倍以上の辛さやね。

スープだけを飲んでみると、喉を火傷しちゃうんじゃないかってくらい殺人級の辛さが、「北極」らしい仕上がり。

麺を交えてみれば、辛さと激闘しつつ、豚骨風味と中本らしい味噌味をなんとか楽しめたって感じやね。

めちゃ辛いんだけど、なぜだかスープを飲み干したい衝動に駆られる不思議。

まあ、完飲はさすがにキツイんだけど、スープを飲むことをやめるタイミングが掴めなくなってくるんだよね。

このクセになっちゃう「 激辛豚骨味噌」を、ぜひ身をもって体感してほしいかな。

総評:

★★★★★★★★☆☆(星8)
※星3=基準点(及第点)

辛いけどうまい!

それに尽きる味わいだけど、豚骨味噌をじっくり味わうことは難しい辛さだったね。

唇や舌がじんじんと麻痺するくらいには辛いので、辛味が苦手な方やお子さんは絶対に食べないほうがいい。

辛さに強い方が食べたら、もっと豚骨のコクや旨味を味わえるのかもしれないけれど、個人的にはこのレベルの辛さが限界かも・・・。

それでも、激辛カップ麺でピカイチな美味しさになっているので、やっぱり「蒙古タンメン中本」のクオリティは変わらないのだ。

気になる方は数量限定とのことなので、セブンイレブンなどのセブン&アイグループの店舗までお早めに!

最新情報をチェックしよう!