セブンイレブン『ハムカツサンド(からしマヨネーズ入り)』辛子マヨネーズがピリリとして味付けはいいけど、分厚かったハムカツが薄くなったのは残念極まりない

2020年2月25日にリニューアルを施し新発売した、セブンイレブンのハムカツパン。

『厚切ハムカツパン(からしマヨネーズ)』から『ハムカツサンド(からしマヨネーズ入り)』という商品名になり、価格は180円(税込194円)が160円(税込172円)に値下げとなった様子。

こんがり焼き上げたパンで、ハムカツを挟んだ惣菜パンです。ソースがよくなじんだハムカツとからしマヨネーズが、相性抜群です。(1食あたり420kcal)

引用元:https://www.sej.co.jp

リニューアル前は商品名に「厚切ハムカツ」と謳うように、分厚い迫力のあるハムカツを挟み、貫禄ある風体で商品棚に並んでいて、ほかのパンの中でも異彩を放っていた。

しかし、今回からは“厚切”の看板は外され、パッケージ越しから見てみても、ふつうのハムカツになってしまったのが一目瞭然。

あのハムの分厚さが最大の特長だったのに・・・個人的にはとても残念でならない。

とにかく、実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブン『ハムカツサンド(からしマヨネーズ入り)』を食べてみた


こちらは、リニューアル前のもの。上から見たら、ハムの分厚さがよくわかる。


そして、これが今回リニューアルしたもの。ハムの厚みが半分、いやそれ以上薄くなっている・・・。

ロールパンに2枚のハムカツをサンドしてはいるが、以前の迫力サイズのハムカツには到底敵わないボリュームだ。


甘濃いソースがたっぷりのハムカツと、辛子マヨネーズの組み合わせ。

温めた食べてみたところ、常温時よりもソースの甘い香りが強くなり、ふんわりとしたパン生地の小麦の風味とも合う。

辛子は穏やかに利いて良いアクセントになっているけど、小さなお子様だと辛いだろうから、食べるときには要注意。


ハムカツはサクサクではないものの、衣にソース味がたっぷりと染みこみ、噛めばジュワっとジューシー。

肉厚は薄くなってしまったけれど、柔らかくも嚙みごたえのある肉感。

塩気もちょうどよく、ジューシーな衣の旨みとも相性は抜群だ。


ふんわり食感のコッペパンとハムカツの組み合わせに、辛子マヨネーズでピリッと辛い濃厚なソースの味付けが印象にのこる惣菜パン。

リニューアルでハムカツの食べ応えが下がってしまったのは否めないが、それでも安定した美味しさに仕上がってはいたかな。

総評

★★★★☆☆☆☆☆☆(星4)
※星3=基準点(及第点)

厚みが薄くなったけど、ハムカツの味付けだけは期待を外さない美味しさ。

ただ、180円(税抜)から160円(税抜)に値下げしたとはいえ、それ以上にクオリティのレベルを失ってしまった。

あの重厚な食べ応えのハムカツが美味しさのポイントだったから、今回のリニューアルは失敗だったんじゃないだろうか。

僕がよく利用している、もっと質感の高いお肉屋さんのハムカツは1個60円。

セブンのハムカツよりも断然大きくて厚みがあり、それを2個買っても120円で収まる。

パン生地なんてそんなコストがかかるものでもないし、そう考えるとコスパ的にはあまりよろしくないかなぁっと・・・。

まあ、そうは言っても、味付けのクオリティは高いので「食べてみて損した!」ってことにはならないはずだ。

最新情報をチェックしよう!