セブンイレブン『北海道産小豆使用 究極の口どけ水ようかん』コンビニ史上最高の「水ようかん」と言ってもいいんじゃない!?

セブンイレブン『北海道産小豆使用 究極の口どけ水ようかん』コンビニ史上最高の「水ようかん」と言ってもいいんじゃない!?

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『北海道産小豆使用 究極の口どけ水ようかん』をご紹介!2019年8月20日にリニューアルを施し新発売した商品で、価格は178円(税込192円)。

商品名に「究極の口どけ」とあるように、口に入れるととろける食感の水ようかん。北海道産の風味の良い小豆を活かした上品な甘さに仕上がっているという。(1食あたり189kcal)

晩夏の季節になり、夏の風物詩「水ようかん」が登場したわけだが、いったいどんな味わいになっているのか、さっそく食べてみることに。

スポンサーリンク

セブンイレブン『北海道産小豆使用 究極の口どけ水ようかん』を食べてみた


フタをあけると、まさしく濃い小豆色の「水ようかん」がお目見えに。「水ようかん」の表面は、艶っぽさがあり、見ているだけで涼し気になってくる。

 

▼「水ようかん」にスプーンを入れていくと、プルプルとした滑らかさが手に伝わってくる。なんか、柔らかめのゼリー!?いや、まるでプリンのような感触だ。

つるんっと滑らかに口の中に入ってきたと思ったら、舌の上でシュッと溶けていく口どけの良さ。

ホントに「究極の口どけ」になっていて、ほとんど噛まなくても、とろけて消える滑らかすぎる食感なのだ。


北海道産の小豆を使用したこし餡は、上品な甘さ。

砂糖で甘さを強調させるようなことはなく、小豆の素材を活かした純然な甘みとなっており、口の中でとろける「究極の口どけ」の食感とも相性抜群!

また、冷蔵庫で充分冷やしていただくと、これがまた格別に美味しくなるのだ。


このセブンの「水ようかん」は、コンビニスイーツのレベルは優に超え、老舗の和菓子店がこだわって作り上げた「水ようかん」と言ってもいいくらいクオリティが高い。

究極の口どけ」と銘打っているのは伊達ではなく、コンビニの「水ようかん」としては至高の逸品になっている。

Advertisement

総評、おすすめ度

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

コンビニ商品以外でも、いろいろ食べてきた「水ようかん」だけれど、このセブンの「水ようかん」はその中でもかなり上位の位置づけになる。

スプーンで掬って頬張れば、餡の甘みがとろけて口いっぱいに広がってくるんだけど、ひと口ひと口が幸せな気分になっちゃうんだよね。

コンビニの和菓子として格別の美味しさがあり、日本人に生まれてよかったなぁって感慨深くなるほどだ。

ぜひ、北海道産小豆の上品な質感と、「究極の口どけ」と謳う滑らかでとろける食感をじっくりと味わっていただきたい。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

スイーツ・ドーナツカテゴリの最新記事