【今更ながらうまかった】セブンプレミアム『チャーシュー盛つけ麺』★魚介が凝縮されたスープのうまさ×小麦香るもっちり極太麺は至高の一品だった話

【今更ながらうまかった】セブンプレミアム『チャーシュー盛つけ麺』★魚介が凝縮されたスープのうまさ×小麦香るもっちり極太麺は至高の一品だった話

スポンサーリンク

 

セブンプレミアムの『チャーシュー盛つけ麺』がめちゃくちゃうまい!

ずいぶん前から評判のいい商品なので、もうご存知の方も大勢いるだろうし、「なにを今更」ってなものかもしれないが、「これがホントに冷凍麺なのか!?」っていう衝撃的な美味しさなんだよね。

 

こちらがその『チャーシュー盛つけ麺』、250円(税込270円)。パッケージの写真を見ているだけでも、めちゃ美味しそうなのがビンビンに伝わってくるよね。

小麦の風味が香るもっちり極太麺と、風味豊かで濃厚な魚介スープの組み合わせ。そこに「三元豚の豚バラ巻きチャーシュー」をトッピングしたつけ麺。

内容量は1食当たり363gになっているんだけど、なんと麺だけで300gもあるってんだから、ボリュームが凄いのなんのって。

もちろん冷凍麺なので電子レンジで調理が可能だ。ただ、今回の『チャーシュー盛つけ麺』についてはレンジで温めるだけっていうわけではなく、スープのお湯を沸かしたり、麺を冷水でシメたりするので、作り方がちょっと面倒ではあるのだけれど。

まあ、炒めたり煮たりするわけでもないし、美味しい「つけ麺」が食べられるのなら、これくらいのことはいいよね。

スポンサーリンク

セブンプレミアム『チャーシュー盛つけ麺』を食べてみた

さっそく調理をはじめていくが、まずは中身を確認。

麺とチャーシューが入った袋の「具付麺」、「スープ、魚粉」の3袋が入っている。

凍ったままの「具付麺」を具材(チャーシュー)を上向きにして袋ごと皿にのせる。あとはこのまま電子レンジで温めてやるだけ。

レンジの加熱時間は、500wで約6分30秒、600wで約5分30秒。まだ冷たい場合は、10秒ずつ追加熱すればオッケーとのこと。

レンジで加熱している間に、スープをつくっていこう。スープを器にあけて、熱湯約100ccを注ぎ、よくかき混ぜて溶かしていく。

スープが完全に溶けきったら、別添の「魚粉」を加えて仕上げる。魚粉がほとんど溶け込んでしまうので見た目にはわからないが、煮干しやかつお節系の香りがムンムンと力強く漂ってきている。

加熱調理が終わったら、レンジから「具付麺」を取り出し、袋にある点線に沿って開封する。

袋の開け口から水道水を流して麺を冷やしていく。袋の下側に小さな穴があけてあるので、そのまま「水切りザル」として使える優れもの。こりゃなかなか考えましたなぁ。

冷水できっちりとシメた麺を袋から器にあけ、チャーシューをそっと添えたら完成だ。

それにしても魚介の香りがすごい!食べる前から濃厚さが分かるくらいだ。うん~、これはうまそうじゃないかっ!

この極太麺の堂々とした姿!箸で持ち上げるとズッシリとしていて、この迫力はまさに重量級。冷水でシメたおかげで、小麦の風味もふんわりと。

つけ汁に浸して、ずるずる~っといってみると・・・

 

なんだこれ!?めちゃうまい!うますぎるぞぉ!!

 

麺はパンパンに張った弾力で、ものすごくコシがある!

噛めばちょっと跳ね返してくる弾力の強さがあり、それがガッシリとした食べ応えでうまい!

魚介の旨みをトコトン詰め込んだスープとも相性抜群!

しっかりとした弾力を持ちつつ、もっちもちな食感も兼ね添えていて、「つけ麺」らしいゴワゴワ感も味わえる素晴らしいクオリティの麺だ。

 

麺をスープにつけて味わってみれば、スープから香る煮干しに、かつお節がメインの魚粉が加わって、これがなんともパワフルな魚介の風味となって、食欲を掻きたててくる。

魚介の旨みと風味は、明確な強い旨みを生み出しつつも、濃厚な魚介が豚や鶏の甘いコクある旨みを包み込むように奥深い味わいをもたらす。

豚と鶏がしっかりと下地をつくり出しているため、よくある「魚介豚骨」に比べてみるとマイルドな仕上がりで、じみじみと魚介を堪能できるうまさがあるね。

それはもう、豪快な食べ応えのもちもち極太麺と組み合えば、至福のうまさを味わえるってわけで。

 

そして極め付けは、三元豚を使用した「豚バラ巻きチャーシュー」。

これ、めちゃいい!大きさも充分だし、程よい脂身のノリと、しっとりとした食感。トロトロ系ではなく、サッパリめ。しっかりとした嚙みごたえで肉感溢れるチャーシューだ。

270円(税込)という価格からしてみれば、このチャーシューは革命的なクオリティと言ってもいいだろう。

スポンサーリンク

超個人的主観のオススメ度

★★★★★★★★☆☆(星8)
※星3=基準点(及第点)

今回は、セブンプレミアムの『チャーシュー盛つけ麺』を食べてみた。

これが270円(税込)。素晴らしいのひと言やね。

この値段で、この美味しさで、このクオリティ。わざわざ、つけ麺専門店やラーメン店に出向かなくてもいいんじゃないかってくらい。こんな冷凍麺をつくられちゃったら、お店もたまったものじゃないだろうね。

以前から「セブンのつけ麺はうまい!」との噂だったが、その評判通りの美味しさだった。

食べたことがある方にとっては今更感があるだろうが、まだ食べたことないって方には絶対食べていただきたいってほどオススメな一品だ。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

冷凍食品カテゴリの最新記事