セブンイレブン『ふわっとどら あんバタークリーム』まるで餡子で食べるパンケーキ!?濃厚なバタークリームの塩気と上質な餡子の甘味で絶品な甘しょっぱいスイーツに!

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブンの『ふわっとどら あんバタークリーム』を食べてみることに。2020年1月14日に新発売したコンビニスイーツで、価格は188円(税込203円)。

あんバタークリームを挟んだどら焼き。どら焼き生地は、卵の味わい豊かな仕立てで、餡とバタークリームを組み合わたとのこと。(1食あたり301kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブン『ふわっとどら あんバタークリーム』を食べてみた


セブンのこだわり卵「エグロワイヤル」を使用した生地、フランス産バターで仕立てたバタークリーム、北海道産小豆の粒あんという、贅沢極まる素材が融合したどら焼き。


ふんわり、しっとり、ふっくら柔らかな食感のどら焼き生地。

ほのかに蜂蜜の香りを感じる風味豊かな生地になっており、バタークリームと粒あんを優しく包み込んでいる。


どら焼き生地をめくってみると、厚く盛られた粒あんの上に、バタークリームがどっさり。


ホクホクとしっかり甘い北海道産小豆の粒あんに、バタークリームがドーーンとのっかってくる濃厚な味わい。

粒あんの控えめで上品な甘さに、バタークリームの塩気がちょうどいい具合で折重なっている。

口の中に明確にのこる、存在感のある甘しょっぱさ。

これは、なかなかハイレベルなどら焼きの出来栄えで、めちゃうまい!というほかにない。


濃厚なコクがあるバタークリームと上質な甘味の粒あんを、ふんわり食感のどら焼き生地で挟んでいただくっていう、この幸せは計り知れない。

そもそも、バターやマーガリンが餡子と合わないわけがない。

それは、名古屋名物の「小倉トースト」が、その相性の良さをとっくに証明しているわけで。

また、レンジで温めて食べてみるのもおすすめ。

バタークリームがとろりと溶け、どら焼き生地がじゅわっとジューシーに仕上がり、まるで餡子で食べるパンケーキみたいに。

そのまま食べても、温めて食べても、どちらも美味しいどら焼きを楽しめるよ!

おすすめ指数

★★★★★★★★☆☆(星8)
※星3=基準点(及第点)

濃厚なバタークリームだけど、クセがなくてクドさはないので食べやすい。

バターの塩気と餡子の甘さが合わされば、絶妙な甘しょっぱさになり、口の中は至福の美味しさで埋め尽くされる。

188円(税込203円)の買い求めやすい価格で、サイズ的にも食後のデザートにぴったり。

きちんと甘さがあるけど、甘すぎないスイーツを食べたいってときにおすすめやね。

最新情報をチェックしよう!