セブンイレブン『熟成ちぢれ麺 喜多方チャーシュー麺』日本三大ラーメンのひとつ「喜多方ラーメン」がコンビニで手軽に買えるなんて素晴らしすぎる

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

喜多方ラーメン(きたかたラーメン)は、福島県喜多方市発祥のご当地ラーメン。

札幌ラーメン、博多ラーメンと並ぶ、日本三大ラーメンの一つに数えられており、あっさりとした醤油味のスープが基本となる。

そんな喜多方ラーメンをイメージしたチルド麺がセブンイレブンから新登場!

レンジでチンするだけで食べられる、その名も『熟成ちぢれ麺 喜多方チャーシュー麺』(税込594円)だ。

熟成ちぢれ麺と、時間をかけて炊き出したコクのある鶏ガラスープに、煮干しだしを加えたWスープの組み合わせ。肉の旨味が感じられる、厚めにカットしたチャーシューを盛り付けたとのこと。(1食あたり492kcal)

とにかく、日本三大ラーメンのひとつ、喜多方ラーメンがコンビニで手軽に買えるなんて素晴らしい。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブンの『熟成ちぢれ麺 喜多方チャーシュー麺』を食べてみた


S&B製の「あらびきコショー」付き。味にスパイシーなアクセントが加わるので、お好みでどうぞ。


フタを開けるとこんな感じ。パッケージ越しからも分かる、チャーシューのボリュームが嬉しい。


器は2層式になっており、麺と具材、スープがそれぞれ別々で入っている。上のトレーを引っ張ってやれば、麺と具材がスープの器に盛り付けられる仕組みだ。


この見た目と、醤油スープの良い香りから、すでに美味しいと予感させる。油脂までキラキラと輝く透明なスープが、いかにも喜多方ラーメンらしい。


スープは、時間をかけて炊き出したという鶏ガラスープと、煮干しの出汁を加えたWスープ。

あっさりとした口あたりだけに、鶏ガラや煮干しの素材を活かした旨味をしみじみと味わえる。

塩気はとっても穏やかで飲み口が優しく、純粋に醤油のコク旨さが身体に染み渡ってくる奥深い味わい。

家系ラーメンみたいな派手さはないものの、ずっと味わっていたいと思わせる素朴な美味しさが最高だ。


熟成ちぢれ麺に、醤油スープがよく馴染んでめちゃうまい!

ちぢれも付いて、しかも平打ちになっているから、スープを巻き取るように絡めてくるのだ。

麺は柔らかめで、つるみもあり、すすり心地も良好。

あっさりした醤油スープを味わうには、充分なポテンシャルを持った麺だと言える。


さらに、分厚く大きなチャーシューが、なんと5枚も入っているのが嬉しい。

もともと油脂のコクがあるスープに、チャーシューから出た脂分によって、こってりしすぎないコクが寄与してスープの旨味が増してくる。


チャーシューはトロトロな柔らかさで、箸で持つだけで身がホロッと崩れていっちゃうほど。

ちょうどいい塩気も利いているし、スープの味も染み込んでめちゃウマなのだ。


あっさり醤油味のスープと、小麦風味のある熟成ちぢれ麺、そしてトロトロとろけるチャーシューの三位一体となった味わい。

これぞ、昔ながらの王道的な醤油ラーメンといったところで、喜多方ラーメンの雰囲気をきちんと味わえる仕上がりになっているんじゃないかな。

総評:

★★★★★★★★☆☆(星8)
※星3=基準点(及第点)

鶏ガラと昆布の出汁で旨味はしっかり出しながら、後味はあっさりした醤油スープになっていて、喜多方ラーメンらしい味になっている。

しんみりと身体に染み込む、優しく奥行きのある味わいは、どこか懐かしいと安心感を得られるのだ。

毎日食べられる飽きがこない味になっており、朝ラーメンにしちゃっても美味しくいただけるだろうね。

お値段は税込594円でちょっと高めだけど、またリピートしたくなる喜多方ラーメンやね。

あわせて読みたい

[the_ad id="3081"][the_ad id="3082"] 岐阜のご当地麺である「高山ラーメン」。「高山ラーメン」は主に岐阜県高山市で食べられているんだけど、アニメ映画の「君の名は。」で主人公[…]

最新情報をチェックしよう!