セブンイレブン『とろ~りチーズのチキンカツカレー』さすがのセブンクオリティ!柔らかくてジューシーなチキンカツをぜひ一度食べてみてほしい!

セブンイレブン『とろ~りチーズのチキンカツカレー』さすがのセブンクオリティ!柔らかくてジューシーなチキンカツをぜひ一度食べてみてほしい!

スポンサーリンク

 

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

今回は、セブンイレブンの『とろ~りチーズのチキンカツカレー』を食べてみることに。2019年12月31日に新発売した商品で、価格は480円(税込518円)。

とろけるチーズをトッピングしたチキンカツカレー。カレーは鶏肉のコクと野菜の甘味を加えて食べ進みよく仕立てたとのこと。(1食あたり823kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『とろ~りチーズのチキンカツカレー』を食べてみた


カレールゥとご飯が別々に盛り付けられた、セパレート式の器。この器はセブンでは定石で、ご飯やチキンカツの衣がカレールゥでベチャつくことを最小限に抑えられる。


カレールゥをご飯にかけた状態がこちら。真ん中に鎮座するチキンカツの姿と、スパイスの利いたカレーの香りがめちゃ食欲を誘ってくる。


とろ~りチーズのチキンカツカレー』ということで、カレーにとろけたチーズ入り。

カレーとチーズの相性の良さは、すでにココイチのカレーで実証済みの方も多いことだろう。


デミグラスソースをベースに、鶏肉のコクと野菜の甘味を惹き出した、濃厚なコクがあるカレーの味わい。

スパイシーなカレーの辛味がマイルドになり、チーズのまったりとしたコクで旨味が増す。

確かにカレーとチーズが奏でるハーモニーってやつを味わえるが、それはほんの2~3口ほどの幸せ。

あまりにもチーズが少なすぎて、「とろ~りチーズ」という商品名のような、充分すぎるほどのチーズ感は楽しめない。

まあ、チーズがなくても、セブンのカレーは安定した美味しさは相変わらずなので、とりあえずヨシとしておこう。


チキンカツはボリュームあるし、やっぱりカレーによくある具材なのは間違いがない。


衣はサクサクではないけど、油脂のコクが染み込んでいるから、重厚な旨味のチキンカツを味わえる。

鶏肉は、歯がスーッと入っていくような柔らかさで、プルプルッとした弾ける嚙み応えもアリ。

柔らかくも身の締まりを感じ、噛めばジューシーな肉汁が口いっぱいに広がってくるのだ。


このチキンカツを食べるだけでも、充分価値のあるカレー弁当。

サンドイッチやハンバーガーに使用しているチキンカツと同じものだと思われるが、カレーにトッピングしたってクオリティが高くて美味しすぎる。

ホントに柔らかくてジューシーな鶏肉になっていて、これだけの質感はコンビニ商品のレベルを遥かに超えてしまっているのではないか。

さすがにココイチのような出来立て感はないものの、チルドのお弁当でここまでのチキンカツに仕上がっているのは、おそるべしセブンってところやね。

Advertisement

おすすめ指数

★★★★★★★★☆☆(星8)
※星3=基準点(及第点)

とろ~りチーズのチキンカツカレー
発売日:2019年12月31日
価格:480円(税込518円)
熱量:823kcal
糖質:121.0g
食塩相当量:4.2g

商品の特徴
・チーズをトッピングしたチキンカツカレー
・鶏肉のコクと野菜の甘味を加えたカレールゥ
・柔らかくてジューシーなチキンカツ

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

お弁当カテゴリの最新記事