セブンイレブン『1/2日分の野菜!デミトマ仕立てロコモコ』女子ウケ良さそうなロコモコ丼!甘くてコク旨なデミトマトソースがたっぷり!

セブンイレブン『1/2日分の野菜!デミトマ仕立てロコモコ』女子ウケ良さそうなロコモコ丼!甘くてコク旨なデミトマトソースがたっぷり!

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『1/2日分の野菜!デミトマ仕立てロコモコ』を紹介していくよ!2019年7月16日に新発売した商品で、価格は460円(税込496円)。

ジューシーなハンバーグと野菜が溶け込んだデミトマソースを組み合せ、彩りのよい野菜、玉子を盛り付けたロコモコ丼とのことだ。これだけで1日に必要な野菜の半分を摂取することができるらしい。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『1/2日分の野菜!デミトマ仕立てロコモコ』を食べてみた


電子レンジで温め、フタを取り外すとこんな感じ。


丼ぶりタイプのコンビニ弁当は、セパレートタイプの2段式のものが多い。メインになる器に白いご飯が盛ってあり、上に重なっていたトレーにはハンバーグなどの具材が揃う。


大きなハンバーグを筆頭に、「玉ねぎ煮、ヤングコーン煮、なす揚げ、茹でブロッコリー、パプリカ二煮」が彩りよく並び、ロコモコの影の主役とも名高い「半熟玉子」も入っている。

目に見て取れる野菜だけでは、1/2日分の野菜が摂れるようにも思えないけど、デミトマソースには野菜がたっぷり溶け込んでいるらしいから、きちんと野菜を摂取できるだろう。

 

トレーに盛ってあったハンバーグなどの具材をご飯の上にトッピングしたら完成だ。

ロコモコといえば、新鮮なレタスやトマト、アボカドなんかがのっていたりするイメージがあるけど、「これがロコモコ丼だ!」とセブンイレブンが言うのだからそうなのだろう。

なんとなくモヤッと引っかかる気がしつつも、さっそく食べてみることに。


デミトマトソースは甘めの味付けで、ほんのりとトマトの酸味を感じる仕上がり。コクがしっかりある甘さが先行してくる味わいとなっていて、まろやかなトマトの酸味を奥に忍ばせている。

 

コク旨なデミトマトソースとホカホカなご飯の相性は抜群!

昔ながらの商店街にある洋食屋のデミトマトソースのようで、どこか懐かしく安心感のある味わいだ。

ただ、人によっては甘口すぎて、デミグラスの甘さばかりが目立ってしまう印象を持つかもしれない。

大人な男性よりも、お子さん向きな味でもあるし、女子ウケしそうな味になっているんじゃないかな。


メインのハンバーグは大きくて食べ応えがある。ソースがたっぷりかかっていて、トマトの酸味が穏やかに利いたデミグラスの味わいを肉の旨みと一緒にいただける。

ここまでソースがたくさんだと、なんか煮込みハンバーグみたいな気がしてくるね。


中身を割ってみれば、じゅわっと肉汁がこぼれ落ちてくる。肉厚なハンバーグはふわっと柔らかく、肉の旨みがたっぷりと詰まっていて美味しい。


半熟玉子を割ってみると、とろとろな黄身が溢れだしてくる。黄身が広がっていくこの感じ、なかなかいいね。


デミトマトソースとご飯に、卵黄を絡めて食べれば、さらにコクが出て美味しさがパワーアップ!これが最高にいいんだよね。

今回食べたセブンのロコモコ丼は、穏やかなトマトの酸味があるデミトマトソースの味わいで食べ進みの良さがあり、気が付けば一気に完食してしまっていた。

一般的に知られるロコモコの具材は揃いきっていないけど、これはこれで完成されたロコモコ丼になっているんじゃないかな。

Advertisement

総評、食べてみた感想

★★★★★☆☆☆☆☆(星5)
※星3=基準点(及第点)

デミトマトソースのコクと甘さがしっかり出ているし、ハンバーグもなかなかジューシーでまとまった仕上がりになっている。

セブンイレブンはロコモコ丼と謳っているけど、ハンバーグがのったハヤシライスといったほうがしっくりくる味かも!?

気になるところは、この甘いデミトマトソースが合わないって方もいるかもしれないってことと、ご飯の量も少ないから男性には物足りなさがあるってことやね。

勝手な想像だけど、女性が好きそうなロコモコ丼っていうイメージがするかな。

気になる方はぜひ食べてみてね!

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

お弁当カテゴリの最新記事