セブンイレブン『サックサク食感!クイニーアマン』フランスの伝統的な焼き菓子を再現!塩気のあるバター風味と砂糖の甘味がお互いを惹き立てる!

セブンイレブン『サックサク食感!クイニーアマン』フランスの伝統的な焼き菓子を再現!塩気のあるバター風味と砂糖の甘味がお互いを惹き立てる!

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『サックサク食感!クイニーアマン』を紹介していくよ!2019年12月3日に新発売したコンビニスイーツで、価格は148円(税込159円)。

サクサクとした食感のパイ生地を、薄く飴状にコーティングしてパリパリとした食感に仕立てた焼菓子。(1食あたり293kcal)

 

「クイニーアマン」って何ぞや!?ってことなんだけど、なんかお洒落な雰囲気のあるスイーツって感じだよね。

クイニーアマンとは、フランスのブルターニュ地方における伝統的な洋菓子の一種である。フィニステール県ドゥアルヌネの名物で、イヴ=ルネ・スコルディアというパン職人によって1860年頃に創出された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

なるほど、フランスのお菓子ってことなんやね。

おフランスってことだから、なんとなく気品が漂うスイーツというイメージがしてくるのは自分だけだろうか。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『サックサク食感!クイニーアマン』を食べてみた


袋から取り出してみると、こんな感じ。生地表面が飴状に香ばしく焼かれており、バターの風味が心地良く漂ってくる。


生地の表面は、飴のような感じになっていて、ガリガリッと硬い食感。まるで、リンゴ飴の表面にコーティングされた飴のようだ。

厚みはそれほどないので噛みづらいってことはないけど、下になる生地が柔らかいので、その違った食感のギャップに違和感を覚えつつも、慣れてくるとクセになってくる美味しさ。

砂糖をまぶして焼き上げているようで甘さもあるが、ほんのりと塩気も利いて甘しょっぱい味わいだ。

おそらくバターやマーガリンによる塩気だろうけど、そのおかげで甘味と塩気のバランスがとれた食べやすい仕立てになっている。


そして下のデニッシュ生地も甘しょぱい。上の生地よりもバター風味を強く感じるね。

本場の「クイニーアマン」は有塩バターを使うのが特徴のようだけど、しっかりと塩気が利いているから、堅実にツボを抑えていると言えるだろう。


バターと砂糖を折り込んだ生地は、焼き上げた香ばしさがあり、外は少しサクッとしてて中はふんわりと柔らかい。

さっくりといった表現があうデニッシュ生地と、飴状になったカラメルのような上生地が合わさることで、塩味を活かしたバターの風味と、砂糖の甘味の絶妙なバランスを楽しめる焼き菓子になっているのだ。


上生地のガリガリッとした食感と、下生地のさっくりとした食感の組み合わせがなんとも心地よく、塩気のあるバター風味と砂糖の甘味がお互いを惹き立てる味わいになっていた。

上品な甘しょっぱさになっているから、ガッツリと甘いスイーツを食べたいときには向かないけれど、少し変わったスイーツを味わってみたいのなら打って付けの逸品だろう。

昼下がりのまったりした時間を感じながら、コーヒーや紅茶と一緒に、ゆっくりと味わいたいスイーツってイメージかな。

Advertisement

おすすめ指数

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

サックサク食感!クイニーアマン
発売日:2019年12月3日
価格:148円(税込159円)
熱量:293kcal
糖質:24.8g
食塩相当量:0.5g

商品の特徴
・薄く飴状にコーティングした上生地は香ばしくガリガリッとした食感
・さっくり食感のデニッシュ生地
・塩気の利いたバターの風味と砂糖の甘さが絶妙な組み合わせ

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

スイーツ・ドーナツカテゴリの最新記事