セブンイレブン『バスクチーズケーキ』いよいよセブンからもバスクチーズケーキが登場!ぜひ一度ご賞味くだされ!

セブンイレブン『バスクチーズケーキ』いよいよセブンからもバスクチーズケーキが登場!ぜひ一度ご賞味くだされ!

スポンサーリンク

 

「バスクチーズケーキ」ってご存知だろうか。

スペインのバスク地方で愛され親しまれる「バスクチーズケーキ」は、こんがりと焼き上げた表面の焦げ目の香ばしさ、中はとろとろっとした食感を楽しめるスイーツ。

そんな独特な美味しさを持つ「バスクチーズケーキ」は、最近になって日本でも人気沸騰中とのことらしいのだけど、コンビニ業界でその流行をいち早く取り入れ、多大なる支持を得たのがローソンの「バスクチーズケーキ」だ。

そして、満を持して今回セブンイレブンからも「バスクチーズケーキ」が新登場!


フランス産のクリームチーズ、北海道産の生クリームと牛乳、「エグロワイヤル®」の卵など素材にこだわり、とろけるようななめらかな食感に焼き上げたとのこと。価格は238円(税込257円)。

しかも「セブンイレブン史上最高においしいチーズケーキ」とパッケージに掲げていることからも、かなり本気で作り込んできているようだ。

これは期待しないわけにはいかない。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブン『バスクチーズケーキ』を食べてみた


バスクケーキは生地表面の焦げた焼き目が特長なんだけど、セブンのバスクケーキにそのように焦がした表面になっていない。

パッと見た感じ、焼きプリンのような色味で、バスクケーキと語るにはビジュアルが弱いかなぁ。


食べてみれば、クリームチーズや生クリームのコクと、スポンジケーキの生地のような玉子の甘さを感じる、濃厚でまろやかな味わいが口の中に広がる。

なんだろうなぁ、ベイクドチーズケーキとレアチーズケーキの良いトコ取りしたような・・・とにかくめちゃ美味しいってことは間違いがない。


しっとりと濃密で舌にねっとり絡みつく舌触りを感じた後に、スーッとほどけて溶けていく口どけの良さがついてくる。

チーズの濃厚なコクとクリーミーな甘さでありながら、甘さが口の中でいつまでも残ることがない。

ガッツリと濃いチーズケーキなのに、クドさがまったくないから、2つくらいはペロッと食べられちゃいそう。


手のひらサイズよりもひと回り小さいけれど、厚みはけっこうあるし、手に持ってみるとズッシリと重みはある。

食後のデザートにするには最適なボリュームで、コーヒーや紅茶などを用意して、ゆっくり楽しみながら味わいたい、そんなセブンのバスクケーキ。

滑らかなで舌触りの良いチーズ感は、コンビニのスイーツのクオリティとは思えないほどの完成度の高さだ。

238円(税込257円)という価格はちょっと高めかなぁって思っていたけど、それを覆す期待以上の美味しさを発揮してくれる。

ぜひ一度食べてみて欲しい、イチオシのスイーツってとこやね。

Advertisement

おすすめ指数

★★★★★★★★☆☆(星8)
※星3=基準点(及第点)

バスクチーズケーキ
発売日:2019年10月8日
価格:238円(税込257円)
熱量:1食あたり360kcal
糖質:23.7g

商品の特徴
・フランス産のクリームチーズ、北海道産の生クリームと牛乳、「エグロワイヤル®」の卵などのこだわった素材
・濃厚なチーズ感とクリーミーな甘さながら、クドさは皆無で食べやすい
・コンビニスイーツのレベルを超えた完成度の高さ

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

スイーツ・ドーナツカテゴリの最新記事