セブンイレブン『旨いジャン!麻婆丼』辛さの中に旨味あり!花椒の香り漂う深みがある味わいの麻婆丼

2020年1月6日にリニューアルした、セブンイレブンの麻婆丼。

『花椒の香り広がる!麻婆丼』から『旨いジャン!麻婆丼』に商品名を変更しての新発売。価格は据え置きの398円(税込429円)。

辛味の中にも醤と鶏ガラスープの旨味とコクがある麻婆丼。お好みで、別添の花椒をかけていただくとのこと。(1食あたり578kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブン『旨いジャン!麻婆丼』を食べてみた


別添の「四川花椒」はお好みで。辛さを調整しながら食べられるのは、何気に嬉しいポイント。


ご飯と具材が別々で盛られたセパレート式の器。こうすることでご飯がベチャつくことなく、美味しい丼ぶりをいただけるわけだ。


麻婆豆腐をご飯にぶっかけるだけで完成。


辛味の源は、唐辛子とラー油。別添の「四川花椒」を加えることで、辛味も風味も劇的にパワーアップ!

花椒の風味からすると激辛っぽいが、思ったよりは辛くないのでひと安心。

ご飯と麻婆豆腐を絡め、パクッとひと口頬張れば、舌が少しピリッと痺れる程よい辛味に包まれる。

食欲を誘う花椒の風味に、ちょうどいい辛さの麻婆豆腐だから、パクパクと食べ進められるね。


また、辛さだけでなく、豚挽肉の旨味がしっかりと味わえるし、甜麺醤(テンメンジャン)と鶏ガラスープがよく利いている。

花椒風味を纏った唐辛子とラー油の辛味のなかに、甜麺醤の独特な甘味とコク、鶏ガラスープの旨味を感じる麻婆豆腐。

ガンガンに辛い四川の麻婆豆腐ではなく、辛さよりも旨味で食べさせるって感じ。

ただ、ご飯がけっこう多めなので、もう少し麻婆豆腐の量があると良かったかも。

最後のほうは麻婆豆腐がなくなってしまい、ご飯だけになってしまうんだよね。


激しい花椒のシビレやラー油の辛さではないので食べやすい麻婆丼。

まさしく「辛さの中に旨味あり」という深みのある味わい。

個人的にはもっと辛味があったほうが好みだけど、ちょっと辛さがあればいいっていう万人向けな麻婆丼ってイメージやね。

おすすめ指数

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

旨いジャン!麻婆丼
発売日:2020年1月6日(リニューアル販売)
価格:398円(税込429円)
熱量:578kcal
糖質:86.1g
食塩相当量:4.4g

商品の特徴
・醤と鶏ガラの旨味が利いた麻婆ソース
・風味の良い花椒と程よいラー油で食べ進みが良い
・別添の花椒で辛味が調節できる

お惣菜の麻婆豆腐もあるよ!

ご飯のおかずに!お酒のお供に!ぜひチャックしてみてね!

最新情報をチェックしよう!