セブンイレブン『にんにく醤油ダレの豚バラチャーシュー丼』大振りなチャーシューで食べ応えあり!ニンニクが利いた醤油ダレで旨味のあるチャーシュー丼

セブンイレブン『にんにく醤油ダレの豚バラチャーシュー丼』大振りなチャーシューで食べ応えあり!ニンニクが利いた醤油ダレで旨味のあるチャーシュー丼

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『にんにく醤油ダレの豚バラチャーシュー丼』(税込550円)を紹介していくよ!

セブンの公式サイトに記載がない商品だけど、新発売となっていたので購入してきた。

大振りなチャーシューで埋め尽くされた、肉のボリュームの凄味に一目で心を奪われたわけである。

価格は税込550円で、コンビニ弁当としては高価な部類になるけど、その輝きを放つチャーシューの前に、お腹を空かせた男子ならば迷わず手に取ることだろう。

そういう自分もその内のひとりなわけで、さっそく食べてみることに。

スポンサーリンク

セブンイレブン『にんにく醤油ダレの豚バラチャーシュー丼』


レンジで温めた状態がこちら。

大きなチャーシューが5枚も並び、チャーシューと相性が良いメンマ、もやしが揃い、しっかりと脇を固めた完璧な布陣がニクイ。


丼ぶり型のお弁当では、もはや定番スタイルである2段式の器。

ご飯と具材がきちんと分けられているから、具材の水分などでご飯がベチャベチャにならないのだ。


もやしで嵩を増すことなく、チャーシュー丼にふさわしい、この迫力のチャーシュー!

ドド~ンと真ん中に堂々と君臨する、5枚のチャーシューがなんとも頼もしいじゃないか。


チャーシューに醤油ダレがたっぷりとかかり、香りは最高潮に達し、絶対的にうまいと分かる。

思ったよりチャーシューの厚みはないが、とっても柔らかくて甘辛いタレの味がよく絡む。


ホントに柔らかい肉感で、ほとんど噛まなくてもいいくらい。

まさしく口の中でとろける食感になっていて、しっかりのった脂のコクと豚の甘味が一気に溢れ出してくる。

醤油ダレの甘さとニンニク風味がガツンと押し寄せ、旨味は強いがしつこさのない味わいだ。


ピリッと辛いもやしナムル。醤油ダレのコク甘さもしっかりと含んでおり、これがちょうどいい甘辛さ。

もやしナムルに醤油ダレの相性はかなりいい。

政府間では色々とひと悶着はあるのだが、日韓両国の味がガッチリと手を組み合った仕立てと言えるだろう。

味の美味しさに国境はなく、つまらない争いは全くないのである。


メンマは小ぶりで2枚しかないんだけど、甘い味付けが施されていて美味しい。

チャーシューに付き物といったメンマだし、もっと食べたい衝動に駆られてしまうね。


大振りなチャーシューだから、肉巻きにしてご飯を食べれちゃう。

粒立ちの良いご飯に、肉の旨味がたっぷりと絡んで、ホントにうまい!

ちょっと行儀の悪い食べ方だけど、こうすることでガッツリ感が出てきて美味しさが倍増するんだよね。

ある意味、贅沢なチャーシューの味わい方かも。


大きいチャーシューは食べ応えがあって、はっきり言ってコンビニのレベルを超えたチャーシュー丼になっているんじゃないかな。

醤油ダレの甘さがちょうどよく、副菜であるもやしのピリ辛さも寄与し、相乗効果で旨味が増してくるのだ。

ただ、最後のほうはご飯にタレが絡んでこなかったので、もう少し醤油ダレの量があったらいいかなぁ。

それ以外は文句の付けどころがなく、甘めの味付けが好きって方には、かなりおすすめのチャーシュー丼やね。

コンビニ弁当にしては少々お高い550円(税込)の価格にも、充分見合う内容になっているはずだ。

Advertisement

おすすめ指数

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

にんにく醤油ダレの豚バラチャーシュー丼
発売日:不明(2019年12月2日時点で新発売になっていた)
価格:510円(税込550円)
熱量:619kcal
糖質:85.1g
食塩相当量:3.7g

商品の特徴
・大振りなチャーシューを盛り付けた、食べ応えのあるチャーシュー丼
・醤油ダレの甘い味付けが施されたチャーシュー
・ピリ辛なもやしナムルと、味付メンマの副菜

お弁当カテゴリの最新記事