セブンイレブン『ビーフタルタル丼』いい意味で大味なコッテリ感!小さいお弁当だけどガッツリ派におすすめな濃い味付け

セブンイレブン『ビーフタルタル丼』いい意味で大味なコッテリ感!小さいお弁当だけどガッツリ派におすすめな濃い味付け

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『ビーフタルタル丼』を紹介していくよ!2019年11月12日に新発売した商品で、価格は370円(税込399円)。

牛肉煮とタルタルソースを絡めて食べる、ボリューム感のある丼ぶり。牛肉煮は焼肉のタレで味付けた、食べ進みのよい仕立てとのこと。(1食あたり614kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『ビーフタルタル丼』を食べてみた


「牛肉煮、玉葱炒め、玉子そぼろ」にタルタルソースを添えた、丼ぶり型のお弁当。付け合わせに「野沢菜、紅生姜」が盛り付けられている。


牛肉と玉葱は醤油のたれで和え、コクのある甘い味付けに仕立ててある。

小さめにカットされた牛肉は、食感はそれほど強くないが、牛肉特有の甘味がしっかりと出ているね。

玉葱はとろっとした舌触りで、よく煮込まれた深みのある味わい。

なんとなく、甘さの利いたハッシュドビーフの味にちかい感じやね。


タルタルソースを絡めて食べるのがセオリーのようだけど、ちょっと酸味が強すぎかなぁ。

あれだけコク甘い牛肉煮と玉葱炒めだったのに、タルタルソースにほぼ支配されてしまうのだ。

コッテリ感はめちゃくちゃ出てきて、ガッツリとした食べ応えにはなるが、大雑把な味になるのは否めない。

食欲旺盛な若い方にはちょうどいい濃さの味だろうけど、個人的には「タルタルソースいらねぇ!」って思うかな。


メイン具材は牛肉煮と玉葱炒めだけでなく、玉子そぼろも揃っている。

それは嬉しいことなんだけど、量は少なめなんだよね。

甘い玉子の旨味をご飯にたっぷり絡めて食べるまでのボリュームはなく、スプーンで3口ほど掬うと無くなってしまうのが少し寂しい。


箸休み的に存在する野沢菜と紅生姜。タルタルソースの濃い味をリセットするには、頼りになる強い味方だ。


牛肉煮と玉葱炒めの甘い味付けが印象的な丼ぶりだった。

オジサンである僕には、タルタルソースはクドイかなぁって思ったけど、いい意味で大味なコッテリ感はあるので、若い方にはジャストな味付けになっているのかもしれないね。

気になるところは、ご飯の上にのっかる具材が少なめってこと。

ご飯の量に対して、それぞれの具材のボリュームが追い付いてないので、最後のほうはご飯が余ってしまうのだ。

小さな丼ぶりタイプのお弁当なので、男性は確実に物足りないだろうし、少食の方や夜食なんかに最適な逸品といったイメージやね。

コンビニ弁当としては及第点以上の美味しさだろうから、食べてみて損したってことにはならないはずだ。

Advertisement

おすすめ指数

★★★☆☆☆☆☆☆☆(星3)
※星3=基準点(及第点)

ビーフタルタル丼
発売日:2019年11月12日
価格:370円(税込399円)
熱量:614kcal
糖質:85.4g

商品の特徴
・牛肉煮とタルタルソースを絡めて食べる、丼ぶりタイプのお弁当
・牛肉煮は焼肉のタレで味付けた、食べ進みのよい仕立て
・玉子そぼろ、野沢菜、紅生姜を盛り付け

気になるところ
・ご飯に対して具材が少ない

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

お弁当カテゴリの最新記事