セブンイレブン『ピリ辛チキン&鶏そぼろ弁当』濃い味付けの鶏唐揚げとそぼろ飯でガッツリと食べられるお弁当

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブンの『ピリ辛チキン&鶏そぼろ弁当』を食べてみることに。価格は460円(税込496円)。

コクのあるピリ辛ダレと和えた鶏唐揚げ、鶏そぼろ、鮮やかな黄色と濃厚な味わいの玉子そぼろを盛り付けたお弁当。お好みで別添のマヨネーズをかけて食べるとのこと。(1食あたり837kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブンの『ピリ辛チキン&鶏そぼろ弁当』を食べてみた


ご飯は、玉子そぼろ&鶏そぼろで、醤油で和えた鶏唐揚げが入った、食べ応えのあるお弁当。

たっぷりと盛り付けられた唐揚げと、黄色みのある鮮やかな玉子そぼろが目を惹くビジュアルだ。


たっぷりある鶏唐揚げ。ホントにゴロゴロ入っていて、唐揚げ好きには嬉しい限りの贅沢仕様。

味付けの醤油たれは、ピリリとした辛さのあとに、醤油のマイルドなコクが口に広がってくる味わい。

中身の鶏肉は、肉汁たっぷりなジューシーさはないけれど、身の締まりと柔らかさのある食感で、鶏肉独特の旨味がきちんとある。


マヨネーズで味変すると、コッテリ感が出てきて食べ応えがアップ。

しかし、醤油たれのピリ辛があまり出てこなくなってしまうので、これは好き嫌いが分かれるかもね。

それに味の濃さも増すわけで、そぼろ飯と一緒に食べていくと段々クドくなってくるのは否めない。

若い方や食欲旺盛な方なら、ガッツリ感があっていいのだろうけど、薄味好きの方やお年を召した方にはちょっとキツイ味の濃さかなぁ。


玉子そぼろは、ふわふわっと軽やかな食感で、まったりと甘い。

鶏そぼろは、玉葱の甘味と醤油のマイルドなコクがあり、薄味に仕上げた牛丼のつゆみたいな味わい。

どちらのそぼろ飯も食べ進みが良くて美味しい。


付け合わせのスパゲティ。トマトソースで和えられており、よくあるお弁当に入ったスパゲティって感じかな。

総評:

★★★★☆☆☆☆☆☆(星4)
※星3=基準点(及第点)

見た目からも味の濃そうな唐揚げで、味の付いたそぼろ飯と食べることで、ガッツリ感が出てくるお弁当だ。

唐揚げもそぼろご飯も濃い味付けなので、人によってはクドさを感じることがあるかもしれないかな。

お弁当の器が小さいサイズで、全体のボリュームは少ないけれど、味の濃さで満腹になってくる。

これだけ味の強いお弁当なので、味噌汁などの付け合わせを用意して食べたいかなぁっと。

最新情報をチェックしよう!