セブンイレブン『ツルッともっちり!冷しちく玉天うどん』★これからの暑い季節に食べたい天ぷらの入った冷やしうどん

セブンイレブン『ツルッともっちり!冷しちく玉天うどん』★これからの暑い季節に食べたい天ぷらの入った冷やしうどん

スポンサーリンク

 

今回紹介するのはセブンイレブンの『ツルッともっちり!冷しちく玉天うどん』。2019年6月4に新発売した商品で、価格は430円(税込464円)。

なんとこれ、「玉子」と「ちくわ」の天ぷらが入っていて、とっても豪華な冷やしうどん。「ちくわ」の天ぷらは冷やしうどんでは定番具材だけれど、「玉子」の天ぷらって珍しくない!?

のど越しの良い冷たい麺に青ネギとかつお節を添え、冷たいままでも食感のいい「ちくわ天」、トロッとした黄身の半熟玉子を組み合わせた、ぶっかけうどん。天ぷらが2つもあるので、カロリーは568kcalとやや高めだが、その分食べ応えがありそうだ。

さっそく実食レビューしていくので、最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『ツルッともっちり!冷しちく玉天うどん』を食べてみた

フタを外してみると、こんな感じ。麺の上に「ちくわ天」などの具材がのっている。

 

具材をフタの上に一旦移動。麺の上に敷かれたビニールシートに具材がのせられていたんだけど、これが不安定で取り出しにくい。

「玉子天」がコロッと転がり落ちそうになったし、これって車の中で食べるのってなかなか大変かもしれない。コスト削減なのかもしれないが、ビニールじゃなくトレーにしてほしかったなぁ。

「青ネギ」だけはカップに入っている。こればっかりはビニールにのせるわけにはいかないもんね。

本体の器には「麺」と「つゆ」が収まっている。

つゆを麺にぶっかける。いかにも「冷やしうどん」らしい、醤油とみりんの甘い香りが漂ってきた。

麺がくっついているので、箸でしっかりとほぐす。ダマになってしまっては、のど越しの良さそうな麺が台無しになってしまうので、念入りにやっておこう。

最後に具材をトッピングしたら完成だ!

Advertisement

斜めにしないと入りきらない大きな「ちくわ天」とゴロッと寝そべる「玉子天」の壮観な姿に、テンションあがってくるぅ!

「かつお削り節」と「青ネギ」もたっぷり入っていて嬉しい。

程よいコシがあって、のど越しの良いうどん麺。つるつるシコシコっとした歯触りとすすり心地、噛めばもっちり食感でうまい!やっぱり「冷やしうどん」はこうでなくちゃね!

つゆは醤油とみりんをベースに、「かつお、さば、いわし」の節だしと「煮干し」や「昆布」の旨みを利かせた、スッキリとした甘さのある味わい。ホントに穏やかな甘みで、小麦の風味香るうどん麺を惹きたたせ、「冷やしうどん」らしいサッパリとした後味をもたらしていた。

 

そして、具材たちも「冷やしうどん」の味わいを盛り立ててくれている。

ふんだんにある「かつお削り節」の香りがいい。つゆに浸せば、鰹の旨み成分が広がり、しみじみとした節系の深い味わいをさらに高めてくれる。

青臭いほどの「青ネギ」の香り。たくさん入っているので香りがけっこう強く、受け付けない方もいるかもしれない。でも、この「青ネギ」独特の風味がいいんだよね。

とにかくデカイ「ちくわ天」。ギリギリ器に入る圧巻的ボリューム。衣から染み出る油分のコクを楽しみつつ、麺をすするとメリハリがあってうまい!

温玉や煮玉子ではなく、天ぷらの玉子ってのがなんか粋な感じ。衣がちょっと剥がれてしまっているが、天ぷらっぽさは出ていたかな。

箸で割ってみると、トロトロな黄身がお目見え。この半熟加減、バッチリですぜ!

とうぜん、トロリとした黄身を麺に絡めるよね~。これがマイルドなコクが出て最高にいい!このマッチングは最強やねぇ。

超個人的主観のオススメ度

★★★★★☆☆☆☆☆(星5)
※星3=基準点(及第点)

今回はセブンイレブンの『ツルッともっちり!冷しちく玉天うどん』を食べてみた。

つるっとシコシコなうどん麺と優しい甘さのつゆが絡んだ味わいは、スッキリとした後味で夏にぴったりな「冷やしうどん」になっていた。

やっぱり目を見張るのが「ちくわ天」と「玉子天」。2つの天ぷらがあることで豪華な具材を楽しめるし、ボリュームの幅も出てくるので、冷やし系の麺のなかでも抜群の食べ応えとなっている。

そして、半熟の「玉子天」がいい仕事をしていて、トロリとした黄身を麺に絡ませれば、良い味変になって2度楽しめるってわけ。

この内容とボリュームで430円(税込464円)なら、コスパはなかなかいいと言えるんじゃないかな。気になる方は食べてみてね!

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

そば・うどん・中華麺カテゴリの最新記事