セブンイレブン『ハムチーズ揚げパン』そのまま食べてもいいけど「トーストする」か「レンチン」して食べるのがオススメ!

セブンイレブン『ハムチーズ揚げパン』そのまま食べてもいいけど「トーストする」か「レンチン」して食べるのがオススメ!

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『ハムチーズ揚げパン』を紹介していくよ!2019年9月3日に新発売した惣菜パンで、価格は128円(税込138円)。

ふんわり、しっとりとした食感のパン生地に、スライスハムとゴーダチーズを挟んだ揚げパン。香ばしいパン生地と、具材の程よい塩味が相性抜群ということだ。(1食あたり302kcal)

ハムチーズ揚げパン』というネーミングが、とっても魅力的で惹きつけられる。商品名からすでに美味しそうなんだよね。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『ハムチーズ揚げパン』を食べてみた


カリカリに焼けたパン生地が、まるでカレーパンのような感じ。表面は、けっこう脂ギッシュだから、素手で直に持たないほうがいいかも。

パン生地はふんわりとジューシー。

表面はサクッと、中はふんわりとした食感でオイリーな甘みを感じ、そこにチーズの旨みと風味がのっかってくると、コイツがめちゃ美味しい!


三角形の揚げパンの中には、ハムとゴーダチーズが入っている。

チーズの旨みが凝縮された芳醇なコクと風味。それでいて、クセのないマイルドな塩気と、バターのようなまろやかな香りと口当たりも持ち合わせる。

ガツンとした濃厚なチーズ感ではないが、きちんとチーズの旨みとトロリとした食感を味わえ、程よい塩気で意外とサッパリとした後味なのが高ポイントだ。

ジューシーな揚げパンのオイリーな旨みに、チーズのコクや風味がバッチリとハマった美味しさになっている。


しかし、だ。ハムさんよ、お前はいったい何をやっているんだ!?

若干ハムの味はするものの、厚みが薄すぎて食感が弱く、チーズのコクと風味、パン生地のオイリーな味わいに、完全に打ち負かされてしまっている。

ハムを意識して食べてみても「そこにいたの!?」ってくらい、頼りない存在なのだ。

パン生地とチーズの旨みがすごく活かされているから、ハムがなくても質感と美味しさは成り立っている。

だけど、もう少し厚みのあるハムだったら、かなり印象の違う仕上がりになったことだろう。


そのまま食べてもいいけど、オーブントースターで焼くか、電子レンジで温めるのがオススメ。

今回は電子レンジで加熱してみたけれど、パン生地のサクサク感が増し、ジューシーな旨みもかなりパワーアップ!

生地の中にあるゴーダチーズもトロトロとろけ、より一層コクと風味が強くなって、食べ応えが出てくるのだ。

断然こっちのほうが美味しくいただけるので、もし『ハムチーズ揚げパン』を食べるときがあるのなら、トーストかレンチンするかを是非試してみてほしい。

Advertisement

総評、おすすめ度

★★★★★☆☆☆☆☆(星5)
※星3=基準点(及第点)

ハムの存在感が弱いのは残念だけど、それを払拭してしまうほどのチーズ感がある揚げパンだった。

表面サクサク、中はふんわりとしたパン生地と、芳醇なゴーダチーズは、もはや鉄板の組み合わせといったところ。

カレーパンのような生地、トロリとしたチーズの食感が好きなら、かなり気に入るんじゃないかな。

常温そのままで食べるよりも、トーストするかレンジで温めるか、それがいちばん美味しくいただける。

念を押すようだが、必ずそうやって食べてほしい逸品だ。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

パン・ハンバーガーカテゴリの最新記事