セブンイレブン『お出汁が決め手!特製ロースかつ丼』柔らかく厚みのあるロースカツでガッツリ食べられる!

2020年6月9日に新発売した、セブンイレブンの『お出汁が決め手!特製ロースかつ丼』を紹介していくよ!価格は498円(税込537円)。

昆布、鰹、むろ節を使った出汁で旨味のある味わいに仕立てた、食べ応えのあるロースかつ丼。かつとじの表面に卵白を使い、玉子の風味を引き出したとのこと。(1食あたり675kcal)

ロングセラーでもあり、とくに男性陣が大好きなカツ丼。

498円(税込537円)という買い求めやすい価格で、おまけにガッツリと食べられそうだから、ランチにおすすめなお弁当ってところかな。

あとはそのお味がどうなっているのか、さっそく食べてみることに。

セブンイレブンの『お出汁が決め手!特製ロースかつ丼』を食べてみた


セパレートタイプの器で、上のトレーに具材、下の器にご飯が盛り付けられている。

こうすることで、ご飯がベチャベチャになることはないし、効率よく温められるので、より一層美味しくいただけるってわけなのである。


器の端から端まで、ギリギリに収められたロースカツ。大迫力のロースカツに半熟の玉子とじが照り輝き、ホントに美味しそうなカツ丼だ。


衣は薄く丁寧に揚げられ、お肉は分厚く食べ応えを重視したロースカツ。

まさしく理想的な衣と肉厚のバランスで、お肉はとっても柔らかく、豚ロースらしい弾力のある食感だ。

コンビニのロースカツも、ここまでのレベルにきたのか!って感銘を受けるほど、質感が高くてうまい!


肉汁が滴ってくるタイプじゃないけど、豚肉特有の甘味がしっかりと口に広がってくる。

甘めのつゆの味が衣に絡んでジューシーな旨味を演出し、そこにトロトロな玉子が加われば、ロースカツという名の「幸せ」をいただくことができるわけで。

もうこれ、ヘタなお店のカツ丼では太刀打ちできないだろうね。


つゆはけっこう濃いめの甘さだけど、玉子の味と合わさると、マイルドな味わいになって食べやすい。

豚肉、玉子、ご飯がガッチリと組み合えば、それは間違いのない美味しさが口の中へやってくる。

大きなロースカツだし、ご飯の量もけっこうあるから、ボリューム感もある。

ホントによく食べる方ではない限り、お腹いっぱいになるはずだし、コスパはかなりいい。

本物志向でそれなりのお値段のお店には敵わないだろうけど、このレベルのカツ丼を498円(税込537円)で出せるお店っていうのは、なかなか見つからないんじゃないかな。

ロースカツの質感からしても、お値段以上のカツ丼だと思うし、セブンで「何を食べようかなぁ」って迷った時には、ぜひ一度手にとってみてほしい。

おすすめ度

★★★★★★★★★☆(星9)
※星3=基準点(及第点)

セブンイレブン
お出汁が決め手!特製ロースかつ丼
発売日:2020年6月9日
価格:498円(税込537円)
カロリー:1食あたり675kcal
たんぱく質:31.4g
糖質:96.4g
食塩相当量:4.2g

最新情報をチェックしよう!