セブンイレブン『東海限定!かき揚げときつねのきしめん』これぞ名古屋めし!すっきりとしながらも和風だしの旨味が詰まった名古屋人好みの仕立て

セブンイレブン『東海限定!かき揚げときつねのきしめん』これぞ名古屋めし!すっきりとしながらも和風だしの旨味が詰まった名古屋人好みの仕立て

スポンサーリンク

 

「名古屋めし」といえば、何を思い浮かべるだろうか。

「味噌カツ、味噌煮込みうどん、手羽先、あんかけスパ、台湾ラーメン」と色々なご当地グルメやB級グルメがあるんだけれど、忘れちゃいけないのが、名古屋近郊でしか食べられない名古屋めしの代表格である「きしめん」。


※きしめんのイメージ写真 photoAC

「きしめん」は、一般的なうどんとは形が異なり、幅が広く薄い麺を使用した、いわゆる平たい形状のうどんである。

東海エリアのうどん屋には、うどんや蕎麦のほかにも「きしめん」を揃えている店舗も多く、東海地域に幅広く根付き、愛され続けてきたご当地麺なのだ。

 

今回はそんな「きしめん」にスポットを充ててみるということで、2019年10月8日に新発売となったセブンイレブンの『東海限定!かき揚げときつねのきしめん』(税込429円)を紹介していこう。

愛知県産の小麦粉「きぬあかり」を使った温かいきしめん。具材には、甘く煮込んだ油揚げ、かき揚げ、葱、鰹節、かまぼこを盛り付け、つゆは地区で馴染みののある、すっきりとしながらもだし感のある味わいに仕立てたとのこと。(1食あたり450kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『東海限定!かき揚げときつねのきしめん』を食べてみた


愛知県産の小麦粉「きぬあかり」を使用。

色が明るく、つるつるシコシコな美味しい麺に仕上がるとのことで、愛知県やその周辺のうどん屋で多く用いられており、まさしく地産地消の小麦粉なのだ。


別添でS&B製の一味がついてくる。中身は赤唐辛子なんだけど、辛味が苦手な方は入れないほうがいいかもね。


セパレート式の器になっていて、下の器に“つゆ”、上の透明なトレーに麺と具材が盛り付けられている。

トレーにある出っ張った部分を引っ張ると、麺と具材が器に入っていくという仕組み。


このようにトレーが斜めになるので、麺と具材がするするっと器に収められるといった感じ。キレイに盛り付けたいなら、ゆっくりと丁寧に箸で押すように入れていったほうがいいかな。


「油揚げ、かき揚げ、葱、鰹節、かまぼこ」が豪華にトッピングされた「きしめん」。鰹だしの利いた“つゆ”と具材の鰹節の香りが合わさって、まるでうどん屋にいるかのような良い香りをはこんでくる。


大きめにカットされた「油揚げ」が2枚。甘く煮込まれており、味だけなら日清のどん兵衛の油揚げに近い感じ。

しかも“つゆ”をたっぷり吸い尽くしているもんだから、じゅわっと染み出てくる鰹だしの旨味がハンパなく押し寄せてくる。


かき揚げは、玉葱をメインに揚げられているけど、ほかの具材は小さすぎてよく分からない。たぶん、玉葱のほかは人参や葱だけっぽい。


衣はサクサクとは縁遠く、フニャフニャを通り越して、もはやトロットロ。

箸で掴むと崩れ落ちていくほどに柔らかく、衣の油脂でジューシーさはあるが、具材の食感はあまり感じられず「かき揚げ」というインパクトは弱いかな。

衣がトロトロになって、油脂が“つゆ”に浸透していくので、コク深い“つゆ”が味わえるっていうのが大きな利点といったところ。

具材としては「かき揚げ」感は少ないけど、「油揚げ」が秀逸な質感だったので、そちらで満足感を得られればヨシとしたいね。


“つゆ”は、鰹だしがたっぷり染み込んでいるね。醤油のまろやかな甘味と鰹だしの旨味が合わさった、純和風の優しい味わいだ。

甘い味付けだけどクドさはまったくない穏やかな味で、すっきりとした飲み口と後味。

まさしく親しみのある名古屋の味であり、これぞ「きしめん」と抜群に合う“つゆ”といった仕立てだ。

また、一味を投入することで、ピリリと辛みが加わり、マイルドな“つゆ”の味が引き締まる。

その辛味に相反するかの如く、和風だしを活かした“つゆ”の旨味が、さらに加速していくように惹き出されてくるのだ。


「きしめん」の特長である幅広の麺だから、麺が“つゆ”に絡むというよりは、巻き取ってくるといったイメージかな。

平麺だけど、つるつるっとした啜り心地も良いし、コシは強くないけどシコシコッとした食感があるね。

鰹風味がしっかりついてくるから、和風だしの風味豊かな「きしめん」を味わえる。


セブンイレブンが作りだした「きしめん」。

名古屋独特の味わいを見事に再現していて、地元のうどん屋もビックリするほどの出来栄えになっているんじゃないかな。

東海エリアの立ち食いうどんや蕎麦屋で食べられるような、安定感のある素朴な味わいの「きしめん」といったイメージ。

税込429円という価格からしても、「きしめん」を食べ慣れている方も納得できる逸品なはずだ。

Advertisement

東海限定!かき揚げときつねのきしめん
発売日:2019年10月8日
価格:398円(税込429円)
熱量:1食あたり450kcal
糖質:63.9g

商品の特徴
・愛知県産の小麦粉「きぬあかり」を使用
・油揚げ、かき揚げ、葱、鰹節、かまぼこを盛り付けた温かいきしめん
・和風だしを活かした甘めの“つゆ”ながら、すっきりとした飲み口と後味

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

そば・うどん・中華麺カテゴリの最新記事