セブンイレブン『厳選米おむすび 青高菜』素材を活かした仕立てのおにぎり!青高菜が厳選米を惹き立てるシンプルな味がうまい!

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブンの『厳選米おむすび 青高菜』を食べてみることに。2020年1月14日に新発売したおにぎりで、価格は110円(税込118円)。

粒立ちがよく程よい粘りと旨味がある、厳選米を使ったおむすび。油で炒めた青高菜を炒り胡麻で和え、食感と風味ある味わいに仕立てたとのこと。(1食あたり173kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブン『厳選米おむすび 青高菜』を食べてみた


海苔が巻かれていない、白米だけのシンプルなおにぎり。

お米と具材の青高菜を一切邪魔するものはなく、素材そのままを活かした仕立て。

厳選米を使っているだけあり、輝くような綺麗なお米。

そして、ほのかに香る青高菜の風味が食欲を刺激する。


中身の高菜はちょっと量が少ないが、これがホントにうまい!

青高菜は、油で炒めたコクのある旨味を纏い、炒り胡麻の香ばしさがふわっと漂う、風味豊かな仕立て。

漬物みたいではなく、野菜炒めのような旨味があり、それでいてまったくクドさのない後味にまとまっている。

青高菜のさっぱりとした塩気が、白いご飯に相性が良すぎるほど合っており、ご飯と青高菜だけのシンプルにして純朴な美味しさを楽しむことができるのだ。


小細工無しで、厳選米と中具の美味しさを惹き出したおにぎりってところ。

味付けの濃い中具だと、ご飯が脇役になってしまうけど、この青高菜なら、ご飯本来の旨味や甘味を楽しめるってのが大きなポイントだよね。

おにぎりなんて、こういう素朴なものでいいんだって、改めて思わせられた気がするかな。

おすすめ指数

★★★★★★☆☆☆☆(星6)
※星3=基準点(及第点)

中具の青高菜はちょっと少なめだけど、青高菜がご飯を惹き立てる美味しさになっていて、またリピートしたくなる逸品だった。

110円(税込118円)という価格も嬉しく、お弁当1個だけでは足りないってときに重宝できそう。

肉系具材のおにぎりとは違い、さっぱりとした味だから、軽く済ませたい夜食にもおすすめ。

とにかく厳選米を美味しくいただくには、ベストマッチな青高菜だったかな。

最新情報をチェックしよう!