セブンイレブン『牛すき焼き弁当』見た目以上の食べ応えで、コンビニのすき焼き弁当としては好感が持てる美味しさ

セブンイレブンの『牛すき焼き弁当』を紹介していくよ!2019年12月17日に新発売したコンビニ弁当で、価格は550円(税込594円)。

牛すき焼きをおかずにしたお弁当。たまり醤油を使い、甘濃い味付けに仕立てたとのこと。(1食あたり740kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

セブンイレブン『牛すき焼き弁当』を食べてみた


フタを開けた状態がこちら。胡麻をまぶした白いご飯と、おかずの牛すき焼きが盛り付られる。


厚みは薄いけど、しっかりとした牛肉に、すき焼きでは定番の、葱、玉葱、椎茸、糸こんにゃくも揃う。

これに白菜や豆腐もあれば完璧な布陣なのだが、この価格帯のコンビニ弁当でそこまで望むのは贅沢なのだろうか!?


お肉の量がちょっと少ないかなとは思いきや、けっこうボリュームがあって食べ応えは◎。


ほどよい脂がのっていて、赤身とのバランスが良い牛肉。

高級和牛のような、口の中でとろける柔らかさではないが、コンビニのすき焼きってことなら充分合格レベルの食感。

たまり醤油を使用した、甘い醤油ダレがたっぷり染み込んで、しっかりと美味しい。

溶き卵は付属していないので、自分で玉子を用意して楽しむのもヨシ。


すき焼き弁当ってことで、葱、玉葱、椎茸、糸こんにゃくも入っている。

牛肉もさることながら、見た目以上に食べ応えがあっていいね。

ただ個人的には、お肉よりも好きな白菜がないのは、とっても残念。

クタクタに甘濃い味が染み込んだ白菜ってめちゃうまいのだ。


その白菜の代わりを担ってくれるのが、玉葱といったところ。

おつゆをたっぷり吸い込み、鮮やかな飴色に染まった玉葱は、甘濃いすき焼きの味わいを、すべてまとめて味わい尽くせる凄いヤツ。

この玉葱、侮るべからず。

牛肉にも負けるとも劣らない、味わい深さだ。

おすすめ指数

★★★★★☆☆☆☆☆(星5)
※星3=基準点(及第点)

すき焼き弁当ということで、牛肉を筆頭に「葱、玉葱、糸こんにゃく」という、すき焼きの定番具材がある程度揃っていて、コンビニ弁当としては好感が持てる内容だった。

とにかく甘いすき焼きの味付けが好きって方なら、バッチリとハマる美味しさになっているんじゃないかな。

コンビニ弁当で550円(税込594円)は高めの値段設定だけど、この質感と内容ならギリギリ許容できる範疇ってところ。

もしもリニューアルしてこれ以上の価格を超えてくるのなら、牛肉のレベルを上げ、もっと具材の種類を増やさないと、誰も納得できないだろうね。

 

牛すき焼き弁当
発売日:2019年12月17日
価格:550円(税込594円)
熱量:740g
糖質:92.0g
食塩相当量:3.9g

商品の特徴
・牛すき焼きをおかずにしたお弁当
・たまり醤油を使った甘濃い味付け
・見た目以上の牛肉や具材の食べ応え

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

最新情報をチェックしよう!