セブンイレブン『ブリトー炭火焼てりやきチキンチーズ』お気に入りに加えてほしい和風ブリトー!朝食や夜食にもオススメだよ!

セブンイレブン『ブリトー炭火焼てりやきチキンチーズ』お気に入りに加えてほしい和風ブリトー!朝食や夜食にもオススメだよ!

スポンサーリンク

 

セブンイレブンで安定した人気を誇るブリトー。

「ハム&チーズ」や「2種チーズのマルゲリータ」など種類も豊富で、その美味しさはもちろん、レンジで温めればそのまま片手で食べられるお手軽さも人気のひとつ。

今までのラインナップでは洋風のブリトーが多かったが、今回紹介する『ブリトー炭火焼てりやきチキンチーズ』はその名の通り和風のブリトーとなっている。

2019年7月30日に新発売した商品で、価格は232円(税込250円)。

てりやきチキンととろけるチーズを組み合わせたブリトーです。てりやきチキンは、炭火で焼き上げた鶏肉に、香ばしい醤油味の甘辛照り焼きソースで味付けました。隠し味にはちみつを加えて、コクと深みを引き出しました。(1食あたり251kcal)

引用元:https://www.sej.co.jp

照り焼きチキンやら照り焼きハンバーグやら、ハンバーガーでも定着した人気と美味しさがあるわけだし、照り焼きチキンとチーズを組み合せたブリトーだってけっこうイケるはず。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『ブリトー炭火焼てりやきチキンチーズ』を食べてみた


炭火焼の香ばしさがとってもいいブリトー。パン生地が違うだけで、香りは照り焼きバーガーそのもの。


もちもち生地なのは当然ながら、フィリングの甘い味付けとチーズのコクともベストマッチとも言えるバランスが素晴らしい。

トマトソースなど強い味を待つ洋風の味付けとは違い、生地を活かす甘しょっぱい炭火焼照り焼き味の主張だ。

食べてみれば、洋風ブリトー陣よりも和風の炭火焼照り焼きのほうが生地と合っていて美味しいとさえ感じる。


細かくカットされたチキンがゴロゴロ入っていて、どこを食べてもチキンが現れるから嬉しい。

照り焼きの味付けは醤油ベースに、みりん、砂糖、黒酢などを加え、隠し味としてハチミツの甘みで味を調えているイメージだ。

マックの照り焼きバーガーなんかは甘辛いけど、それとは違い甘しょっぱい。

例えるのなら、焼き鳥の缶詰みたいな甘しょっぱい照り焼き風味といったところかな。


始めのうちはチーズを感じなかったが、生地の端に偏っていたのか、少し食べていくとチーズのコクがドカンとやってくる。

なかなか強いチーズ感なので、照り焼き味が少し押され地味になってしまうが、甘しょっぱさにチーズの塩気が加わり、さらに旨みが加速していく。

とろ~っとしたチーズを絡めて食べてもチキンは最高なパフォーマンスを魅せてくれるし、炭火焼の香ばしさもチーズにすごく合っていて、香りからしても美味しいのだ。


なんとなく想像はついたけれど、実際に食べてみても照り焼き味のブリトーは違和感のない組み合わせだったし、炭火の香ばしさとチキンの旨み、チーズのコクが融合した美味しさをたっぷり楽しめた。

美味しいとは分かってはいたものの、ここまで照り焼きチキンがブリトーに合うなんて!

セブンでブリトーを買い求めるなら、これをいちばんのお気に入りにしちゃってもいいかなぁって思えてきたよ!

Advertisement

総評、食べてみた感想

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

照り焼きチキンとチーズの相性は良く、間違いのない安定感のある仕上がりの和風ブリトーといったところ。

2つ入りが主のサンドイッチと比べるとボリュームはなく、サンドイッチと同程度の税込250円はちょっとお高く感じてしまうが、食べてみれば値段に見合う価値のあるブリトーだと思えるはず。

洋風で味の濃いブリトーはビールがめちゃ合って好きなんだけど、今回の照り焼きブリトーは濃すぎないちょうどいい甘しょっぱさだから、朝食や夜食にも合うだろうし、幅広いシチュエーションをカバーできる美味しさになっているんじゃないかな。

気になる方はぜひ食べてみてね!

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

パン・ハンバーガーカテゴリの最新記事