セブンイレブン『焙煎ごまドレッシングのラーメンサラダ』忙しくて野菜をなかなか摂れないって方、オフィスランチなどで如何!?

セブンイレブン『焙煎ごまドレッシングのラーメンサラダ』忙しくて野菜をなかなか摂れないって方、オフィスランチなどで如何!?

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『焙煎ごまドレッシングのラーメンサラダ』を紹介していくよ!2019年8月27日に新発売した商品で、価格は298円(税込321円)。

「カニカマ、わかめ、ゆで玉子、にんじん」を彩りよく盛り付け、熟成麺を使用したラーメンサラダ。炒った胡麻を使った「焙煎ごまドレッシング」をかけて、麺と野菜を一緒にいただくとのことだ。(1食あたり404kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『焙煎ごまドレッシングのラーメンサラダ』を食べてみた


こちらが開封した状態。パッと見た感じはふつうのサラダっぽい。


別容器に「焙煎ごまドレッシング」が入っている。コイツが味の決め手になるってわけだ。


蟹の身に限りなく近い赤い色味に、細くて長い繊維質な見た目が、いかにもカニカマらしい。

小さめにカットされており、もっちりした弾力やプリッとした食感は弱いが、ほんのりとした甘みは感じる。


細切りのニンジンが彩りよく、磯の香りがするワカメも入っている。


半熟ではないけど、完全に完熟でもない茹で卵が2切れ。固まりきっていない黄身は、完熟と半熟の良いトコ取りをした、マイルドな甘みとコクを味わわせてくれる。


カニカマなどの具材の下には、キャベツとレタスの姿もお目見え。サラダを語るならば、絶対に外せない野菜だ。


さらにキャベツとレタスの下に、黄色みのある熟成麺も登場。

麺がピタッとくっつき、ドレッシングだけではかなりほぐしにくいのが難点やね。

食べる前から麺と格闘を始めなければならない、何とも言えないもどかしさ。

このほぐれにい麺を、なんとか改善してほしいと切に願う。


これらの具材や麺に「焙煎ごまドレッシング」をぶっかけ、豪快に混ぜ込んでいく。見た目はイマイチだけど、こうやって食べるのがいちばん美味しいのだ。


胡麻風味が香ばしく、マヨネーズのコクが利いたドレッシング。隠し味的にみりんや砂糖の甘みを感じ、リンゴ酢の酸味でサッパリといただける。

生姜や赤唐辛子も入っていて、キリッとした風味と、ほんのりとした辛味で後味の良さを演出してくれるのだ。

つるっとのど越しの良い麺に、胡麻ドレッシングが絡めば、マヨネーズたっぷりの冷やし中華に胡麻の風味を付け足したような感覚でいただけちゃう。

胡麻ドレッシングとラーメンの組み合わせ、これはなかなかイケるじゃないか!


豊富な野菜にも胡麻ドレッシングが良く絡んで美味しい!

胡麻風味がけっこう強いので、キャベツやレタスの独特な苦みをそれほど感じることなく食べることができる。

こういった麺とサラダをドッキングさせた食事サラダは、なかなか野菜を摂取できないって方には在り難いだろうし、ふだんは野菜を敬遠しがちな方でも食べやすいくなっているからいいよね。

Advertisement

総評、おすすめ度

★★★★★★☆☆☆☆(星6)
※星3=基準点(及第点)

胡麻ドレッシングとラーメンって、なかなか合うもんだなぁって感心したラーメンサラダ。

野菜たっぷり、茹で卵までついて満足度は高いけど、あとは豚の冷しゃぶでもあったら完璧かも。

今後リニューアルや新商品として展開するなら、『焙煎ごまドレッシングのラーメンサラダ』改め、『焙煎ごまドレッシングの豚しゃぶラーメンサラダ』っていう商品も食べてみたい気がするかな。

それは置いとくとして、今回のラーメンサラダはぜひ定番化してほしいと思う。

298円(税抜)というお手頃な価格も魅力的で、価格の近いサンドイッチよりもお腹は満たされるから、忙しくて野菜をなかなか摂る機会がないって方に、オフィスランチなどで活用していただきたい逸品だ。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

サラダカテゴリの最新記事