セブンイレブン『ツルッとさっぱり!ミニ冷し中華(マヨ付)』寒いからこそ冷たい麺類がうまい!レモン果汁でさっぱりといただける冷やし中華!

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブンの『ツルッとさっぱり!ミニ冷し中華(マヨ付)』を食べてみることに。価格は350円(税込378円)。

「ハム、錦糸玉子、きゅうり、わかめのごま和え、ゆで玉子、紅生姜」を彩りよく盛り付けた、小さいサイズの冷し中華。つるみとコシがあるこだわりの三層麺を使用。鶏ガラと豚ガラのスープに、酢、レモン果汁、生姜を加えたスープは旨味があるまろやかな味わいとのこと。(1食あたり367kcal)

パッケージ越しからも、具材豊富なのが分かる冷やし中華になっていて、すごく食べ応えがありそうだ。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブン『ツルッとさっぱり!ミニ冷し中華(マヨ付)』を食べてみた


開封した状態がこちら。2段式の器になっており、上のトレーには具材が盛り付けられている。


下の器には中華麺と別添品の小袋の姿が。3つの小袋は「冷やし中華スープ、マヨネーズ、練り辛子」だ。


さっそく作っていくが、まずは冷やし中華スープを麺にぶっかけていく。

米酢がしっかり利いていて、冷やし中華らしい酸味と甘味がある香りが食欲を誘ってくる。


麺がくっついているので、箸でしっかりと混ぜてほぐしてやろう。美味しくいただくためには大切な工程のひとつ。


具材を好きなようにトッピングしたら出来あがり。

マヨネーズや練り辛子は、お好みで。

辛子マヨネーズじゃなくて、「マヨネーズ」と「辛子」が分かれているのがいいよね。

好きなほうだけを選べるし、もちろん両方かけちゃってオッケーだし。


それぞれ細切りにされた「ポークハム、錦糸卵、キュウリ」が揃う。冷やし中華では無くてはならない、3本柱になる具材だ。


そして、これもまた定番具材の茹で卵。これが有るのと無いのとじゃ、美味しさが雲泥の差なのである。


わかめ胡麻和え、紅生姜も入っていて、ホントにバラエティ豊かな具材。

胡麻と磯の香りが優しい、わかめごま和え。

わかめ独特の食感と風味が、冷やし中華の味を盛り立てる。


マヨネーズをたっぷりかけて、練り辛子をチョコンと端にのせてやる。これで準備は万端だ。


マヨネーズを入れて、もうグチャグチャに混ぜてやるわけ。

混ぜない派も多いかもしれないが、冷やし中華はこうやって食べるのが一番うまい!


マヨネーズがねっとり絡んだ中華麺。

コシが強めで、のど越しがよく、つるつるっと滑らかに口の中に飛び込んでくる。

こうやって、ずずっと一気に貪り啜るのが、冷やし中華の醍醐味。

スープは、濃縮されたガラスープの旨味に、醤油の甘さをナチュラルに活かした味わい。

酸っぱすぎない米酢の酸味と、レモン果汁と生姜のスッキリとした風味が加わることで、深みのある甘酸っぱさになっている。

そこに練り辛子がピリリと味を引き締め、マヨネーズの旨味や酸味と一緒に、食べ応えのある冷やし中華に仕立て上げてくるのだ。


しっとりとした肉感のポークハム、瑞々しくシャキシャキなキュウリ、ふわっと柔らか食感でちょどいい甘さの錦糸卵。

麺はもちろん、具材にマヨネーズをベッタベタに絡めて食べるのが最高!

マヨネーズのコク、スープの酸味、麺や具材の旨みを、まとめて一度に頬張って味わうのが、美味しすぎて仕方ないのだ。

セブンイレブンの冷やし中華、恐るべしってところやね。

総評:

★★★★★★☆☆☆☆(星6)
※星3=基準点(及第点)

マヨネーズがスープにバランス良く馴染み、旨味がしっかりあって、後味はさっぱりとした冷やし中華になっていた。

このさっぱり感は、レモン果汁による柑橘系のキリっとした香りが成せる業やね。

また、冷やし中華らしい具材がたっぷりで、ミニサイズにしては麺量も充分すぎるほど。

一般的な女性なら、この冷やし中華だけでお腹は満足できそう。

それに、これだけではお腹が膨れないって場合、おにぎり1個を買い足したとしても、ワンコインで収まるコスパの良さが嬉しいよね。

まだまだ寒いので、冷やし中華を食べるイメージが沸かないかもしれないが、暖かい部屋で冷たい麺をずるずるっと啜るのも、なかなか粋なモノだろう。

最新情報をチェックしよう!